ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。近日中に修正が完了する予定です。

【伝記映画傑作選】ドラマチックな生涯を生きた人々の実話に基づく作品。実在の人物の生涯を描いたおすすめ映画(随時更新)

驚くようなドラマチックな人生を歩む人々がおり、そんな彼らの人生を映画化した作品が数多くあります。

先日、アメリカのエンターテイメント・ウィークリー誌が選出した伝記映画25作品を紹介しました。

【おすすめ伝記映画】実在の人物の半生を描いた名作映画25選。アカデミー賞受賞作品も多数。

まだまだ取り上げたい作品がありましたので、続編として伝記映画をピックアップしてみました。

ドラマチックな生涯を送り、多くの人々に影響を与え、時に人類の歴史を変えた人々の物語です。この記事は随時追加していく予定です^^

<スポンサーリンク>

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』

監督:ジェイ・ローチ
出演:ブライアン・クランストン/ダイアン・レイン/ヘレン・ミレン/エル・ファニング
製作:2015/アメリカ

ダルトン・トランボ(ブライアン・クランストン)

『ローマの休日』など数々の名作を世に生み出した脚本家ダルトン・トランボの半生を描いた作品。

赤狩りによってハリウッドを追われ、偽名で作品を発表し続け、ハリウッドに復帰するまでの姿が描かれます。

『ローマの休日』は大好きな映画です。オードリー・ヘップバーンが気品あふれる王女を演じ、映画史上に残る名作となりました。

ロマンチックなラブストーリーを書いたのが「この変わり者のおっさんなのか!」と意外性に驚かされます(笑)

ブライアン・クランストンがアカデミー主演男優賞ノミネート。

▼詳細な感想はこちら。

『トランボ ハリウッドに最も嫌われた男』(ネタバレ)

『イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密』

監督:モルテン・ティルドゥム
出演:ベネディクト・カンバーバッチ/キーラ・ナイトレイ
製作:2014年/イギリス・アメリカ

アラン・チューリング(ベネディクト・カンバーバッチ)

第二次世界大戦中ドイツ軍の暗号機エニグマの解読に成功したイギリスの数学者アラン・チューリングの人生を描く。

エニグマという機械があったことは知ってましたが、解読の経緯は本作で知りました。

チューリング博士の協調性のなさ、KYぶりがいかにも天才風。チームから孤立する博士を理解しフォローする女性数学者(キーラ・ナイトレイ)の人柄はとても好感を持てました。

エニグマ解読成功でハッピーエンドで終わるのかと思ったのですが、結末があまりにショッキングでした…。

アカデミー主演男優賞ノミネート(8部門ノミネートうち1部門受賞)

天才が登場する映画をもっと観たい方はこちらをお読みください。

>>天才登場!凡人とは違う天才の苦悩や活躍を描いたおすすめ映画。

『アビエイター』

監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ/ケイト・ブランシェット/ジュード・ロウ
製作:2004年/アメリカ

 ハワード・ヒューズ(レオナルド・ディカプリオ)

実在したアメリカの富豪ハワード・ヒューズの半生を描く。

ハワード・ヒューズという人物をよく知らずに観ました。3時間近い長さがあるのでちょっと辛かったのですがヾ(- -;)

レオナルド・ディカプリオの演技力の素晴らしさで最後まで観ることができました。精神的に追い込まれて正気を失ってる姿はさすがでした。

過去の恋人たちが別れても本気で力になろうとしてくれてるところを観ると、ハワードは随分魅力的な男性だったんでしょうね。私だったら知らんぷりだなヾ(- -;)

キャサリン・ヘップバーンを演じたケイト・ブランシェットの演技も必見。大女優を演じる大女優ということで二重のオーラと存在感がありました。

アカデミー主演男優賞ノミネート(11部門ノミネートうち5部門受賞)

