映画 おすすめ・ランキング

【サバイバル映画】あなたは生き残れるか?雪山、無人島、宇宙空間、厳しい環境で戦う人々。【おすすめ映画】

サバイバル映画

サバイバル映画好きですか?私は大好きなんです(*´∇`*)

絶対生還不可!という極限の状況におかれながらも、知恵と勇気を振り絞り、生きのびる術を見つけようとする主人公たち。

たった一人、孤独のなかで戦う者もいれば、チームで協力し合う者もいる。メンバーの中にイヤなヤツがいたり、信頼していた仲間が敵になることもある。必ずしも善人が生きのびるとは限らない。

命が危機にさらされるハラハラドキドキと、絡み合う人間関係にどっぷりハマってしまいます。

さて、今日はそんな「サバイバル映画」をピックアップしてみました。実話ベースの作品もあります。



『インポッシブル』

監督:J・A・バヨナ(『永遠の子供たち』
出演:ナオミ・ワッツ/ユアン・マクレガー/トム・ホランド
製作:2012年

2004年のスマトラ沖地震に遭遇し、離れ離れになった家族が生存と再会を信じ、諦めずに家族を探し続ける姿を描く、実話を元にした作品。

楽しいひと時が一瞬で悪夢に変わる…。

リゾート地でクリスマスを楽しんでいる人々に突然襲い掛かった津波。その描写はリアルすぎて息苦しくなるほど。大自然の力の前にはいかに人間の非力で小さい存在かを思い知らされます。

自らの命も危険にさらされるなか、必死で子を守ろうとする親の姿は心打たれます。子供たちに本当にいい子なので、再会の瞬間を祈るような気持ちになりました。(もちろんその瞬間は涙(笑))

ルーカスを演じたのは『スパイダーマン ホームカミング』で新スパイダーマンに抜擢されたトム・ホランド。本作が映画デビュー作。

ナオミ・ワッツはアカデミー主演女優賞にノミネートされました。

『レヴェナント:蘇りし者』

監督:アレハンドロ・ゴンサレス・イニャリトゥ
出演:レオナルド・ディカプリオ/トム・ハーディ
製作:2015年/アメリカ

狩猟中に重傷を負い、仲間から見捨てられ、雪山の置き去りにされた猟師ヒュー・グラス。それだけでなく、最愛の息子まで殺されてしまったグラスは、息子のかたきを取るため、氷に閉ざされた厳寒の地で必死のサバイバルを開始する。

レオナルド・ディカプリオが悲願であったオスカーを獲得した作品ディカプリオの鬼気迫る演技と屋外の自然光のみで撮影されたという映像美がみどころ。(撮影を担当したルベツキは3年連続のアカデミー撮影賞を受賞)

人間を拒絶しているかのように厳しい大自然は神々しいまでに美しいですが、その中で生き抜いていくことの過酷さは想像を絶します。このヒュー・グラスが実在の人物だというのだから、さらにすごい。この状況でも人間って生きられるんだなってしみじみ思ってしまうほどのすさまじさ。

2時間半の長さは気になることなく、その世界観に浸りきることができます。

『生きてこそ』

監督:フランク・マーシャル
出演:イーサン・ホーク/ビンセント・スパーノ
製作:1993年/アメリカ

1972年、ウルグアイの学生ラグビーチームが乗った飛行機がアンデス山脈に墜落。助けを待つものの、捜索が打ち切られ、雪山に取り残されてしまった乗客たちの極限の状況下でのサバイバルを描く。実話を元にした作品。

映画を観ながら、何度も自分に問いかけました。

「私だったらどうする?私だったらどうされたい?」

生存者たちが迫られる究極の決断は非常に重いものです。でも生きるために道は他に残されていません。もしも私なら、きっと彼らとおなじようにしたでしょう。

ショッキングな内容を含みますが、決してグロテスクなものではなく「これは尊い決断である」と感じました。

『イントゥ・ザ・ワイルド』

監督:ショーン・ペン
出演:エミール・ハーシュ
製作:2007年/アメリカ

裕福な家に育ち、大学も優秀な成績で卒業した青年が、すべてを捨てて放浪の旅に出る。たどり着いたアラスカの荒野でたった一人、大自然と向き合いながら暮らし始める。

なんとなく日常生活に疲れた時に、「自然の中で暮らしたい」と思うことは誰しも経験があるでしょう。私も一時期、山登りにハマってました。しかし、この場合の「自然」はあくまでも「一定程度の安全性が確保されている状況下での自然」を指していることが多いと思うんですよね。少なくとも私はそうだった。

しかし、本作の主人公は違います。たった一人、荒々しいむき出しの自然の中で生きようとする。食べものも飲み物もすべて自分で手に入れ、頼れるものは自分のみ。会話の相手も自分のみ。どこまでも自分自身と向き合う生活。

