すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

『午後8時の訪問者』/あの時、ドアを開けていれば…。無関心が招いた悲劇。ダルデンヌ兄弟監督作品。

ポスター画像

 

今日の映画は『午前8時の訪問者』です。

 

カンヌ映画祭で二度のグランプリを獲得した経歴を持つダルデンヌ兄弟の最新作。重苦しい映画が大好きなので気になる監督さんです。

本作はサスペンス色が濃いらしく予告を観て気になっていた。

 

 新宿武蔵野館にて鑑賞。

ここに映画館があるのは知っていたけれど、行くのは初めてかも。たぶん…。もしかしたら20代の頃に行ってるかもしれないのですが、記憶が曖昧。最近改装されたらしく綺麗な映画館だった。ラインナップもかなり渋い。日頃観るのはつい大作中心になってしまうのでたまにはこういうのもいいかも。ネット予約も可能でした。

 

続きを読む

『ロルナの祈り』/偽装結婚のすえに生まれた愛。ダルデンヌ兄弟監督作品。

 

 

『ロルナの祈り』を鑑賞。 

カンヌ映画祭で二度のパルムドールを獲得したダルデンヌ兄弟の監督作品で、本作はカンヌで脚本賞を受賞しています。

 

重い映画が大好物の私にとっては気になる監督さんで、このブログでも以下のような感想記事を書いています。

 

▼親の自覚が皆無な父親が授かった子供を売り飛ばす。

 『ある子供』/親になるということ。

 

▼解雇された女性が解雇撤回を求めて同僚たちの元を行脚する。

『サンドラの週末』/過酷な週末を乗り切った先に…。

 

本作もダルデンヌ兄弟の作品らしく煽るような派手なBGMは一切なく、社会の底辺でもがき苦しみながら生きる人々の生活をたんたんと描いていきます。淡々としながらも中盤の大胆な展開と終盤に明かされる衝撃的な真実には驚愕させられました。

 

エンディングロールに流れるピアノの調べを聞きながら、物語の余韻に包まれた。タイトルにもある「ロルナの祈り」を想いを馳せずにはいられず、涙が流れ続けました。

 

 ダルデンヌ兄弟は最新作『午後8時の訪問者』が公開中でぜひ劇場に足を運びたいと思っています。

 

  • 『ロルナの祈り』
    • 基本情報
    • あらすじ
  • 感想(ネタバレあり) 
    •  国籍を取得するための割り切った関係のはずだった。
    • ロルナの秘密と 偽装結婚のゆくえ
    •  ロルナの祈りは神に届くのか?
    •  まとめ
続きを読む

【おすすめロードムービー】私の好きなロードムービー15選+これからチェックしたい作品

f:id:sakuraho:20170408140045j:plain

 

先日『はじまりへの旅』を鑑賞し、しみじみとロードムービーっていいなって思いました。

 

旅って私たちの日常の中でも自分を解放したり見つめ直すきっかけになることがありますよね。

 

そこで今まで観たロードムービーで印象に残ったものをまとめてみました。

メジャー作品多め。これはロードムービーなの?と迷った作品もありますが、どれも私の大好きな作品ばかりです。 

 

名作と評判を聞くものの、まだ未見の作品も備忘もかねてピックアップしてみました。

気になる作品を見つけたら随時追加していく予定です。 

 

  • 私の好きなロードムービー15選
    • 『はじまりへの旅』
    • 『リトル・ミス・サンシャイン』
    • 『トランスアメリカ』
    • 『アリスの恋』
    • 『100歳の華麗なる冒険』
    •  『ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅』
    • 『ストレイト・ストーリー』
    • 『LIFE/ライフ』
    • 『わたしに会うまでの1600キロ』
    • 『イントゥ・ザ・ワイルド』
    • 『テルマ&ルイーズ』
    • 『地獄の逃避行』
    • 『パーフェクト・ワールド』
    •  『恐怖の報酬』
    • 『ザ・ロード』
  • これから観たいロードムービー

 

続きを読む

群馬県・四万温泉『積善館』~その④お風呂編~大正ロマンの薫り溢れる『元禄の湯』がすばらしい!!飲泉所もあり。体の内側から温まります。

 

f:id:sakuraho:20170410100040j:plain

 