『ウルフ・オブ・ウォールストリート』

監督:マーティン・スコセッシ
出演:レオナルド・ディカプリオ/ジョナ・ヒル/マーゴット・ロビー
製作:2013年/アメリカ

ジョーダン・ベルフォート(レオナルド・ディカプリオ)

学歴もコネもない実在の株式ブローカーがウォール街で成功をおさめ、破滅するまでを描く。

コメディタッチでテンションが高めの作品。ドラッグと女、そればかりです。

主人公ジョーダンのクズっぷりがすさまじいのですが、頭脳明晰で話術が巧みなんです…。

映画を観ているこちらが笑えてくるほど流暢なトークで相手をその気にさせてしまうのですが、この話術なら私も騙されてしまうかも、と思わせる不思議な魅力があります。

アカデミー賞5部門ノミネート

『キャッチ・ミー・イフ・ユー・キャン』

監督:スティーブン・スピルバーグ
出演:レオナルド・ディカプリオ/トム・ハンクス/エイミー・アダムス
製作:2002年/アメリカ

フランク・アバグネイル(レオナルド・ディカプリオ) 

1960年代に、世界各国で400万ドルを稼いだ実在の詐欺師フランク・アバグネイルの半生を描く。

嘘みたいなホントのお話…。

フランクが詐欺師として活動したのは16歳から21歳まで。その若さでFBIをも翻弄するフランクの能力の高さには驚かされるばかり。その後の彼が歩んだ人生についてはさらに驚きです。

コメディタッチの作品ですが、フランクとFBI捜査官との間に生まれていく絆、実のお父さんのことなど、随所に胸に響くシーンもあり、お気に入りの一作です。

アカデミー賞2部門ノミネート

▽天才詐欺師が登場する映画をもっと観たい方はこちらをどうぞ。

天才詐欺師が登場するおすすめ映画。見事な手口に観ているこちら側も騙されます。

<スポンサーリンク>

『太陽と月に背いて』

監督:アグニエシュカ・ホランド
出演:レオナルド・ディカプリオ/デビット・シューリス
製作:1995年/イギリス・フランス・ベルギー

アルチュール・ランボー(レオナルド・ディカプリオ)

若くしてこの世を去った天才詩人アルチュール・ランボーと詩人ヴェルレーヌとの愛の日々を描く。

この頃のレオは悪魔的に美しいのです。実際のランボーもかなりの美少年だったようです。

外見のみならず、傍若無人で奔放でどれだけ振り回されて傷つけられても惹きつけられてしまう魔力みたいな美しさがあります。ヴェルレーヌが翻弄されても仕方ないかなぁ、、と思った。

作品自体は好き嫌いが分かれそうですが、若き日のレオナルド・ディカプリオの美貌は必見の価値あり。

『アポロ13』

監督:ロン・ハワード
出演:トム・ハンクス/ケビン・ベーコン/ビル・パクストン
製作:1995年/アメリカ

ジム・ラベル(トム・ハンクス)

宇宙飛行士ジム・ラベルが宇宙で遭遇した絶体絶命の危機を仲間と共に乗り越える生還劇を描く。

トム・ハンクスの『フィラデルフィア』『フォレストガンプ』に続き、3年連続のオスカー獲得が期待されたものの、そうはなりませんでした。

主演のトム・ハンクスがすばらしいのはもちろん、脇を固める役者人が渋い。特にエド・ハリス。

そしてケヴィン・ベーコンの半裸での絶叫シーンは嬉しいサービスショットです(*´∇`*)

アカデミー賞9部門ノミネート2部門受賞。

▼詳細な感想はこちら。

『アポロ13』果たして彼らは地球に戻れるのか?(ネタバレ)

『ベストセラー 編集者パーキンズに捧ぐ』

監督:マイケル・グランデージ
出演:コリン・ファース/ジュード・ロウ
製作:2016年/イギリス・アメリカ

マックス・パーキンズ(コリン・ファース)

