映画 おすすめ・ランキング

【脱獄映画】不屈の闘志が勇気を与えてくれる!ハラハラドキドキのおすすめ脱獄映画

脱獄映画

自由を制限された過酷な状況に屈することなく、自由を手にするために綿密に脱出計画を立てて刑務所を脱獄する…。果たして成功するのか…?

主人公に感情移入してしまい、ドキドキが止まらず、祈るような気持ちで見てしまいます。思わず手に汗を握ってしまいますよね。

この記事では「脱獄」をテーマにした作品をピックアップしています。感動的なヒューマンドラマ、アクション、戦争映画など、多彩なジャンルでさまざまな「脱獄」が描かれます。

また直接的に脱獄が描かれていなくても登場人物が脱獄に深く関係している作品もピックアップしています。

※結末には言及していませんが、雰囲気が伝わる場合はありますのでご注意ください。

映画好きには自宅にながら映画・ドラマが見放題になるサービスがおすすめです。

あかり
あかり
この記事で紹介している作品にはHuluU-NEXTなど、動画配信サービスで配信中の作品も多数含まれています。

無料おためし期間を利用すれば、おトクに映画を見放題できます♪

▽映画を見るならU-NEXT▽

U-NEXTを31日間無料でおためし※無料おためしの期間内に解約すれば料金はかかりません。

『ショーシャンクの空に』

監督:フランク・ダラボン
出演:ティム・ロビンス/モーガン・フリーマン
製作:1994年/アメリカ

あらすじ:無実の罪で刑務所に入れられた元銀行副頭取のアンディが、苦難の日々を不屈の闘志で乗り切り、脱獄して自由になるまでを描く。

『ウォーキング・デッド』『ミスト』のフランク・ダラボン監督の傑作ヒューマンドラマ。

エンパイア誌が選出した史上最高の映画100本では4位にランクインしていました。

【おすすめ映画】『史上最高の映画100本』絶対面白い!古今東西の名作映画(イギリス・エンパイア誌選出)

アンディはどんどん過酷な状況に追い込まれていきますが自分自身の誇りを守るためにあきらめずにたたかいます。どれほど虐げられても決して屈しない姿に心打たれます。

必ず自由になってみせる…。

アンディは強い意志を持っているから「今、何をすべきか」を明確にとらえてるんですよね。だから行動に迷いがない。限られた状況で、最大限の知恵をしぼり、自分の能力のすべてを使って、あらゆる困難を乗り切っていきます。

囚人レッドとアンディの友情や、脱帽せずにはいられない見事なラストシーンも大きな見どころです。

第67回アカデミー賞で7部門にノミネートされました。

『フィリップ、きみを愛してる』

監督:グレン・フィカーラ、ジョン・レクア
出演:ジム・キャリー/ユアン・マクレガー
製作:2009年/フランス

あらすじ:妻子持ちの平凡な男スティーブンは、事故で重傷を負ったことをきっかけに自分に正直に生きようとを決意する。スティーブンはその後、詐欺を繰り返して逮捕。収監された刑務所で、フィリップと運命の恋に落ちる。スティーブンは愛するフィリップに会うために脱獄を繰り返すのだった。

嘘みたいだけど、本当のお話なんです。

この作品は実話が元になっていて、実際のスティーブン・ラッセルは懲役167年の刑で現在も服役中なのだそうです。

実はスティーブンは知能指数が169もある天才なんですよ!!その頭脳を他のことに生かせなかったのかなぁ、と残念に思いますよね。

天才が脱獄!というと、『プリズン・ブレイク』を思い出しますが、本作はハラハラドキドキの脱獄もの、というよりはスティーブンの一途な愛を描いた人間ドラマがメインになっており、ラブストーリーでもあります。

「そこまでやるの!?」と驚いてしまうほど、突飛で大胆なスティーブンをジム・シャリ―が演じています。「こんな人が本当にいるんだ…。」という驚きをぜひ味わって欲しい。スティーブンのお相手、フィリップを演じるのはユアン・マクレガーです。

▽こちらの記事でも紹介しています。

【だまされる快感】天才詐欺師が主人公のおすすめ映画。観客もあざむく、見事な騙し合い!