四万温泉の旅レポの続きです。

前回は宿泊したお部屋についてご紹介しました。

 

 

次はお風呂編。

館内には複数のお風呂があり、温泉好きにはたまらない感じでした(*^-^)ニコ

 

雑誌やテレビでも幾度も紹介された経験も多く、「積善館」と言えばココ!と頭に思い浮かぶ大正ロマンあふれるお風呂が一番のお気に入りとなりました。

 

▼群馬県・四万温泉 積善館

 

  • 四万温泉の泉質と特徴
  •  お風呂は全部で5つ!
    • 元禄の湯
      • おまけの話
    • 杜の湯
    • 山荘の湯
    • 岩風呂
    • 貸切風呂 【積】と【善】
    •  まとめ

 

続きを読む

『LION ライオン 25年目のただいま』/グーグルアースがもたらした奇跡の再会。実話を元にしたウソみたいな本当のお話。【ネタバレあり】

 

ポスター画像

今日の映画は『LION ライオン 25年目のただいま』

公開初日、Tohoシネマズ新宿にて鑑賞。

 

第89回アカデミー賞に6部門にノミネートされました(作品賞、助演男優賞、助演女優賞、脚色賞、撮影賞、作曲賞)。

 

5歳でインドで迷子になった少年がオーストラリアに養子にもらわれていき、グーグルアースを使って自分の住んでいた家と家族を探し出す。

 そんなウソのような本当の話を元にした作品で、ものすごくいい映画だった。

 

何度も泣きのポイントがあり、ハンカチ出動することしばしば。心に刺さるシーンがいくつかあったのですが、一番深く深く突き刺さったのはタイトルの意味が明かされるところ。(※詳細は記事の下の方に記載しています。ネタバレしたくない方はご注意を。)

 

久しぶりに気持ちいいほどに泣いた。

いい映画を観て心から感動して泣ける、って何度経験しても素晴らしい。

 

ちなみに私の隣の隣に座っていた中年男性の泣きっぷりがハンパなかった。泣きのツボは私と同じらしくて私がグッとくると件の男性が盛大に鼻をすすり始める。終盤は号泣していた。あまりに激しく泣くので微笑ましい気持ちになった。

 

  • 『LION ライオン 25年目のただいま』
    • 基本情報
    •  あらすじ
  • 感想(ネタバレあり)
    • 1600キロ離れた町で迷子に
      • サニー・パワール
    • 新しい両親に愛されて
    • 奇跡の再会
    •  まとめ&気になったこと。

 

続きを読む

『ムーンライト』/月光に包まれた美しい夜。第89回アカデミー作品賞受賞作品。

ポスター画像

 

第89回アカデミー作品賞を受賞した作品。

 

受賞作品発表の際に『ラ・ラ・ランド』と間違って発表されてしまうという前代未聞のトラブルもまだ記憶に新しいところ。

 

▼『ラ・ラ・ランド』についてはこちら。

『ラ・ラ・ランド』/かつて見た美しい夢。アカデミー賞史上最多タイ14ノミネート!6部門受賞!

 

とても美しい作品だった。

孤独で純粋なたましいを持った少年が、大人になっていく物語。

心を切り裂かれ踏みにじられる哀しい出来事、そっと寄り添ってくれた大切な人、誰かを切実に愛したこと。

 

自分自身の人生の中にもかつて存在したかもしれない大切な「何か」に想いを馳せずにはいられなかった。あまりに美しい結末に涙がこぼれました。

 

続きを読む

『ペット・セメタリ―』/時には死の方がいい。スティーブン・キング原作のホラー。

 

 

今日の映画はスティーブン・キング原作のホラー『ペット・セメタリー』。

古い映画ですが高校生の頃テレビで観て、お気に入りの作品になりました。

 

怖いのに切なくて、家族が愛するがゆえに狂気に陥らざるを得なかった哀しみが胸に迫り、クライマックスでは泣いてしまったのです。

 

あれから何年経ったかはあえて言いませんが、まあだいぶ年月が流れました…。今回はそれ以来の鑑賞となりました。CS放送にて鑑賞。

 

スティーブン・キングは本作で脚本も手掛けています。

 

続きを読む