ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。

天才登場!凡人とは違う天才の苦悩や活躍を描いたおすすめ映画。

古今東西、映画の中には様々な天才が描かれます。

天与の才。

自分にはない特別に優れた才能を持った人々というのは、憧れの対象でもあり、ミステリアスな存在でもあり、惹きつけられてならないものがありますね。

才能に恵まれた少年少女たちがその才能を開花させていく作品、天才ゆえの苦悩が描かれた作品、天才ゆえに犯罪に巻き込まれてしまう作品、または自らが犯罪者となる作品…。

様々な角度から天才たちを描いた作品を集めてみました。

▽天才は天才でも「天才詐欺師」を描いた作品はこちら

天才詐欺師が登場するおすすめ映画。見事な手口に観ているこちら側も騙されます。

<スポンサーリンク>

『奇跡のシンフォニー』

2007年/カーティス・シェリダン

あらすじ:児童福祉施設で育ち、両親を知らない11歳の少年エヴァンはあらゆる音が「音楽」に聞こえるという音楽の才能に恵まれていた。

施設を抜け出したエヴァンはストリートミュージシャンとしての才能を開花させていき、彼の紡ぐ音楽はやがて「奇跡」を…。

『チェーリーとチョコレート工場』で天才子役として注目を集め、現在も役者として活躍するフレディ・ハイモア(『ベイツ・モーテル』など)がエヴァンを演じる。

フレディくんがかわいいんです(*´∇`*)

音に導かれるように抑圧された施設から抜け出したエヴァンが、心から音楽を楽しむ姿は微笑ましく、心が和みます。

クライマックスで彼の音楽が起こす「奇跡」には号泣必至(TmT)ウゥゥ・・・

劇中で使われる「エヴァン」が作った音楽がどれも素晴らしく、染み入るようで音楽面からも楽しめる映画です。

ネタバレ『奇跡のシンフォニー』/少年が奏でる奇跡の調べ。

『リトルマン・テイト』

1991年/ジョディ・フォスター

あらすじ:天才少年フレッドは母親ディディと二人暮らし。飛び抜けた才能ゆえに学校に馴染めずにいた。

児童心理学者ジェーンのすすめで天才児だけを集めたツアーに参加したり大学に通うなどして新しい世界が開けていく…。

アカデミー賞を2度獲得しているジョディ・フォスターの初めての監督作品で、ジョディは本作であまり教養のない母親ディディを演じています。

天才ゆえに周囲に馴染めない少年の葛藤が描かれます。学力が高くてもいわゆる「大人」とは違うので、居場所を見つけるのが難しいのですね。

しかしフレッドは心から彼を大切に思う人とのかかわりの中で大切なものを見出していきます。

無学ながら息子を深く愛するディディの愛情あふれる姿は胸を打ちます。

▽母の愛について描いた作品はこちら。

母の愛、親子の絆を描いた映画。包み込むような愛、深い愛。愛の形はさまざまです。

『エイミー』

1997年/ナディア・タス

あらすじ:8歳の少女エイミーは目の前で父親が亡くなるのを見て以来、話ができず耳も聞こえなくなってしまったが、「歌」でのコミュニケーションは取ることができた。

エイミーは「歌」でしかコミュニケーションが取れない女の子です。

決して比喩ではなく、人々はエイミーに歌いながら話しかけ、エイミーは歌いながら答えるんです。

本作のみどころはエイミーを演じたアラーナ・デローマの澄んだ歌声!癒されます。

彼女を取り巻く近所の住人達もユーモラスで笑いを誘います。

なぜエイミーは話せなくなったのか…、その理由が判明したとき…(ノ△・。)

「天才」とまでは言えないかもしれませんが、とっても歌が上手なのでピックアップしました。

主人公エイミーの母親を演じているのは『日蔭のふたり』でたくましく奔放な女性を演じたレイチェル・グリフィス。本作とはがらっとイメージの違う役どころです。

ネタバレ『エイミー』/歌うことでしかコミュニケーションを取ることのできない少女の物語。

『ボビーフィッシャーを探して』

1993年/スティーブン・ザイリアン

あらすじ:チェスの天才「ボビー・フィッシャー」を彷彿とさせる7歳のチェスの天才少年ジョシュ。彼の才能を思いっきり伸ばしてやりたいという父親はジョシュに英才教育を施していくが…。