『パピヨン』

監督:フランクリン・J・シャフナー(『猿の惑星』)
出演:スティーブ・マックイーン/ダスティン・ホフマン
製作:1973年/フランス・アメリカ

あらすじ:無実の罪で刑務所に入れられた、アンリ・シャリエールの体験をもとにした作品

主人公は胸に蝶の刺青があることから「パピヨン」と呼ばれる男。パピヨンは無実の罪を着せられ、終身刑に処せられる。劣悪な環境で、仲間たちが次々と命を落としていくなか、パピヨンは刑務所内で知り合った友人のドガとともに脱獄をはかる…。

過酷な刑務所の環境で、抑圧され、虐げられてもパピヨンは自由への希望を失わない。その姿に胸を打たれずにはいられません。友人を売れば楽になれるとわかっている状況でも、パピヨンは決して友人を裏切りません。

脱獄に失敗するたびにさらに劣悪な環境に落とされることになりますが、それでもパピヨンは諦めず何度でも脱獄を繰り返す。パピヨンの誇りと人間性は誰も壊すことはできないのです。

パピヨンを演じたスティーブ・マックイーンの鬼気迫る演技はもちろん、ドガを演じたダスティン・ホフマンの演技も素晴らしい。ラストシーンでドガが見せた表情を、私は一生忘れることはできないでしょう。

『暴力脱獄』

監督:スチュアート・ローゼンバーグ
出演:ポール・ニューマン/ジョージ・ケネディ
製作:1967年/アメリカ

あらすじ:ベトナム戦争帰りのルークは、器物損壊の罪で服役することになるが、ルークが収容された刑務所は横暴な看守たちに支配されていた…。

ルークは徹底的に権力に反抗する。刑務所で看守に逆らえばどうなるか明白なのに反抗し続ける。そして、どれほど痛めつけられても笑っている。

そんなルークは意図せずして囚人たちのヒーローになっていく。

ルークの過去は詳細には描かれないけれど、戦争に参加してかなり地獄を見てきたのだろう、というのはなんとなく伝わってくる。あらゆるものに幻滅し、この世のすべてのものに価値を見いだせなくなってしまったかのように見える。

ルークは脱獄を繰り返しますが、先ほど紹介した『パピヨン』の主人公とは違います。パピヨンは自由を求めていましたが、ルークは何も求めていないのです。

スカッと爽快な脱獄劇ではありませんが、ポール・ニューマン演じるルークの不思議な魅力に惹きつけられる作品です。

▽映画を見るならU-NEXT▽

※無料おためしの期間内に解約すれば料金はかかりません。

『大脱走』

監督:ジョン・スタージェス
出演:スティーブ・マックイーン/ジェームズ・ガーナー/チャールズ・ブロンソン
製作:1963年/アメリカ

あらすじ:史実をもとにした作品。第二次世界大戦末期、250人の兵士たちによるナチスの捕虜収容所からの集団脱出計画を描く。

スティーブ・マックイーンが繰り広げるバイク・チェイスは映画史上に残る名シーン。『パピヨン』もそうですが、失敗しても諦めない、不屈の闘志がみなぎる男はマックイーンによく似合います。

少しづつ地下トンネルを掘り進めていくという古典的な方法での脱出劇。過酷な環境に置かれながらも「生きよう」とする捕虜たちのたくましさに励まされる思いがします。

実話を元にしており、脱出後の捕虜たちの運命は幸せなものではありません。誰もが一度は耳にしたことがあると思われる『大脱走のマーチ』の明るいメロディも耳に残ります。

『アルカトラズからの脱出』

監督:ドン・シーゲル
出演:クリント・イーストウッド/パトリック・マクグーハン
製作:1979年/アメリカ

あらすじ:各州の刑務所で脱獄をくりかえしていたフランクは、脱獄不可能と言われるアルカトラズ刑務所に送り込まれる。フランクは綿密に計画を立て、仲間とともに脱獄をはかる!

