ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。

新幹線に格安に乗れる!「ぷらっとこだま」がお得です。予約方法と使い方、注意点のまとめ

こんにちは、あかりです。

新幹線、利用していますか?

私たち夫婦は実家が関西にあって、年に数回帰省するのですが、新幹線代の出費が痛い

東海道新幹線は「トクだ値」も使えませんし、もう本当にきついです…。

両親や祖母に会いたいので、帰省は止めるわけにはいかないですが、少しでも出費は抑えたいですよね。

そこで今日は東海道新幹線を格安で乗る方法についてご紹介します。

JR東海ツアーズが販売している「ぷらっとこだま」を使えば、新幹線がかなり安くなります。

<スポンサーリンク>

『ぷらっとこだま』

『ぷらっとこだま』はJR東海ツアーズが販売している旅行商品です。

新幹線こだま号の指定席乗車券とワンドリンク引換券(ソフトドリンク/350mlのビールなど)がセットになっています。

「ひかり」や「のぞみ」に乗ることはできず、あくまで「こだま」のみ。「グリーン席プラン」もあります。

注意が必要なのは「切符」ではなく「旅行商品」であること。

そのため、いくつか制限があります。

  • 利用の前日までに購入(e-ぷらネットは5日前まで)
  • 指定した列車の座席にのみ乗車できる。(乗り遅れた場合は後続の列車に乗ることはできない。)
  • JR東海の新幹線専用改札口しか利用できない。
  • 途中乗降はできない。
  • 設定された駅・区間のみで利用できる
  • 予約の変更は不可(キャンセル扱い)
  • キャンセルには利用日の10日前から手数料がかかる

でもこのあたりをクリアできれば、かなりお得な商品なんです。

東京⇔新大阪が3,640円

グリーン車を利用するなら6,920円安く、新幹線に乗ることができます。

以下、詳しく見ていきます。

ぷらっとこだまが利用できる駅

ぷらっとこだま東海道新幹線のすべての駅で利用できるわけではなく、乗降駅は限定されています。

ぷらっとこだまが利用できるのは東京、品川、新横浜、静岡、浜松、名古屋、京都、新大阪の8つの駅だけ。

他の駅はこだま号の停車駅であっても利用できませし、上記の駅区間であっても、東京・品川~新横浜間、静岡~浜松間、京都~新大阪間の利用はできません。

熱海に行きたいなと思っても「ぷらっとこだま」は使うことはできないんですね。

※熱海に行く場合は「新幹線お出かけきっぷ」が便利です。

>>熱海・小田原に行くなら「新幹線お出かけきっぷ」がお得です。料金が25%以上割引になります。

ぷらっとこだまの料金について

乗車区間と繁忙期か通常期によって異なります。(繁忙期は年末年始およびお盆の時期)

子供料金が設定されており、こちらは通常期・繁忙期で違いはありません。(半額というわけではないので要注意)

【通常期】東京・品川からの料金(普通席)

目的地 料金(子供) 通常運賃 差額
静岡  \4,700(\3,200)  \6,350 \1,650
浜松 \6,600(\4,200) \8,290 \1,690
名古屋 \8,300(\5,500) \10,800 \2,580
京都 \10,300(\7,000) \13,600 \3,300
新大阪 \10,500(\7,200) \14,140 \3,640

【繁忙期】東京・品川からの料金

目的地 料金 通常運賃 差額
静岡 \5,600(\3,200)  \6,550 \950
浜松 \7,700(\4,200) \8,490 \790
名古屋 \9,500(\5,500) \11,080 \1,580
京都 \11,600(\7,000) \13,800 \2,200
新大阪 \12,000(\7,200) \14,340 \2,340

【通常期】東京・品川からの料金(グリーン車)

目的地 料金 通常運賃 差額
静岡 \6,700(\4,600) \8,580 \1,880
浜松 \8,600(\6,300) \11,800 \3,230
名古屋 \9,300(\7,330) \14,470 \5,170
京都 \11,800(\9,400) \18,380 \6,580
新大阪 \12,000(\9,400) \18,920 \6,920

【繁忙期】東京・品川からの料金(グリーン車)

目的地 料金 通常運賃 差額
静岡 \6,900(\4,600) \8,780 \1,880
浜松 \8,800(\6,300) \12,080 \3,230
名古屋 \10,500(\7,330) \14,670 \4,170
京都 \13,100(\9,400) \18,580 \5,480
新大阪 \13,500(\9,400) \19,120 \5,620

繁忙期の普通指定席プランだと、割引幅が少ないので使うメリットが少なさそうですが、グリーン席プランだと割引幅がかなり大きいです。

<スポンサーリンク>

購入できる場所

  • インターネット(e-ぷらネット)
  • 電話申し込み
  • JR東海ツアーズの店舗
  • JTB店舗(取り扱いのない店舗もあります。)

ぷらっとこだま」の取り扱いはJRではなくJR東海ツアーズなので、JRの窓口や券売機では購入できないので注意が必要です。

JRという名前を見るととつい「みどりの窓口」に行ってしまいそうになりますが、「みどりの窓口」では購入できません。

当日購入はできません

「ぷらっとこだま」は出発前の1か月前から購入でき、前日までに購入する必要があります。

インターネット予約システム「e-ぷらネット」を利用する場合は出発日5日前まで。

クーポン券が自宅に宅配されてきます。クーポン券を東京支店で受け取る場合は2日前まで購入が可能です。

「ぷらっとこだま」は切符ではありませんので、JRの新幹線の乗車券とは見た目が違います。ちょっとびっくりしますが、ご注意くださいね。

使い方

切符ではないので自動改札は使えません。駅員さんにクーポン券を提示してスタンプを押してもらって駅の中に入ります。

ドリンク引換券がついています。こだま号には車内販売がありませんので、乗車前に引き換えてくださいね。

こだま号は乗っている時間が長いので、喉かわいてしまいますので忘れないように。

「クーポン券引換店」のマークのあるキオスクや売店で引き換えることができます。

新幹線専用改札口のみ利用できる

これは本当に注意が必要。

地下鉄で東京駅に行く方はいつも丸の駅方面に改札を使う方というが多いと思いますが、八重洲方面の新幹線用改札口しか使えません

まとめ

ぷらっとこだまのメリットは何といっても安いところ。

特にグリーン車の値引き幅が大きいですね。

デメリットはこだまは各駅停車なので、時間がかかることですよね。

  • 東京⇔名古屋 約3時間
  • 東京⇔新大阪 約4時間

移動時間に時間が取られて、目的地での行動時間が減ってしまうので、注意が必要です。

特に時間を気にすることのないのんびりとした移動のときに、ゆったりグリーン車を使うのがおすすめです。

読書や映画鑑賞などをゆっくりと楽しむのもいいかもしれません。700系の新幹線にはコンセントもありますので、700系を選んで乗るとさらに快適になりますね^^

東海ツアーズは旅行会社なので他にも多くのツアーを扱っています。

新幹線チケットと宿泊がセットになったプランがおすすめ

 こだま以外の指定席を利用したい場合は日本旅行のJR・新幹線宿泊セットプランがお得です。

新幹線の往復チケットと宿泊施設付きで、宿泊料金はほぼ無料のような料金で指定席に乗れてしまうので、お急ぎの方にはこちらがおすすめ。

詳細はこちら。

新幹線料金の節約には「新幹線と宿泊のセットプラン」が最強です。注意点とメリット、デメリットのまとめ。

関連記事

コメントを残す