実話を元にした親子の物語。

親ならば子供の才能を存分に伸ばしてやりたいと思うのは当然ですが、果たしてそれは本当に「子供のためになる」のか?判断が難しい時もあります。

ジョシュにとって本当に大切なことってなんだろう?親子の葛藤が描かれます。

ジョシュがいい子なんです…(ノ△・。)

将棋の藤井四段を見ていると、なんとなくこの作品を思い出します^^

ネタバレ『ボビー・フィッシャーを探して』/実話を元にしたチェスの天才少年の物語。

<スポンサーリンク>

『マーキュリー・ライジング』

1998年/ハロルド・ベッカー

あらすじ:パズルに天才的な才能を持つ自閉症の少年サイモンが偶然暗号を解読してしまい、命を狙われる羽目になる。FBI捜査官のアート(ブルース・ウィリス)は命がけてサイモンを守ろうとする。

20年ほどの前の作品ですが、自閉症で通常の意思疎通が困難な少年と子供に不慣れなアートの掛け合いはふと笑ってしまうものがあります。

ブルース・ウィリスらしいアクション映画で、少々脚本に粗さはありますが、王道のハリウッド映画が好きな方にはオススメ。

サイモンを演じたのは『ペット・セメタリー』のあの子です…。

『シックス・センス』

1999年/M・ナイト・シャマラン

あらすじ:心に傷を負った小児精神科医マルコムは死者の姿を見ることのできる少年コールのカウンセリングを行うことになるが…。

名作です!「天才」というのは違うかな、とも思いましたが、類まれな能力を持った少年ということでピックアップしました。

コールを演じた11才でアカデミー助演男優賞にノミネートされた天才子役ハーレイ・ジョエル・オスメントの演技は必見です。

この映画についてはあまり多くを語ることができませんが、脚本が完璧!!

見事に張り巡らされた伏線と明らかにされる真実に酔いしれてください。

とても優しい気持ちになれる作品でもあります。

オスメントくんはもうアラサーですが、役者として現在も活躍中。

↓「セックスセンス」を伝授してくれます(笑)

『小説家を見つけたら』

2000年/ガス・ヴァン・サント

あらすじ:文才に恵まれた黒人少年ジャマールはアパートに引きこもっている謎の老人と知り合う。老人はジャマールが落としたノートに書かれたジャマールの文章を読み、的確な添削を入れていた。

その老人こそが処女作一作だけで姿を消した伝説の小説家フォレスターだった。

『グッド・ウィル・ハンティング』ほど有名ではないけれど、同じ監督の作品でこちらも素晴らしい作品です。

若者が年配の人間に導かれ、その交流によって心の傷が癒されていく、というストーリーも似ているので『グッド…』が好きな方にはオススメ。

閉じこもっていた老人の心が徐々に溶けていき、少年の才能は開花していく。

互いを補い合うような父と息子、師と弟子、そして友人のような二人の関係がしみじみと胸を打つんです。

フォレスターを演じたショーン・コネリーの存在感も素晴らしい。

「人生を変えるかけがえのない出会い」を描いた作品です。最後の方に意外な大物がカメオ出演してます^^

▽ショーン・コネリーと言えば、初代ジェームズ・ボンドです。

『007』シリーズ全作品一覧。歴代ジェームズ・ボンドとボンドガールとおすすめ作品を一挙にご紹介します。

『レインマン』

1988年/バリー・レヴィンソン

あらすじ:高級外車のディーラー、チャーリーは父の死をきっかけに今まで存在を知らなかった自閉症の兄レイモンドと対面する。

レイモンドに数学の天才的な才能があることに気付いたチャーリーは「ある場所」に向かうが…。

アカデミー賞を4部門受賞した名作。兄と弟のロードムービーでもあります。

父の遺産を一人で相続することになった兄にいい感情を抱いていなかったチャーリーですが、兄と旅をすることで少しずつ変わっていきます。

通常の意志の疎通が難しい二人の触れ合いはちょっとユーモラスなんですよね^^

トム・クルーズと言えば近年では超人的なアクション映画での活躍が目立ちますが、この頃は若手演技派だったのですよね。

名優ダスティン・ホフマンにも負けない存在感を発揮しています。

▽こちらの記事でも取り上げています。

本作を監督したバリー・レヴィンソンは良作のヒューマンドラマを多数撮っていますがホラー映画なども手掛けています。

ネタバレ『ザ・ベイ』/『レインマン』の監督によるPOV形式のパニックムービー。気持ち悪すぎて皮膚の下がむずむずしてくる。

『ビューティフル・マインド』

2001年/ロン・ハワード

あらすじ:天才数学者ナッシュは変人だが、のちにノーベル賞を受賞することになるゲーム理論の研究に没頭し、愛する女性と家庭を築いていたが、やがて精神に異常をきたすようになる…。