ヘミングウェイ、フィッツジェラルドを世に送り出した伝説的な名編集者マックス・パーキングと天才作家トマス・ウルフの友情と反省を描く。

パーキンズは常に帽子をかぶっているのですが、パジャマ姿でも帽子をかぶっているコリン・ファースに萌えます。

クライマックスで決して帽子を脱がなかった男が思わず帽子を脱いでしまうシーンで落涙せずにはいられなかった。

トマス・ウルフのキャラが濃いです。天才って面倒くさすぎるので身近にはいてほしくないなぁと、トマスを観ていてしみじみ思いました。

▼詳細な感想はこちら。

『ベストセラー編集者パーキンズに捧ぐ』/20世紀を代表する作家を見出した伝説の編集者の実話に基づく物語。 (ネタバレ)

『マダム・フローレンス!夢見るふたり』

監督:スティーブン・フリアーズ
出演:メリル・ストリープ/ヒュー・グラント
製作:2016年/イギリス

フローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)

超絶オンチのソプラノ歌手フローレンスが夫のサポートを得て音楽の殿堂カーネギーホールでコンサートを開くまでを描く。

フローレンスの夫シンクレアの、妻への愛情が深い感動を呼びます。

彼の行動には否定的な意見もあるとは思いますが、「なぜ彼女は歌うのか?」その理由がわかれば、夫として愛する妻の想いを叶えてやりたいと思うのは当たり前のように思いました。ヒュー・グラント好きの私にとってはかけがえのない作品となりました。

メリル・ストリープの音痴の演技もすごいです。ジャイアンです。わざとヘタに歌うのは難しいでしょうね。猛特訓したそうです。

『偉大なるマルグリット』もフローレンスをモデルにしています。同じ人物をモデルにしながらまったく雰囲気の異なる作品に仕上がっているのでぜひ見比べてみてください^^

>>『偉大なるマルグリット』/彼女はなぜ歌うのか?

アカデミー主演女優賞ノミネート(全2部門ノミネート)

▼詳細な感想はこちら。

『マダム・フローレンス!夢見るふたり』/実在した絶世のオンチな歌手と、彼女の夢を支えるために奔走する夫。(ネタバレ)

▽ピアニストのキャラクターがとても印象的です。

美しいピアノの旋律が彩ります。ピアニストが登場する映画。実話、サスペンス、青春映画など。

 

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』

監督:パブロ・ラライン
出演:ナタリー・ポートマン/ピーター・サースガード
製作:2016年/アメリカ・チリ・フランス

ジャクリーン・ケネディ(ナタリー・ポートマン)

ジョン・F・ケネディ元大統領夫人ジャクリーン・ケネディの視点から大統領暗殺事件を描いた作品。

当時のアメリカの世論や情勢を知らないとなかなか理解するのが難しい部分もあります。ある程度、事前知識を入れておいた方がいいと思います。

そんなわけでお話にはややついていけない部分もありましたが、ナタリー・ポートマンの鬼気迫る演技は必見の価値あります。

レオンのマチルダがこんなに素晴らしい大人の女優になったのか、と近所のおばさんのような心境になりました。

アカデミー主演女優賞ノミネート(全3部門ノミネート)

▼詳細な感想はこちら

『ジャッキー/ファーストレディ 最後の使命』/ナタリー・ポートマンがアカデミー主演女優賞にノミネート。(ネタバレ)

<スポンサーリンク>

『ミス・ポター』

監督:クリス・ヌーナン
出演:レニー・ゼルウィガー/ユアン・マクレガー/エミリー・ワトソン
製作:2006年/アメリカ・イギリス

 ビアトリクス・ポター(レニー・ゼルウィガー)