その生活の果てに彼が書き残した言葉が胸に染みます。彼はいったい、何を考え、誰を思ったのか…。



『ゾンビ』

監督:ジョージ・A・ロメロ
出演:デビッド・エムゲ/ケン・フォリー
製作:1979年/アメリカ・イタリア

死者が蘇り、生者に襲いかかる。そして襲われた者は死者となって蘇り、生者を襲いはじめる…。次々に増殖する、死者=ゾンビであふれかえってしまった世界で繰り広げられるサバイバル

ゾンビ映画の巨匠ロメロの名作。中学生の時にこの映画を観て、衝撃を受けて以来、大のゾンビ好きです。現代のリアルなゾンビ映画を見慣れていると、やや物足りなさも感じるかもしれませんが、ゾンビ映画の基本はここにあります

生きながら体を引き裂かれる人間の絶叫のすさまじさ…、目をそらして耳をふさぎたいほどなのに、でも観てしまう。すっかりゾンビの魔力のとりこです(笑)

ゾンビも怖いけど、人間も怖い…。

「人間の欲望の際限のなさ」「人間の残酷さ」「身勝手さ」「醜さ」をぞんぶんに見せつけられます。

『28日後』

監督:ダニー・ボイル
出演:キリアン・マーフィ/ナオミ・ハリス
製作:2002年/イギリス

ゾンビはゆったり歩くものという基本の概念を大きく覆した作品で、全力疾走で追いかけてくるゾンビの姿は当時は大きな衝撃でした。(※正確に言うとウィルスに感染して狂暴化した人間であって、死んではいないのでゾンビではない。)

『ドーン・オブ・ザ・デッド』『ワールドウォーZ』で走るゾンビが描かれるのはこの作品の後のこと…。

ゾンビの動きがゆっくりならば、大量に遭遇しなければ生きのびられるチャンスがあるのですが、本作のゾンビはかなり走るのが早くないとムリ。走り続ける体力も必要。もちろん転べはアウトです。

しかも、感染から発症までの時間が非常に短いため、サバイバル度が一気に上がりました。さっきまで仲間だった人間が、次の瞬間には襲い掛かってくるという…。とにかく怖い!

また「怖いのは人間だった…。」「感染した愛する者にトドメを刺せるか?」など、ゾンビ映画の大事なテーマも盛り込まれており、特に後半はヒューマンドラマの要素が強めです。

28週間後のロンドンを描いた続編『28週後… [Blu-ray]』もオススメです。

『デイ・アフター・トゥモロー』

監督:ローランド・エメリッヒ
出演:デニス・クウェイド/ジェイク・ギレンホール
製作:2004年/アメリカ

温暖化による異常気象で、地球規模の大災害に見舞われた人類のサバイバルを描く。

ローランド・エメリッヒらしい派手なVFX満載!異常気象で壊れていく街や、なぎ倒されていく人々の迫力のある映像が一番の見どころ。サバイバルと家族愛を描いた作品です。

息子を助けるために真っ白な雪原をひたすら歩いていく父の姿に胸が熱くなります。シンプルにハラハラドキドキして、家族愛に感動して、後味のいい作品です。ジェイク・ギレンホールが若い!!

『ザ・ワイルド』

監督:リー・タマホリ
出演:アンソニー・ホプキンス/アレック・ボールドウィン
製作:1997年/アメリカ

大富豪チャールズは仲間たちと共にアラスカへ旅行にでかけたが、彼らの乗った飛行機が墜落してしまう。生き残った男はたった3名。生きて生還するために、極寒の地でサバイバルを開始する。

チャールズを演じるアンソニー・ホプキンスの存在感、本作のみどころはそれに尽きます。博学で、常に冷静沈着なチャールズは、知恵の力を駆使して苦境を乗り越えてく。

チャールズは自然と戦うだけでなく、クマとも戦います。しかも生き残った男は妻の不倫相手。ふんだりけったりのチャールズ(*`д´)b OK!

アンソニー・ホプキンス好きなら押さえておくのもいいかも^^

『THE GREY 凍える太陽』

監督:ジョー・カーナハン
出演:リーアム・ニーソン/フランク・グリロ
製作:2012年/アメリカ

石油採掘現場で働く男たちを乗せた飛行機がアラスカに墜落。生き残った7人の男たちは生きのびるために南に向かって歩き始める…。

アラスカの荒野の真っただ中、というだけでも十分辛いのですが、さらにオオカミさんたちが次々に襲ってきます。
日頃の仕事で鍛えられた屈強な男たちであっても、ひとたまりもありません…。一人、また一人と仲間は死んでいきます。オオカミたちがいつ襲ってくるか…その恐怖は想像するに余りあります。

でも、諦めないんです。「人間の生への執着」の凄まじさを感じます。リーアム・ニーソンがとにかく渋くて、惚れ惚れしてしまいます(*^^*)