実話が元になっています。この脱獄事件の後に、アルカトラズ刑務所は閉鎖になったそうです。

実話ベースなので派手なアクションシーンはなく、ストーリーは淡々と進んでいきます。フランクの立てた、大胆不敵ながらも自然な脱獄計画には脱帽。実際に脱獄するなら、こうだよな、と思わせるリアルさがあります。

実際のフランクはIQが133あったとも言われ、脱獄後の消息は一切不明だそうです。フランクは1926年生まれなので、2020年現在94歳…。まだ健在である可能性もあります。どこかで生きていて欲しいな…。そんな風に思ってしまいます。

『ザ・ロック』

監督:マイケル・ベイ
出演:ニコラス・ケイジ/ショーン・コネリー/エド・ハリス
製作:1996年/アメリカ

あらすじ:テロリスト集団にアルカトラズ島が占拠された。彼らは毒ガスを搭載したミサイルでサンフランシスコに狙いをさだめる。テロリストたちから島を奪還し、ミサイル攻撃を阻止するため2人の男がアルカトラズ島に潜入する…。

マイケル・ベイの傑作アクションで、1990年代を代表するヒット作品の1つです。

この作品自体は脱獄ものではありませんが、メインキャラの1人でショーン・コネリーが演じるメイソンは元イギリス諜報部員でアルカトラズ刑務所から脱獄した唯一の人物という設定です。本作の序盤でも華麗なる逃亡劇を見せてくれます。

ショーン・コネリーといえばイギリス諜報員ジェームズ・ボンドを演じたことで知られる俳優です。メイソンについボンドを重ねてしまうすばらしいキャスティングですね。

マイケル・ベイらしいハラハラドキドキシーンと激しい爆発シーンが満載、アクション映画の王道を行く作品です。

キャラクターが魅力的で、元凄腕スパイとインテリ、というコンビの描き方もいいし、エド・ハリス演じるテロリストのリーダーに感情移入してしまう部分もあります。思わずニヤリとさせられるラストのオチも大好きです。

私の大好きなマイケル・ビーンも出演しています♪

関連【年代別おすすめ映画】1990年代の傑作・名作映画まとめ(洋画メイン)

『キューブ』

監督:ビンチェンゾ・ナタリ
出演:モーリス・スティーブンソン/ニコール・デ・ボア
製作:1997年/カナダ

あらすじ:謎の立方体(キューブ)に閉じ込められた男女が無数のトラップをくぐり抜けて脱出を試みる様子を描く。

本作の舞台は刑務所ではないので正確には「脱獄モノ」ではないのですが、あえて選んでみました。

気が付いたらトラップまみれのキューブに放り込まれていた6人の男女の中に、レンという初老の男性がいます。

レンは「アッティカの鳥」という異名を持ち、7つの刑務所から脱獄した経験を持つ達人です。

みなが動揺して冷静さを失うなか、レンは一人だけ平然としています。「さすが!」と思わせる貫録を見せつけながらも、直後の「え?!」という展開が印象的です(゚ー゚;Aアセアセ

グロテスク描写は多いですが、今見ても非常に見ごたえのある作品です。続編もありますが、それはおすすめしません(笑)

▽映画を見るならU-NEXT▽

※無料おためしの期間内に解約すれば料金はかかりません。

『スリーデイズ』

監督:ポール・ハギス
出演:ラッセル・クロウ/エリザベス・バンクス
製作:2010年/アメリカ

あらすじ:ある日突然、妻が殺人容疑で逮捕された。男は妻を信じつづけるが、裁判で無罪と勝ち取ることは難しい状況に陥ってしまう。男は妻を脱獄させることを決意する。

フランス映画『すべて彼女のために』のリメイクで、監督は『クラッシュ』のポール・ハギス。

▽オリジナル

主人公がやっていることはまぎれもない犯罪ですが、本人も十分に承知しています。それでも彼は妻を救いたかったんです。大学教授の職も捨て、実の親も捨て、祖国を捨てても妻を救いたかった。だからみずから修羅の道を選んだのです。

何か1つでも失敗すれば、計画は崩れ落ち、すべてを失ってしまう、ギリギリの状況にドキドキしっぱなし。どうか逃げのびて…、クライマックスは祈るような気持ちになります。出演シーンは少ないものの、リーアム・ニーソンも渋いです^^

『ミッドナイト・エクスプレス』

監督:アラン・パーカー
出演:ブラッド・デイビス/アイリーン・ミラクル/ジョン・ハート
製作:1978年/アメリカ・イギリス

あらすじ:主人公は海外旅行中に麻薬所持の罪で刑務所に投獄された青年。刑務所の環境は劣悪で、ひどい虐待を受け心身は消耗していく。刑務所での日々と青年が脱獄を決行するまでを描く。