世界中で愛されるピーター・ラビットの生みの親ビアトリクス・ポターの人生を描く

お気に入りの作品です。

女性が自分らしく生きることが難しかった時代に、自分のやりたいことを貫こうという強い意志を持ったベアトリクスの生き方には勇気を貰えます。

可愛らしい恋のシーンもあります。彼女の人生でとても悲しい出来事が起きますが、それでも強く生きていこうとする姿に心打たれます。

湖水地方の美しい光景やピーターラビットの愛らしさも見どころ。

『ココ・アヴァン・シャネル』

監督:アンヌ・フォンテーヌ
出演:オドレイ・トトゥ/ブノワ・ポールブールド
製作:2009年/フランス

ガブリエル・ココ・シャネル(オドレイ・トトゥ)

世界的なファッション・デザイナー、ココ・シャネルの若き日々を 描く。

かなり個性が強めの女性です。ずけずけした物言いをして感情的なところはびっくりしてしまいましたが、シャネルはファッションの歴史を変えた人。このぐらいの強さがなければ成し遂げられないよなぁと思いました。

女性が自己主張することがまだまだ当たり前でなかった時代に生きた人。

誰に何を言われても、バカにされても自分自身を信じ、決してぶれない強い強い人です。

『ザ・ウォーク』

監督:ロバート・ゼメキス
出演:ジョゼフ・ゴードン・レヴィット/ベン・キングスレー
製作:2015年/アメリカ

フィリップ・プティ(ジョゼフ・ゴードン・レヴィット)

アメリカのワールドトレードセンターを命綱なしの綱渡りで渡った大道芸人の半生を描く。

人生でこれほど手汗を描いた映画があっただろうか…。

握りしめたハンカチがしっとり湿るほど手汗をかきました。クライマックスの綱渡りのシーンを迫力たっぷりで観たくで3Dで観ましたが大正解でした。

高所恐怖症の人は注意が必要です。

私は臆病者で怖いことや危険なことは一切したくないし、あがり症で緊張すると絶対に失敗するし、プティとは真逆の人間なので、「なんでそんなことをするの?」というところは理解不能です。

しかし、突拍子もない夢であっても真剣な想いが伝われば協力してくれる人が集まってくる…という、その過程は青春漫画みたいで好きです。

『ラッシュ/プライドと友情』

監督:ロン・ハワード
出演:クリス・ヘムズワース/ダニエル・ブリュール
製作:2013年/アメリカ・ドイツ・イギリス

 ジェームズ・ハント、ニキ・ラウダ(クリス・ヘムズワース、ダニエル・ブリュール)

1976年のF1世界選手権を中心に、二人のF1ドライバーの宿命の対決と絆を描く。

F1には詳しくなく、当然この二人も知らなかったのですが、とっても面白かった!レースシーンは大迫力です。

ライバルのふたりの関係がとてもいい。性格もまるで違うし、お互いに苦々しく思う部分もあれど、深い部分で絆が結ばれています。

レース場で出会わなければ、絶対に友人にはならない二人だと思うのですが、切磋琢磨するうちにいつのまにか友情のようなものが生まれていく。

少年漫画みたいでおすすめですヽ(=´▽`=)ノ

『 ヴィクトリア女王 世紀の愛』

監督:ジャン=マルク・バレ
出演:エミリー・ブラント/ルパート・フレンド/ポール・ベタニー
製作:2009年/イギリス・アメリカ

ヴィクトリア女王(エミリー・ブラント)

18歳で女王に即位し、ヴィクトリア朝と呼ばれるイギリスの繁栄を築いたヴィクトリア女王の若き日々を描く。

コスチュームものが大好きなので衣装やインテリアなどの美しさに心惹かれます。

サブタイトルにも「世紀の愛」とありますが、歴史モノというよりも恋愛に主軸を置いている感じです。その意味ではケイト・ブランシェット主演の『エリザベス』よりも軽く、観やすかったように思います。

