ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。

【タリーズコーヒー】でコーヒーを安く飲む方法。頻繁に利用する人にはタリーズカードがおすすめ。

こんにちは、あかりです。

カフェでまったりするのが好きです。窓際に座ってぼんやり外を眺めたり、スマホを見たり、読書したり。コーヒーの匂いって、頭のコリがほどけくれるような気がするんですよね。

少しクールダウンしたい時や気分転換したい時によく利用しますが、積み重なると出費が痛いんですよね^^;

少しでも安く利用したい!という想いを込めて、今日は『タリーズ』で安くコーヒーを飲む方法をまとめました。

ドトールとサンマルクカフェについてはこちらをどうぞ。都内には色んなカフェがあるので、その日の気分によっていくお店を変えています。

<スポンサーリンク>

タンブラー・マグカップ割引サービスを利用する

タンブラー・マグカップをお店に持参すると、30円引きになります30円引きはかなり大きい。商品によっては10%近い割引率になります。

私のおすすめはこちらのタンブラー。周りが熱くならないし、冷たいものを入れても水滴がつかない。熱いものは熱いまま、冷たいものは冷たいまま、温度を保ってくれるスグレモノです^^

チャージ式のプリペイドカード、タリーズカードには特典がいっぱい

チャージ式のプリペイドカード、タリーズカードを作ることによっておトクな特典が受けられるようになります。

但し、

  • 入金は1,000円単位、
  • 有効期間は最終利用日(チャージ、支払、残高照会)から2年間

という、制限があるので、たまにしかタリーズに行かない人は作らなくていいと思います。チャージした分、使い切れずになくしてしまいそう…。

ダリーズカードを使うと、一杯10円引き!

タリーズカードで飲み物を注文すると、一杯10円引きになります。

小さな金額ではありますが、本日のコーヒーショートサイズ320円のうちの10円割引と考えると、3%近い割引価格でコーヒーが飲めることになります。

タンブラー・マグカップ割引と併用すれば、最大で40円割引。小さな金額も積み重なると大きな差になってきますので、タリーズによく行く方には絶対におすすめ。

タリーズカードのチャージはクレジットカードで!

タリーズカードは店頭で現金またはクレジットカード(一部店舗のみ)でチャージをすることができます。

店頭でのチャージはクレジットカードチャージに対応していないお店もありますが、『CLUB TULLY’S』というWeb会員サービスに登録すれば、クレジットカード決済でオートチャージができます。

還元率の高いクレジットカードを利用すれば、実質的にさらに割引が入るようなものですよね。カードはもちろん、ポイント還元率の高いカードを。

私のオススメは『リクルートカード』。年会費無料で、還元率という1.2%の超おオトクなカードです。貯まったポイントは「じゃらん」や「ホットペッパービューティ」「ローソン」などで利用することができます。今なら入会すると6000円相当のポイントがもらえます。

『CLUB TULLY’S』にはその他に以下のような特典が利用できます。

  • 会員限定プレゼントキャンペーン
  • 会員限定のスペシャルイベントへの招待

『One More COFFEE』はおトクなおかわりサービス!

タリーズでは『One More Coffee』というサービスを実施中です。

『One More Coffee』とは、

  • 本日のコーヒー
  • アイスコーヒー
  • 水出しコーヒー

上記の3種のコーヒーを注文した方が対象で、レシートを持参すると、注文したお店で、注文した当日に限り、以下のコーヒーを150円で購入できるというサービスです。

  • 本日のコーヒー
  • アイスコーヒー

差額を支払うことでサイズアップやカスタマイズもでき、セットドリンクを本日のコーヒー or アイスコーヒーにすることもできます。

ドリンクチケット利用や他の割引との併用もできます。

タリーズでの支払い方法のまとめ。クレジットカード対応の店舗多め。

タリーズではクレジットカード支払いの拡充を進めており、現在はほとんどの店舗でクレジットカード支払いに対応しているようです。(ブランドはVISA Master Card)

電子マネーは多くのお店で交通系マネーと楽天Edyに対応しています。ショッピングモールの中に入っている店舗ではWAON等が使える場合もあります。

タリーズカードを作るほど頻繁にタリーズに行かない方は、クレカや電子マネーを使ってポイントを貯めましょう!

以上、タリーズコーヒーでコーヒーを割引で飲む方法でした♪

その他のカフェについてはこちらをどうぞ。

関連記事