脱獄してスカッとする!というよりは、刑務所の劣悪な環境に焦点をあてた作品です。主人公は品行方正な人間ではなく、犯罪も犯しました。いい加減で考えも甘いです。正直なところ、序盤はイライラさせられます。

しかし、政治的な思惑も絡み、主人公は犯した罪に比べてずっと重い刑に処せられ、過酷な状況に置かれてしまいます。その刑務所では囚人たちを更生させるよりも徹底的に抑圧して人権を踏みにじるような仕打ちが横行していました。

刑務所内でのショッキングな描写が続きますが、一番驚いたのはガールフレンドと面会するシーン。人間ってこうなってしまうのか…と背筋が寒くなりました…。

『大脱出』

監督:ミカエル・ハフストローム
出演:シルベスター・スタローン/アーノルド・シュワルツェネッガー
製作:2013年/アメリカ

あらすじ:無実の罪により最新のセキュリティで固められ、脱出不可能とされる監獄に入れられてしまった男ブレスリン。脱獄を計画するブレスリンの前にロットマイヤーという囚人が現れる…。

スタローンとシュワちゃんの共演というだけでうれしくなるような作品。この2人が協力すれば、不可能はない!と思えますよね。

ランボーとターミネーター、史上最強の男たちです。

2人ともちょっとおじいちゃんになりましたが、それでも強い、アツい、そして頼りになる。作品自体にはあらさも目立ちますが、ファンなら見て損はありません。

『穴』

監督:ジャック・ベッケル
出演:ジャン・ケロディ/フィリップ・ルロワ
製作:1960年/フランス

あらすじ:実際に起きた事件を元にして製作されたフランス映画。

監獄の一室に閉じ込められた4人の男たちが脱獄を決意し、綿密な計画を立てる。しかし、いざ決行しようという時に1人の男が同じ部屋に入ってくる…。果たしてこの男は信頼できるのか?それとも…?

穴を掘りヤスリでおりをけずり、監獄の中から外の世界への道を切り開こうとする様子がリアルに描かれる。彼らの立てる「音」に、見ているこちら側もキリキリとさせられる。

派手な脱獄シーンはなくシンプルな映画ですが、はりつめた緊張感とモノクロの美しい映像にひきつけられずにはいられません。リアルさと娯楽性を両立させた素晴らしい作品だと思います。

あわせて読みたい

自宅にいながら映画・ドラマを見放題にできるサービス

動画配信サービスの無料トライアル期間比較
動画配信サービスの無料お試し期間を利用して映画・ドラマを見放題に!無料トライアル期間の比較・まとめこんにちは、あかりです。 私は動画配信サービスをいくつか利用しています。その中でも一番長い付き合いのはHuluトで、8年以上使い続...
U-NEXTで映画・ドラマ・アニメが見放題


U-NEXTは、国内・海外の映画や海外ドラマが月額定額&見放題で楽しめる動画配信サービスです。

公式サイト

【U-NEXT】申込プロモーション(31日間無料でおためしOK)

U-NEXTには様々なメリットがあります。

  • レンタルショップに行く必要なし
  • 返却期限なし
  • 貸出中なし
  • 広告・CMなし(←快適!)
  • パソコン・スマホ・タブレットでいつでもどこでも利用できる!

観たいときにいつでもどこでも、通勤時間や休憩時間などのスキマ時間にも動画を自由に楽しむことができます。

CMにじゃまされることなく、返却期限を気にせず、自分のペースで利用できるところが最高に気に入っています♪

  • 月額料金1,990円
  • 毎月1,200円相当のポイント付与⇨実質的な料金は790円
  • コンテンツ数は140,000本以上、70冊以上の雑誌が読み放題!
  • 新作映画の配信が早い。
  • 無料おためしだけで、もれなく600円相当のポイント付与(←重要!)

31日間無料のおためし期間があり、期間内に解約すれば料金は一切かかりません

おためし期間中だけ、映画三昧するのもアリですv(*’-^*)-☆ ok!!

\31日間無料で使える/

【U-NEXT】申込プロモーション⇨

動画配信サービスについて詳しく⇨