18歳で女王。もちろん侮られます。えげつない権力闘争のなかに否応なく巻き込まれていきます。

苦労の多い人生だったと思いますが、ヴィクトリアの人生が愛に溢れていたこともわかり幸せな気持ちになれました。

ここから『英国王のスピーチ』『クィーン』と続いてきます。

アカデミー賞3部門ノミネートうち1部門受賞

▽王室を舞台にした映画をもっと観たい方はこちらをどうぞ。

王室を舞台にしたおすすめ映画。豪華なコスチューム、インテリアが魅力的。

『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』

監督:ニコライ・アーセル
出演・マッツ・ミケルセン/アリシア・ヴィキャンデル/ミケル・ボー・フォルスゴー
製作:2012年/デンマーク

ヨハン・フリードリヒ・ストルーエンセ、カロリーネ・マティルデ(マッツ・ミケルセン、アリシア・ヴィキャンデル)

18世紀後半のデンマーク王宮を舞台に、国王の侍医ストルーエンセと王妃カロリーネの道ならぬ恋と激動する時代に翻弄される描く。

デンマーク王室を舞台にした映画はこれが初めて。

馴染みはないけれど、デンマークでは有名な話らしいです。邦題がイマイチなのですが、単なる不倫のドラマではないです。

明晰な頭脳を持ち、国王の信頼を得て国の中枢で力を得て国を変えようとするストルーエンセ。すべてがうまく行くかと思われた素晴らしい瞬間がたしかにあったのです。

しかし、人をないがしろにすればいつか自分に跳ね返ってきます…。ストールエンセの結末は自らの傲慢さが招いたものでもあります。

王妃カロリーネも不幸ですが、国王の孤独を思うと居たたまれない気持ちになりました。王族なんぞに生まれるもんじゃないですね。

アカデミー外国語映画賞ノミネート

マッツ・ミケルセンのファンには絶賛おすすめ。私は『カジノ・ロワイヤル』(「007シリーズ」)で演じたル・シッフルが印象に残り、以来、ファンです。

「007」シリーズについてはこちらをどうぞ。

>>『007』シリーズ全作品一覧。歴代ジェームズ・ボンドとボンドガールとおすすめ作品を一挙にご紹介します。

▽こちらの記事でも取り上げています

『ロイヤル・アフェア 愛と欲望の王宮』/デンマーク王室を舞台にした歴史ドラマ。(ネタバレ)

王室を舞台にしたおすすめ映画。豪華なコスチューム、インテリアが魅力的。イギリス、フランス、デンマークなど。

<スポンサーリンク>

『ブーリン家の姉妹』

監督:ジャスティン・チャドウィック
出演:ナタリー・ポートマン/スカーレット・ヨハンソン
製作:2008年/イギリス・アメリカ

アン・ブーリン、メアリー・ブーリン(ナタリー・ポートマン、スカーレット・ヨハンソン)

16世紀のイングランドでヘンリー8世の寵愛を巡るアン・ブーリンとその妹メアリーの確執を描く。

ヘンリー8世がクズ。すがすがしいほどにクズ。

最後まで観ても長所が1つも見つけられませんでした。娘を権力を手に入れるための道具としか考えない父親もクズ。ベネディクト・カンバーバッチが演じたメアリーの夫もクズ。クズがたくさん登場する作品です。

手段を選ばず権力を手に入れようとする姿はえげつないし、えぐいけど、好きです(*´∇`*)

アンの娘こそが『エリザベス』のエリザベス1世なのだそうです。勉強になりました。

『マリー・アントワネット』

監督:ソフィア・コッポラ
出演:キルステン・ダンスト/ジェイソン・シュワルツマン
製作:2006年/アメリカ

マリー・アントワネット(キルステン・ダンスト)

14歳でオーストリアからフランス王室に嫁ぎ、18歳で王妃になり、37歳でギロチンにかけられた悲劇の王妃マリー・アントワネットの生涯を描く。

画面がカラフルで観ていて楽しい映画でした。ソフィア・コッポラが描くガーリーなセンスあふれるフランス王宮。作品には賛否両論あるみたいですが、これはこれでありだと思います。

視覚的な楽しみを求めて映画を観てもいいじゃない(*`д´)b OK!

