中央区

【日本橋】銀杏八幡宮・銀杏稲荷に参拝。見事な銀杏からパワーをもらえる、新大通り沿いの小さな神社【中央区】

日本橋七福神めぐりの道中で、ふと出会った神社にちょっと寄り道しました。

今日は銀杏稲荷・銀杏八幡宮のご紹介です。

茶の木神社にお参りした後、小網神社に向かうため、新大橋通りを歩いていたら、通り沿いに大きな銀杏の木と銀杏八幡宮・稲荷が見えてきました。ほら、立派な銀杏でしょう?

残念ながら、銀杏は散ってしまっていましたが、見頃の時期は青空に黄色く色づいたイチョウに広がり、見事な光景が広がっていたことでしょうね。

せっかくなので、銀杏八幡宮にも参拝させていただきました。

場所はこのあたり、茶の木神社から歩いて数分です。

大きな通り沿いにありますので、見落とすことはないと思います。ぜひこちらも併せてご参拝ください。夏の緑の季節も、イチョウは見ごたえありそうです。



銀杏稲荷・銀杏八幡

御由緒

創建の詳細は不明。御祭神を社殿にお祀りしたのは安永4年(1775)ですが、当時境内には樹齢300~400年という大きな銀杏の木があったらしく、創建はそれ以前と思われます。

旧福井藩常盤橋松平家のお屋敷の鎮守として祀られ、松平家・その家臣たちの信仰を集めました。明治に入ってからは住民たちの願いにより、郷土の氏神様になり、住民たちから愛され続けています。

関東大震災で社殿が焼失し、大銀杏も焼けて壊死してしまいました。今あるのはその後に植えられた銀杏のようですね。

御祭神

誉田別尊(ほむたわけのみこと)

応神天皇のことですね。

御利益

武運長久・家運繁栄

銀杏八幡宮の御朱印

本殿の隣に社務所らしき建物がありましたが、無人のようで、詳細は不明。

銀杏八幡宮の所在地とアクセスとマップ

東京都中央区日本橋蛎殻町1丁目7−7

最寄駅

  • 東京メトロ日比谷線「人形町駅」 徒歩6分
  • 東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」 徒歩5分
  • 都営浅草線「人形町駅」 徒歩6分
  • 東京メトロ日比谷線・東西線「茅場町駅」 徒歩10分

水天宮駅から行くのが一番近いと思います。6番出口(または8番出口)から地上に出て、新大橋通り沿いを歩くと、通りに面して社号標と鳥居が見えてきます。

銀杏八幡宮の境内へ

銀杏稲荷と銀杏八幡宮、2つの名前が刻まれた社号標があります。その後ろに石造りの鳥居。軽く一礼をして境内へ。

境内に入ってすぐに、御手水があります。元は松平家の邸内に祀られていたからでしょうか。御手水に葵の紋が刻まれていますね。

こちらが銀杏八幡宮。中央区で唯一の八幡様、だそうです。散った銀杏の葉が、少しだけ屋根に積もっていました。

こちらは境内社の銀杏稲荷。

創立は本宮より前であったと考えられています。

境内から新大橋通りの方を振り返ってパチリ。立派な銀杏の木が何本も植わっています。

境内には英霊碑も。

お参りをしていたら、ちょうどお正月への準備が始まりました。年の瀬が迫ってきていることを感じながら、銀杏八幡宮を後にしました。

小網神社に向かいます。