『127時間』

監督:ダニー・ボイル
出演:ジェームズ・フランコ/ケイト・マーラ
製作:2010年/アメリカ・イギリス

実在する登山家アーロン・ラルストンの事故からの奇跡の生還劇を描いた作品。人通りのない谷間に落下したアーロンは、巨大な岩に右腕を挟まれて身動きが取れなくなってしまう…。

助けは来ない、食べ物も水もない、腕が挟まれて身動き取れない。絶体絶命の状況でもアーロンは決して生きることを諦めない。必死に生きようとする試行錯誤を繰り返す姿、生への執念、そしてアーロンが最後に下した決断は胸を打ち抜きます。いや、まさか…という。

ジェームズ・フランコがアカデミー主演男優賞にノミネート。殆ど身動きが取れない状況でたった一人生死の危機に直面したジェームズ・フランコの演技は必見です。(その他作品賞を含む6部門にノミネート)

『フローズン』

監督:アダム・グリーン
出演:ケビン・セガーズ/ショーン・アシュモア
製作:2010年/アメリカ

スキー場のリフトに乗ったまま、取り残されたしまった3人の男女。スキー場が再開されるのは1週間後…さて、どうする?というお話。

15メートルの高さから見下ろした景色の恐ろしいこと!私はやや高所恐怖症気味なので、手汗をびっしりとかいてしまいました。

気温はマイナス20度、食糧なし、周りに人影なし、叫んでも応答なし。生きるためにはまず下に降りるしかないのですが、何せ高さは15メートル。飛び降りたってタダではすみませんよね…。痛々しい描写が続きますので、苦手な人は注意してくださいね。

ぎりぎりの状況で彼らは生きのびるためにチャレンジを繰り返すのですが、容赦なく叩きつぶされていきます…。

『ゼロ・グラビティ』

監督:アルフォンソ・キュアロン
出演:サンドラ・ブロック/ジョージ・クルーニー
製作:2013年/アメリカ

予想外のトラブルで宇宙空間に取り残されてしまった宇宙飛行士が、地球に生還するまでのサバイバルを描いた作品。

地球との通信手段も断たれ、音もなく真っ暗な宇宙を浮遊する心もとなさ…。正気を保つことも難しい圧倒的な孤独です。

こんなの絶対に生還ムリでしょう…と観ているこちらも思わずにはいられない状況。果たしてどうやって地球に帰還するのか?ぎりぎりの綱渡りで生還を手繰り寄せていく緊迫した描写が続きます。

第86回アカデミー賞で10部門にノミネート、7部門を獲得しました。『レヴェナント:蘇りし者』で撮影賞を受賞したエマニュエル・ルベツキは本作でも撮影賞を受賞しました。ルベツキが撮った美しい宇宙の映像は必見の価値あり。劇場公開当時、IMAXで鑑賞しましたが、見事でした。

『オデッセイ』

監督:リドリー・スコット
出演:マット・デイモン/ジェシカ・チャスティン
製作:2015年/アメリカ

火星に一人取り残された宇宙飛行士ワトニーの究極のサバイバルを描く。水も空気も食べ物もない…。果たして彼は地球に帰還できるのか?

絶望的な状況であるにもかかわらず、悲壮感を漂わせることなく、マーク・ワトニー飛行士は知恵を絞り、あらゆる手段を講じる。生きて地球に帰るために。

緻密な科学描写を交えながらワトニーのサバイバル劇が描かれるわけですが、科学の知識がない文系人間の私には、ワトニーのやることはまるで「マジック」のように見えてしまった。「知識は武器なのだ。」と、うならされるばかり。

状況がどれほど厳しかろうと決して諦めないその姿勢に、ただただ脱帽です。作品賞を含むアカデミー賞7部門にノミネートされました

以上、サバイバル映画のまとめでした!

映画・ドラマが見放題の『U-NEXT』


U-NEXTの会員になると、国内外の映画や海外ドラマが見放題になります。

  • お店に行く必要なし
  • 返却期限なし
  • 貸出中なし
  • 広告・CMなし

パソコン、スマホやタブレット。様々なデバイスを使って、いつでもどこでも映画やドラマを楽しむことができるので、通勤通学の時間やスキマ時間をしっかり活用できますよ。

↓愛用中の私が考えるU-NEXTのメリットはこんな感じ↓

  • 月額料金1,990円
  • 毎月1,200円相当のポイントがもらえるので、実質的な料金は790円
  • コンテンツ数は120,000本以上、70冊以上の雑誌も読み放題!
  • 新作映画がDVD発売と同時に配信開始。
  • 無料お試しだけで、もれなく600円相当のポイント付与(←重要!)

31日間無料のお試し期間があり、期間内に解約すれば料金は一切かかりません。お試し期間中だけ、映画三昧するのもアリですv(*’-^*)-☆ ok!!

U-NEXTを31日間無料で試してみる

動画配信サービスについて詳しく知りたい