群馬/四万温泉 積善館

群馬県・四万温泉『積善館』~その④お風呂編~大正ロマンの薫り溢れる『元禄の湯』がすばらしい!!飲泉所もあり。体の内側から温まります。

更新日:

記事上アドセンス

f:id:sakuraho:20170410100040j:plain

四万温泉の旅レポの続きです。

前回は宿泊したお部屋についてご紹介しました。

次はお風呂編。

館内には複数のお風呂があり、温泉好きにはたまらない感じでした(*^-^)ニコ

雑誌やテレビでも幾度も紹介された経験も多く、「積善館」と言えばココ!と頭に思い浮かぶ大正ロマンあふれるお風呂が一番のお気に入りとなりました。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

『四万温泉・積善館』

四万温泉の泉質と特徴

ナトリウム・カルシウム塩化物硫酸塩温泉

浴用適応症:リウマチ性疾患、運動器障害、創傷、慢性疾患及び角化症、虚弱児童、女性器、慢性炎症、卵巣機能不全症、子宮発育不全症及び月経異常、更年期障害など

飲用適応症:慢性消化器疾患、慢性便秘、慢性肝胆道疾患、じんましん、肥満症など

引用:http://www.sekizenkan.co.jp/spa/

四万温泉は昔から湯治で知られた場所。人々は病を治すために荷物を背負い、山を越えてこの場所にやってきました。湯治場としての名残りが今もあちこちに残っています。

四万温泉の名前の由来は「四万の病を治してくれるお湯」というところから来ています。

特に胃腸の病に効果があるとされ「日本三大胃腸病の名湯」とされており、飲める温泉としても人気です。(詳細は下に記載があります。)

昭和29年には日本で最初の国民保養温泉に指定されました。

 お風呂は全部で5つ!

積善館全体ではお風呂は貸切風呂も含めて5つあります。

【館内案内図】

f:id:sakuraho:20170410091318p:plain

今回は泊まったお部屋にも露天風呂ありましたので6つ。

いつも温泉に行くと宿のすべてのお風呂を制覇する私ですが、今回はさすがに全部制覇は無理でした(^^;

それではお風呂のご紹介をば…。

元禄の湯

”本館”にある大正ロマンあふれるアンティークな作りのお風呂。建てられたのは昭和5年。

▼元禄湯のある建物は登録有形文化財です。(写真がぶれた~)

f:id:sakuraho:20170410092838j:plain

▼飲泉所あり。この温泉、飲んでもスゴいんです。(元ネタがわかる人はアラフォー以上…?)

f:id:sakuraho:20170410092902j:plain

四万温泉は飲泉できることでも知られており、温かいまま飲むと下痢に、冷やして飲むと便秘に効果があるとされています。元禄の湯の前には飲泉所があり、自由に飲むことができます。

町中にも飲泉所がちょいちょいあるんですよね~。観光客だけでなく地元の方も散歩中に足を止めておられました。

もちろん飲みましたよ~。

塩辛くて飲めないというほとではないですが、わりとしっかり塩味を感じられるお湯です。おなかの中がじんわりと温かくなるのを感じました。身体が内側から温まる感じ。

ただし、飲み過ぎは良くないですから注意!

効果、もちろんありましたよ~!

さてお風呂です。

f:id:sakuraho:20170410092923j:plain

▼元禄の湯

f:id:sakuraho:20170410102736j:plain

タイル張りの床、5つの湯船は石造り。大きなアーチ型の窓が特徴的。

もちろん源泉かけ流し。

貸し切り状態だったので急いで一枚撮らせていただきました。

「元禄の湯」は今のような観光としての温泉ではなく湯治場としての温泉の雰囲気を色濃く残しており、その名残として洗い場と脱衣所、洗面所はありません。

入口を入れば目の前がすぐお風呂。

入口脇の一段高い場所に棚とかごが置かれてあり、そこで着替えをします。

新しい宿のお風呂に比べれば古さはあります。しかしそれがとてもいい味となっています。

おまけの話

ここでちょっとおまけの話。

私が一人でお風呂に浸かっていたところ、もう一人お客さんが入ってきたのです。

私は入り口を向いて入っていたのですが、出ようと思って着替えて始めると、浴場内に誰もいないことに気づきました。

あの女性はどこに消えたのだろう・・・・?

入り口の方を見ていたのだから、先に出たのなら気づかないはずはない…。

もしかして…見てはならないものを見てしまった…?

