中央区

【日本橋七福神】松島神社に参拝、御朱印を拝受。ビルの一角にある小さな神社には神様がいっぱい!【中央区】

日本橋七福神_松島神社

日本橋七福神めぐり、先日の水天宮に続き、二社目の松島神社のご紹介です。

  1. 水天宮(弁財天)
  2. 松島神社(大国神)←今回はここ!
  3. 茶の木神社(布袋尊)
  4. 末廣神社(毘沙門天)
  5. 小網神社(福禄寿・弁財天)
  6. 笠間稲荷神社(寿老神)
  7. 椙森神社(恵比寿神)
  8. 宝田恵比寿神社(恵比寿神)

日本橋七福神はお参りする順序に決まりはありませんが、私は水天宮をスタート地点とし、日本橋駅方面へ向かうルートを選びました。

松島神社は水天宮からは徒歩で5分ほど、ビルの一角にある小さな神社なのですが、祀られている神様は驚くほど有名な、力のある神様ばかり。

ぜひともお参りしておきたい神社です。



松島神社

御由緒

社記類とは関東大震災と戦争で焼失してしまったため、創建年代の詳細は不明ですが、口伝によると鎌倉時代の元亨(1321)以前と推定されています。

昔、このあたりは海で小島があったそうです。この小島に柴田家の祖先が下総から移り住み、その邸内に諸神を勧請したのが始まりで、夜毎に燈火を掲げ、舟人が後悔の安全を得たと伝わります。

天正13年(1585)に邸宅を公開し、庶民が参拝できるようになりました。島内は松の木が鬱蒼と生い茂っていたので、「松島稲荷大明神」と称されました。

大鳥神社「おとりさま」とも呼ばれています。

御祭神

稲荷大神・伊邪那岐大神・伊邪那美神・日前大神(天照大神)・北野大神(菅原道真公)・手置帆負神・彦狭知神・淡島大神・八幡大神・猿田彦神・琴平大神・天日鷲神(大鳥大神)・大宮能売神(おかめさま)・大国主神(だいこくさま)

神様が多い!

と、言うのも江戸時代に、このあたりを埋め立てて武家屋敷を建てるのに、日本各地から職人さんたちが集められたのだそうで、その方たちが故郷の神々を合祀を頼んだために、たくさんの神様が祀られている、とのこと。

どの神様もパワーのある強い神様です。

御利益

五穀豊穣・開運招福・商売繁盛など

「良夢札(りょうむふだ)」がマスコミで取り上げられ、人気があります。御札に願い事を書き、枕の下に入れて眠ると、よい夢を見ることができ、正夢になるそうです。

松島神社の御朱印

初穂料は500円。社務所にていただけます。(授与時間の詳細は要確認)

通常バージョンと七福神バージョンの2種類の御朱印がいただけます。なかなか、味のある筆致ですね。

【七福神めぐり・大黒神】

 

松島神社の所在地とアクセスとマップ

東京都中央区日本橋人形町2-15-2

最寄駅

  • 東京メトロ日比谷線「人形町駅」 徒歩5分
  • 東京メトロ半蔵門線「水天宮前駅」 徒歩2分
  • 都営浅草線「人形町駅」 徒歩7分
  • 都営新宿線「浜町駅」 徒歩10分

水天宮にお参りし、新大橋通りに戻ります。道路を渡ったら右へ進みます。

以下は新大橋通りを渡って、水天宮を振り返った写真です。

少し歩くと、中央人形町二郵便局がありますので、ここを左へ曲がります。すると、もう赤い鳥居が見えています。(わかるかな?)

松島神社の境内へ

鳥居をくぐって、境内に入ります。松島神社はビルの一角にある、というより、ビルの中にある、といった方がいう方が正しいかもしれません。

御手水で身を清めて、お参りをさせていただきます。

松島神社の社殿は建物の中にあります。ガラスの扉があって、その向こう側に。狛犬も建物の中なので、手を差し入れて写真を撮るのはさすがにダメだろう、ということで写真はありません。

現代的な街並みの中に、すっかり松島神社が溶け込んでいて、不思議な感覚になります。ここから聖なる空気が染み出しているような気がしましたね。(←なんとなく)

小さい神社ですが、参拝客が途絶えることはありませんでした。

境内から鳥居を振り返って、一枚パチリ。

こちらが社務所。御朱印やお守りはこちらでいただけます。良夢札もこちらで。

それでは、次は茶の木神社に向かいます。