現在、メンテナンス中のため表示が崩れています。

【あんこうの宿 まるみつ旅館】①建物編*本格的なあんこう料理を食べたいならココ!|北茨城・平潟港温泉

夫のアイコン画像

本格的なあんこう料理を食べたい!

あかりのアイコン画像あかり

という夫のリクエストで、北茨城市平潟港温泉にある「あんこうの宿まるみつ旅館」に泊まってきました!

馴染みの少ないあんこう料理をおいしく食べられる宿はどこだろう?リサーチ魔のワタシがリサーチしまくった結果、決めたのが「まるみつ旅館」さんでした。

「まるみつ」さんは料理・温泉ともに充実しており、口コミ評価も高くメディアで取り上げられることもしばしば。芸能人も訪れることがあるらしい…。とのこと。

部屋に専用露天風呂がないのが難点ではありましたが、大浴場・貸切風呂あわせて7種類のお風呂が楽しめるのは魅力でした。結論として、

あかりのアイコン画像あかり

貸切風呂含めてお風呂は全部制覇、あんこう鍋も堪能して大満足の旅となりました。

6回にわけてたくさんの写真と一緒に宿泊レポを紹介します!

まるみつ旅館の宿泊レポ

▼「あんこうの宿まるみつ」の詳細と口コミ・宿泊予約はこちらから

↓Go To トラベルキャンペーン開催中↓

Go To トラベルキャンペーンをチェック⇨

目次

『あんこうの宿まるみつ旅館』はあんこうづくしの宿

あんこうの宿まるみつ旅館は、その名の通り「あんこうづくし料理が食べられる」として雑誌やテレビなどメディアでも取り上げられることの多い人気宿。

福島県との県境にほど近い茨城県北茨城市にあります。茨城県は筑波山に行ったことがあるくらい。当然ながら北茨城市は今回が初訪問。

東京から行くとけっこう遠いです。特急が停まらないので、水戸から各駅停車に乗り換えが必要になります。

『あんこうの宿まるみつ旅館』の所在地とマップ

〒319-1701 茨城県北茨城市平潟町235

『あんこうの宿まるみつ旅館』の最寄駅とアクセス

あんこうの宿まるみつ大津港駅01
趣きのある大津港駅の駅舎

タクシーで5分ほど。駅から送迎あり(事前予約必要)。

あかりのアイコン画像あかり

常磐線ってこんな遠くまで続いているのか、と驚きました。

勿来は「なこそ」と読みます。公式サイトでは最寄駅は「勿来」と書かれていますが、東京から行く場合は大津港駅の方が近いかと思います。

勿来駅・大津港駅には特急が停まらないので、水戸まで特急で行き、水戸から先は在来線の各駅停車を利用します。各駅停車に1時間以上揺られることになりますが、車窓から見える景色を眺めているとあっという間でした。

たどりついた「大津港駅」は趣のある外観をしています。思わず記念に一枚パチリ。

大津港駅の外観について

写真は大津駅の外観です。近くの五浦(いづら)海岸にある六角堂をモチーフにしたもの。六角堂は岡倉天心設計。2011年の東日本大震災で津波の被害を受けましたが、2012年に再建されました。

アクセスの詳細は公式サイトにてご確認ください。

あんこうを食べるなら『あんこうの宿まるみつ旅館』

あんこうの宿まるみつ旅館 建物外観

タクシーに乗って5分ほどでまるみつに到着です。

▼玄関の脇にある小さな祠。祀られているのはあんこうのようですね。さすがあんこうの宿!

あんこうの宿まるみつ旅館 玄関脇にある小さな祠

そうそう、駐車場には小さなお稲荷さんがあります。しっかりご挨拶をさせていただきました。

▼ちなみに『まるみつ旅館』の目の前には『あんこう研究所』があります。(「あんこうバーガー」が気になる…。)

あんこうの宿まるみつ旅館の目の前にあるあんこう研究所の建物

▼玄関を入るとすぐ、ロビー左手に水槽があります。残念ながらあんこうはいませんでした(笑)

あんこうの宿まるみつ旅館 ロビーの水槽には熱帯魚が泳いでいる

こちらがフロント。チェックイン時は数組重なり、やや混雑していました。フロントに隣接するラウンジにて少しのあいだ順番待ちが発生しました。

あんこうの宿まるみつ旅館のフロント

鍋ワングランプリ優勝の宿

あんこうの宿まるみつ旅館 鍋ワングランプリで優勝

「鍋-1グランプリ」というイベントがあるんですね。まるみつさんの名物料理「あんこうのどぶ汁」は見事グランプリを獲得したそうです。

フリードリンクが楽しめるラウンジ「縁(えにし)」

ロビーに隣接して、ラウンジ「縁(えにし)」があります。

あんこうの宿まるみつ旅館 ラウンジ縁

コーヒー、紅茶などフリードリンクをいただくことができます。チェックイン時のウェルカムドリンクはありませんが、チェックイン手続きを待っている間にコーヒーをいただきました。

