ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。

【野菜宅配】自根きゅうり届きました。らでぃっしゅぼーや『ぱれっと』のお届け内容のご紹介 7月-③

こんにちは、あかりです。

我が家で愛用中の野菜宅配のお届け内容を紹介するシリーズです。(このシリーズは不定期更新です。)

もう8月半ばだけれど、7月分。ちょっと珍しいものが届いたので、ぜひ紹介したい。

加えて実家からも大量に野菜が送られてきました。あ、うちの母親が家庭菜園をやっているのですよ。

まあ、ダンボール箱にたんまりと母が丹精込めた野菜が入っていました。

ありがたいけれど、うちは夫婦二人。さて、どうやって食べきろうか…苦笑

愛用歴10年の私が感じるらでぃっしゅぼーやにメリットについては「【メリットとデメリット】らでぃっしゅぼーや利用歴10年の私が語る10個のメリット。」をどうぞ。

公式サイトはこちら。

<スポンサーリンク>

らでぃっしゅぼーや「ぱれっと」7月のある日のお届け内容

我が家が利用しているのは有機・低農薬野菜の詰め合わせ「ぱれっと。加工食品やお惣菜を自由に組み合わせることができる『らでぃっしゅクラブ』もあります。

公式ぱれっと

1週間に届く野菜はこんな感じ。

  • こねぎ
  • えのき
  • オクラ
  • チンゲン菜
  • レタス
  • 自根きゅうり(×2)
  • バナナ(×2)
  • じゃがいも(×4)
  • ソルダム(×3)

野菜7種とくだもの2種。これで2,200円(税抜)です。コースは単身者向けの少量コースや卵・牛乳のついたコースなどさまざま。詳細は公式サイトで。

公式ぱれっと

届いた野菜と冷蔵庫の在庫を見ながら献立を立てていきます。足りないものは買い足し。

「ある食材を優先して使う」

基本的なことですが、これを徹底することで食費の節約になります。

「らでぃっしゅーぼーや」のおかげて、料理のレパートリーも増え、食費も節約できています。

今回はちょっと見慣れないものが届きました。それは「自根きゅうり」

自根きゅうりとは

らでぃっしゅぼーや」で夏になるとたまに届きます。

自根、「じね」じゃなくて「じこん」と読むそうです。

その名の通り、自分の根で生えているきゅうり。

私、知らなかったのですが、通常お店で売られているきゅうりは、きゅうりの根っこから生えていないんですよ。

かぼちゃの木に接ぎ木して生えているんです。

自根きゅうりは温度や天気の変化に弱くて育てるのが大変ですが、接ぎ木とすることで管理しやすく育てやすくなるのだとか。

それにきゅうりは水分の蒸発を防ぐためにブルームと呼ばれる白い粉を出すのだそうですが、これを「農薬ではないか。」と嫌う消費者が増えたため、ブルームレスのきゅうりの栽培が進み、現在市場で流通しているきゅうりのほとんどがブルームレス

きゅうりのイボイボも少なくなってるらしいです。表面がなめらかなので、スーパーの照明の下ではよりおいしそうに見えるという理由から。

言われてみれば、きゅうりって昔はもっとイボがあったような気がします。今はつるっとしていますね。

▽自根きゅうり、ちょっとイボが目立つような気がします。

自根きゅうりは栽培は難しいですが、昔ながらのきゅうりです。

確かに少し青臭い香りがします。果肉が緻密なのだそうです。食感が楽しめるように、もろきゅうやサラダで食べるのがオススメです。

▽酢の物にしました。

献立の一例ご紹介

オクラは茹でてかつお節と和えました。かつお節はかつお削り節器オカカで作りました。(オカカについては【2017年版】買ってよかかったもの

▽チンゲン菜は豚肉とキノコとたまごと一緒に炒めました。

立派なチンゲン菜です。

味付けはオイスタースと醤油など。

▽鶏胸肉をバターソテーしてエノキソースをかけたもの。

▽かにかまレタスあんかけチャーハン。我が家の定番

▽大阪王将の餃子と一緒に。(⇒大阪王将をお得に利用する方法。)

タレは「酢と黒コショウ」のみ。「孤独のグルメ」の真似です(笑)

▽この回です。本当においしいので試してみてください。

 

ぱれっとの詳細・申し込みは公式サイトから。

>>有機・低農薬野菜詰め合わせセット「ぱれっと」で美味しい野菜を届けてもらう

らでぃっしゅクラブについてはこちら。

>>野菜だけでなく加工食品・お惣菜も楽しみたい方は「らでぃっしゅクラブ」

 

⇒野菜宅配『らでぃっしゅぼーや』で濃い味のお野菜を食べてみる

関連記事

コメントを残す