背筋が冷たくなるような想いをしていたところ。

女性客が出てきました。

この扉から。

f:id:sakuraho:20170410093151j:plain

浴場の脇に小さな扉があるのです。小さなサウナっぽいやつ。

事前に宿の人に説明を聞いていたのにすっかり忘れていたのでした…。ほっと胸をなでおろした。私はそういうのは信じない方なのですが、それでも気味が悪かったです。

脇の小さな扉は小さな1人用のサウナだったのです。広くはないですがですが機能はばっちり。汗をたっぷりかけますよ。

私は完全に閉め切るのが怖くて、ちょこっとだけ扉を開けて入りました。(閉所恐怖症の人は厳しいと思います…。)

杜の湯

”佳松亭”にある大浴場。もちろん露天風呂あり。

f:id:sakuraho:20170410092713j:plain

f:id:sakuraho:20170410092721j:plain

※大浴場の写真は公式HPからお借りしました。

▼広々とした石造りの内風呂。洗い場も広めなので待つことはなかったです。

f:id:sakuraho:20170410092747j:plain

引用:http://www.sekizenkan.co.jp/spa/#bath-01

▼全面に大きなガラス窓で開放感は十分。

昼間なら緑が鮮やかに美しく、夜はしっとりとライトアップされます。

f:id:sakuraho:20170410092732j:plain

  引用:http://www.sekizenkan.co.jp/spa/#bath-01

▼岩露天風呂。木立の中にありみずみずしい緑がすぐそこに。

f:id:sakuraho:20170410092756j:plain

 引用:http://www.sekizenkan.co.jp/spa/#bath-01

内風呂、露天風呂ともに広いです。

3つの建物からなる部屋数の多めの宿なので、混雑してないか少し心配だったのですが

気になるほどではなくのびのびと。

自宅のお風呂と違って手足を思いっきり伸ばして、空を見上げながらの入浴。最高ですねヽ(=´▽`=)ノ

山荘の湯

”山荘”にある家族風呂です。

f:id:sakuraho:20170410092810j:plain

  引用:http://www.sekizenkan.co.jp/spa/#bath-01

特に予約は必要なく空いていれば入れます。

内側から鍵がかかりますので、家族やカップルだけでゆっくりお風呂を楽しみたいときにぴったり。2か所あります。

我々は元禄の湯、部屋風呂をそれぞれ複数回リピート、さらには杜の湯を存分に堪能したので今回は入らず。

岩風呂

”本館”にある混浴の岩風呂。時間を区切らずにずっと混浴でした。今回は回避。

貸切風呂 【積】と【善】

”佳松亭”にある解放的な大きな窓がある石造りの半露天風呂。

こちらは予約制になりますのでフロントにて手続きを。こちらも今回は回避。

スポンサーリンク

PC記事下アドセンス

積善館のお風呂まとめ

5つ(部屋の風呂を含めて6つ)はとても入りごたえがあって嬉しい。次はどれに入ろうかとうんうん頭を悩ませてしまった(笑)。

私のお気に入りは「元禄の湯」

積善館のシンボルとも言えるこのお風呂は入り心地が最高で、何度もリピート入浴。夜の中に浮かび上がるような外観も素敵です。湯上りの散歩がてら、ぜひ外から景色を眺めてみてください。

▼「元禄の湯」のある本館外観。

f:id:sakuraho:20170410171834j:plain

「元禄の湯」は露天風呂ではないですが広さがあり、天井も高く窓が大きいので開放感があります。

夜のしっとりした雰囲気も素敵でしたが、アーチ形の大きな窓から差し込む朝の光に包まれながらの早朝風呂は「ここに来てよかった!」と心から思わせてくれ、眠気を一気に吹き飛ばしよい目覚ましになりました。

早朝入浴前に積善館の外観写真を撮りました。朝食前の早い時間帯なら人が少ないので建物だけで写真が撮れますので、お忘れなく!

『元禄の湯』は朝と夜、両方の時間帯に入るのが絶賛オススメです!!

↓ネット限定プラン、タイムセールなど、お得なプランもあります。

【JTB】旅館・ホテルを探すなら、安心・お得なJTBへ!

さて、次は楽しみな夕食編です(o^∇^o)ノ

群馬県・四万温泉『積善館』~その⑤夕食編~季節の素材を使った四季替わり会席で海の幸、山の幸、川の幸をいただく。 

旅のお得情報

↓お得な旅情報についてご紹介しています↓

関連記事

PC記事下アドセンス

PC記事下アドセンス

関連コンテンツ

-群馬/四万温泉 積善館

Copyright© すきなものたち。 , 2017 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.