アントワネットも王室じゃなくて普通の貴族の家に嫁いでいたら幸せな人生を送れたんじゃないでしょうか。決して悪女ではないんです

私は『ベルサイユのばら』が大好きで愛蔵版を繰り返し読み込んでおり、この作品も劇場でパンフレットを買ってまだ大事に持っています^^

アカデミー衣装デザイン賞受賞

『ジャンヌ・ダルク』

監督:リュック・ベッソン
出演:ミラ・ジョヴォヴィッチ/ジョン・マルコヴィッチ
製作:1999年/フランス

 ジャンヌ・ダルク(ミラ・ジョヴォヴィッチ)

フランスの国民的英雄ジャンヌ・ダルクの生涯を描く。

○○のジャンヌ・ダルクという言い方は今でもよく聞きますね。

ジャンヌといえば凛とした強い女性をイメージしていましたが、この作品ではあまりそういう描かれ方をしていなかったように思います。迷い、悩むジャンヌの姿が描かれます。

好みは分かれる作品です。

若い頃リュック・ベッソンが大好きだったのですが、この作品から「あれ…?」と思うようになり、あまり観なくなりましたヾ(~O~;) コレ

『グレース・オブ・モナコ 公妃の切り札』

監督:オリビエ・ダアン
出演:ニコール・キッドマン/ティム・ロス
製作:2013年/フランス

 グレース・ケリー(ニコール・キッドマン)

1950年代のハリウッドで絶大な人気を誇りながら、モナコ大公レーニエ公と結婚して引退、モナコ公国の公妃となったグレース・ケリーの”とある計画”について描く。

グレース・ケリーは女優として活動した期間はわずかながら、数々の名作に出演した美しい人…。女優から公妃へという華麗なる転身とその悲劇的な死の印象も強く、存在そのものが映画みたいな人だなと思いました。

たまにイングリット・バーグマンと混同してしまうのですが、バーグマンと同じようにヒッチコック映画によく出演してるからでしょうかね。本作でもヒッチコックがちょこっと登場します。

なかなか公室に受け入れられず、溶け込めなくて悩んでいたグレースが、演技という自分の特技を生かし、自分にできることを見出していくところは現代の女性の悩みにも通じる部分があります。

腹をくくって困難に立ち向かっていくグレースの姿は、素直に尊敬できるし好感を持てます。

ニコール・キッドマンの演技は批判もあったようですが、私は好きなんですよね。

モナコの風景の美しさもみどころ。行きたくなりました。

ヒッチコックの『泥棒成金』の撮影中に訪れたカンヌで、グレースはレーニエ大公に出会ったそうです。

『泥棒成金』/グレース・ケリーの美しさに目を奪われずにはいられない(ネタバレ)

以下、まだまだ追加したい作品があるので随時追加していきます^^

映画・ドラマが見放題の『U-NEXT』

U-NEXTの会員になると、国内外の映画や海外ドラマが見放題になります。

お店に行く必要なし、返却期限なし、貸出中なし、広告・CMなし。

パソコン、スマホやタブレット。様々なデバイスを使って、いつでもどこでも映画やドラマを楽しむことができます。

U-NEXTには次のようなメリットがあります。

  • 月額料金1,990円。
  • 毎月1,200円相当のポイントがもらえるので、実質的な料金は790円
  • コンテンツ数は120,000本以上、70冊以上の雑誌も読み放題!
  • 新作映画がDVD発売と同時に配信開始。
  • 無料お試しだけで、もれなく600円相当のポイント付与(←重要!)

31日間無料のお試し期間があり、期間内に解約すれば料金は一切かかりません。お試し期間中だけ、映画三昧するのもアリですv(*’-^*)-☆ ok!!

>>U-NEXTを31日間無料で試してみる

その他の動画サービスについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事>>動画配信サービスの徹底比較とおすすめ紹介。月額定額で映画・ドラマが見放題!映画好きに欠かせないサービス。

関連記事

コメントを残す