すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

大河ドラマ『おんな城主直虎』のタイトルの元ネタについて

【スポンサーリンク】

f:id:sakuraho:20170516184844j:plain

 

備忘記事です。なので日付を遡って投稿しています。

 

おんな城主直虎を毎週見ているのですが、サブタイトルが有名な映画や小説タイトルをもじったものになっていて、毎週楽しみにしているのです。

 

元ネタがなんだろう?あれこれ思案を巡らせているのですが、すぐにわかるものもあれば、わからないものもあり…。わかった時点で追記します。

 

 

第20回『第三の女』

 

『第三の男』

 


第三の男 [Blu-ray]

 

ウィーンが舞台の名作サスペンス映画。映像が美しいので好きです。 

 

第19回『罪と罰』

 

『罪と罰』ドストエフスキー著

 


罪と罰〈上〉 (岩波文庫)

 

ドストエフスキーの名作文学。20代の頃に読んで、あまりの面白さに徹夜で読みました。 

 

第18回『あるいは裏切という名の鶴』

 

『あるいは裏切という名の犬』

 


あるいは裏切りという名の犬(字幕版)

 

オリヴィエ・マルシャルによるフランス映画。内容は刑事モノ。

 

『やがて復讐という名の雨』『いずれ絶望という名の雨』『そして復讐という名の牙』『そして友よ、静かに死ね』などオリヴィエ・マルシャルが関わった作品はタイトルが印象的なものが多いです。

 

第17回『消された種子島』

 

『007消されたライセンス』

 


消されたライセンス (字幕版)

 

超有名なスパイ映画シリーズ第16作。

ジェームズ・ボンドを演じるのはティモシー・ダルトン。私の中ではボンド=ダニエル・クレイグで、古い作品は見てないんですよね。 

 

第16回『綿毛の案』

 

『赤毛のアン』

 


赤毛のアン [ ルーシー・モード・モンゴメリ ]

 

モンゴメリの有名な小説ですね。アニメになったりドラマになったり映画になったりもしています。「ハウス食品の世界名作劇場」を毎週見ていた世代なので懐かしいです。 

 

第15回『おんな城主対おんな城主』

 

『ゴジラ対メカゴジラ』

 


ゴジラ対メカゴジラ 【60周年記念版】 [Blu-ray]

 

『ゴジラ対キングギドラ』が最初に浮かびましたが、『ゴジラ対メカゴジラ』が有力らしいです。似た者同士の対決という意味で。 

 

『エイリアンVSプレデター』もあるけど、VSだもんね。『貞子VSかやこ』『フレディVSジェイソン』『リンカーンVSゾンビ』などいろんなものが戦っています。

  

第14回『徳政令の行方』

 

『告発の行方』

 


告発の行方 (字幕版)

 

ジョディ・フォスターがアカデミー賞を受賞した法廷サスペンス。

 

『真実の行方』も思い浮かんだのですが、これは猟奇殺人をテーマにした作品であるのに対し、『告発の行方』はどれほど傷つけられても困難に負けずに自分自身の誇りのために戦う女性のお話なので、『告発の行方』かな、と思います。

 

第13回『城主はつらいよ』

『男はつらいよ』 

 


男はつらいよ HDリマスター版(第1作)

 

国民的人気の映画シリーズ。邦画はあまり観ないのですが1作だけ見たことがあります。『寅さん博物館』には一度だけ行ったことがあります^^

 

最近だと『家族はつらいよ』という映画があるようですね。

 

第12回『おんな城主直虎』

 

これはドラマのタイトルそのまんま。

この回でおんな城主直虎が誕生しました。

 

第11回『さらば愛しき人よ』

 

 『さらば愛しき女(ひと)よ』

 


さらば愛しき女よ [Blu-ray]

 

レイモンド・チャンドラー原作。

ロバート・ミッチャムとシャーロット・ランプリング共演です。

 

第10回『走れ竜宮小僧』

『走れメロス』太宰治著 

 


走れメロス (新潮文庫)

 

第9回『桶狭間に死す』

 

『ベニスに死す』

 


ベニスに死す [DVD]

 

美少年が出てくる映画と言えば、コレ、みたいな。

 

第8回『赤ちゃんはまだか』

 

わからなかった。

 

第7回『検地がやってきた』

 

わからなかった。

 

『ビートルズがやってきた』かと思ったらあれは『ビートルズがやってくる』だった。ちょっと違うな。(『サンタが街にやってきた』(だったかな?)とかあるけど、話の内容に合わないから絶対に違うな・・。) 

 

第6回『初恋の別れ道』

 

『初恋の来た道』

 


初恋のきた道 [DVD]

 

チャン・イーモウ監督の映画。この頃のチャン・ツィイーは初々しくてとてもかわいいです。

 

第5回『亀之丞帰る』

 

『父帰る』

 


父帰る・藤十郎の恋――菊池寛戯曲集 (岩波文庫)

 

菊地寛の戯曲。

 

『父、帰る』が頭に浮かんだのですが、「、」が入るからなぁ。

 


父、帰る [DVD]

 

第4回『女子にこそあれ次郎法師』

  

井伊家伝記という井伊家にまつわる古文書の中の一節だそうです。

「次郎法師は女こそあれ井伊家惣領に生候間」

 

第3回『おとわ危機一髪』

 『007危機一発』(『ロシアより愛をこめて』)

 


ロシアより愛をこめて (字幕版)

 

007シリーズです。ボンドを演じるのはショーン・コネリー。公開当初のタイトルが『007危機一発』でした。このタイトルをつけたのは水野春郎だと言われています。銃弾の「一発」にかけて「危機一発」とした一種の洒落で間違いではないのです。 

 

第2回『がけっぷちの姫』

『崖の上のポニョ』?

 


崖の上のポニョ [DVD]

 

 

第1回『井伊谷の少女』

『風の谷のナウシカ』? 

 


風の谷のナウシカ [VHS]

 

以上、随時追記・更新していきます。