あんこうの宿まるみつ旅館 ラウンジ「縁」の豊富なフリードリンク

こちらがラウンジ「縁」。暖炉があり、座り心地のいいソファーやテーブルが並びます。インテリアや小物類は北欧風で統一されています。

あんこうの宿まるみつ旅館 ラウンジ縁

12月だったのであちこちクリスマスモード。

あんこうの宿まるみつ旅館のラウンジ縁におかれたサンタクロース

暖炉には火が入っていました。

あんこうの宿まるみつ旅館 ラウンジ縁の暖炉には火がともされている

ラウンジにはメッセージを書き残すことができるノートや雑誌などもあり、Wifiも利用できるのでまったり過ごすのにぴったり。

私はお風呂上りに冷たい水をいただいたり、食後のコーヒーをいただいたりと何度も利用させてもらいました。

▼私のお気に入りのロッキングチェア 火にあたりながら揺れてると寝そうになりましたよ。

あんこうの宿まるみつ旅館 ラウンジ縁の揺れるチェア

売店『あんこう横丁』で珍味を発見

ロビーには土産物屋「あんこう横丁」があり、茨城の名産やあんこうを使った珍味、アメテニティ―類を購入することができます。

あんこうの宿まるみつ旅館 あんこう横丁(売店)

▼気になったのは「あん肝ラーメン」。濃厚そうなスープに惹かれて買っちゃいました。

あんこうの宿まるみつ旅館 あん肝ラーメン

▼東京の一般的なスーパーでは見かけることのない、あんこうを使った商品が並んでいました。

あんこうの宿まるみつ旅館の売店で売られているあんこうの干物

▼あんこうの置物がずらり。

あんこうの宿まるみつ旅館 ばいてんで売られているあんこうの置物
あんこうの宿まるみつ旅館の売店で売られているあんこうの置物

浴衣レンタルサービスあり

あんこうの宿まるみつ旅館の色浴衣のレンタルサービス

女性向けにカラフルな色浴衣の貸し出しサービスがあります。私は今回は利用せず、部屋にあるオーソドックスな浴衣を使いました。

要チェック!自動販売機の商品が手書き!

まるみつさんに泊まったらぜひチェックしてほしいのが自動販売機。ぱっと見た感じでは普通に見えますが、近くに寄って見てみると…。

あんこうの宿まるみつ旅館の手書きの自動販売機

なーんと、手書きなんです!なぜ手が気なのか、理由はわかりませんが、どれもそっくり再現されていますよ。

▼色鉛筆の優しいタッチで描かれた「なっちゃん」。

あんこうの宿まるみつ旅館の自動販売機は手書きでかわいい

『あんこうの宿まるみつ旅館』の館内

とにかくあんこうが多い

まるみつ旅館の館内はとにかくあんこうが多い。ロビー、廊下、階段の踊り場など、あちこちにあんこうの姿を見ることができます。

中には本物のあんこうの骨格標本も…。なかなかグロテスクです…。

あんこうの宿まるみつ旅館 あんこうの焼き物
あんこうの宿まるみつ旅館に飾られたあんこうの骨

著名人も多数訪れた人気宿

ロビーから客室に向かう途中の廊下には有名人のサイン色紙がずらり。かなり人気宿であることがわかりますね!

あんこうの宿まるみつ旅館の廊下に飾られた著名人のサイン色紙

▼元メジャーリーガー、大魔神こと佐々木主浩氏も訪れたことがあるようです。

あんこうの宿まるみつ旅館を訪れた佐々木主浩氏のサイン色紙

さてと部屋に向かいます。

『あんこうの宿まるみつ旅館』の感想・まとめ

あんこう尽くしの宿、というだけだあって、あちこちにあんこう、あんこう、あんこう!本物の標本、写真、置物、オブジェ。さまざまなあんこうの姿を見ることができます。

東京からはやや遠いですが、本場でしか食べられないあんこう料理に興味があるならぜひ、まるみつさんへ。

『あんこうの宿まるみつ旅館』が予約できる宿泊予約サイト

あんこうの宿まるみつ旅館の口コミの確認、予約はこちらからできます。

旅費を節約するためのクーポン・キャンペーン情報

あかりのアイコン画像あかり

おトクな旅のクーポン・キャンペーン情報をまとめています

この記事を書いた人

目次
閉じる