第74回アカデミー賞では8部門にノミネート、4部門を受賞しました。

人生ベスト10に入る大好きな作品です。

天才というと、つい飛び抜けた才能の部分に目が行きがちですが、飛び抜けた部分があるということは欠けた部分、負荷がかかってしまう部分があるということなのかもしれません。

切ないような苦しいような泣きたいような、でも優しい気持ちになれる映画です。

現実のナッシュ夫妻には映画では描かれなかった出来事が色々ありましたが、それでも一緒に最期を迎えます。

2015年5月、車に乗っていた夫妻は事故に遭遇し亡くなりました。

ナッシュ86歳、アリシア82歳でした

本作でオスカーを獲得したロン・ハワードは、『スターウォーズ』のスピンオフ、ハン・ソロの物語の監督を務めることが発表されました。今から楽しみです^^

<スポンサーリンク>

『プルーフ・オブ・マイ・ライフ』

2005年/ジョン・マッデン

あらすじ:天才数学者であったが、心を病んでしまった父親ロバートを献身的に介護し、看取った娘キャサリン。父の教え子であったハルと心を通わせていくが、キャサリンは父のように心を病むのではないかという不安に苛まれていた…。

グウィネス・パルトロウとジョン・マッデン、『恋に落ちたシェイクスピア』の二人が再び組んだ作品です。

テーマは『ビューティフル・マインド』に近いものがあります。

天才は凡人に気付かないことに気付き、見つけられない真理を見つけ出す。

その部分だけ見れば羨ましくなりますが、天才たちはその反面で何かを犠牲にして、心をすり減らしながら生きているのかもしれない。

心を病んだキャサリンの父ロバートを演じるアンソニー・ホプキンスの狂気の演技は大変な迫力です。

ジョン・マッデン監督はイギリスの名優たちが豪華共演した『マリーゴールドホテルで会いましょう』も監督しています。

『アマデウス』

1984年/ミオス・フォロマン

あらすじ:19世紀の楽聖ウォルフガング・モーツァルトの半生を宮廷音楽家サリエリの視点から描く。

天才になれなかった男の視点から天才モーツァルトが語られます。

どうして自分ではないのか?

何よりも欲しかった才能を当たり前のように持つのは、神への信仰心にも欠ける決して品行方正とは言えない男…。

全身を焼かれるように嫉妬に苛まれ、絶望するサリエリの姿は観ているこちらも、心も切りつけられるように痛みを感じました。

サリエリを演じたF・マーリー・エイブラハムはアカデミー賞を獲得しました。

関連記事:【おすすめ伝記映画・実話】実在の人物の半生を描いた名作映画25選(米エンターテイメント・ウィークリー誌選出)。アカデミー賞受賞作品も多数。

映画・ドラマが見放題の『U-NEXT』

U-NEXTの会員になると、国内外の映画や海外ドラマが見放題になります。

お店に行く必要なし、返却期限なし、貸出中なし、広告・CMなし。

パソコン、スマホやタブレット。様々なデバイスを使って、いつでもどこでも映画やドラマを楽しむことができます。

U-NEXTには次のようなメリットがあります。

  • 月額料金1,990円。
  • 毎月1,200円相当のポイントがもらえるので、実質的な料金は790円
  • コンテンツ数は120,000本以上、70冊以上の雑誌も読み放題!
  • 新作映画がDVD発売と同時に配信開始。
  • 無料お試しだけで、もれなく600円相当のポイント付与(←重要!)

31日間無料のお試し期間があり、期間内に解約すれば料金は一切かかりません。お試し期間中だけ、映画三昧するのもアリですv(*’-^*)-☆ ok!!

>>U-NEXTを31日間無料で試してみる

その他の動画サービスについて詳しく知りたい方はこちらをどうぞ。

関連記事>>動画配信サービスの徹底比較とおすすめ紹介。月額定額で映画・ドラマが見放題!映画好きに欠かせないサービス。

関連記事

コメントを残す