おトクな旅のクーポン・セール情報をチェック 詳しく

【東府や】②大浴場編*雰囲気の異なるお風呂を巡って温泉を堪能|伊豆・吉奈温泉

本レポは訪問時のものです。現在は変更になっている可能性があります。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

あかりのアイコン画像あかり

ずっと再訪したいと思っていた東府や Resort&Spa Izuに1人で泊まってきました!

以前は夫と2人で泊まりましたが今回は1人。東府やは女性の1人客にも人気なので泊まりやすかったです。

前回は東府やの建物と宿泊した部屋について紹介しました。

今回は大浴場と貸切風呂を紹介します。雰囲気の異なる複数のお風呂を楽しめます!

東府やの宿泊レポ

\8/31までの期間限定/

⇨最大5%オフキャンペーンをチェック

目次

湯めぐりを楽しもう!東府やの大浴場と貸切風呂を紹介

あかりのアイコン画像あかり

東府やはお風呂がとても充実していて全部で6つあります!

  • 「河鹿の湯」(男女入替制)
  • 「行基の湯」(男女入替制)
  • 「滝の湯」(女性用・入替なし)
  • 「せせらぎの湯」(男性用・入替なし)
  • 「伴の湯」(貸切露天)
  • 「子宝の湯」(貸切露天)

利用時間は下記の通り。11時のチェックイン後も入れるみたいですね。

「河鹿の湯」「行基の湯」「滝の湯」「せせらぎの湯」

15:00〜25:00
5:00〜12:00

「伴の湯」「子宝の湯」

15:00〜24:00
6:00〜11:00

前回宿泊したときはスパに時間がかかって「河鹿の湯」と「行基の湯」だけしか入れなかったのです。今回は貸切風呂と「滝の湯」にも入れました!

すべてのお風呂にバスタオル・タオルが用意されているので部屋から持って行く必要はなく、何度も気軽に利用できます。

河鹿の湯

チェックイン後、まずは河鹿の湯へ。東府やは敷地が広いのでお風呂への移動はそれなりに距離があります。

▽大浴場「河鹿の湯」への行き来に通った回廊です。ここを抜けた先は少し外を歩くので雨が降っていたら傘が必要になります。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

こちらが河鹿の湯。

吉奈温泉_東府や

脱衣所。しばらくして女性のグループ客が来ましたが、一番乗り&独占で利用できました。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

バスタオルとタオルは脱衣所に用意されており常に補充されていたので使いたい放題。毎回新しいタオルが使えるっていいですよね。すぐに干したとしても何回もお風呂に入ると間に合いませんもんね。シャワーキャップ、ヘアゴム、ブラシ等のアメニティ類、ドライヤーあり。基礎コスメは部屋と同じ松山油脂。男性はPOLAのGACHI。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

洗い場とバスアメニティ。バスアメは東府やオリジナルとミキモトの2種類。松山油脂の洗顔フォーム、男性はPOLAでした。足りないものはひとつもなし!笑

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

河鹿の湯は屋根のある半露天ですがここで体を洗うのは冬は寒いかも。暖かい季節なら大丈夫。

▽浴槽はこんな感じ。

あかりのアイコン画像あかり

広くて伸び伸びと入れます!!

他のお客さんと一緒になったとしても気にならない十分な広さ!向かいには吉奈川が流れており、水の流れる音が聞こえてきます。

吉奈温泉_東府や

ステップがあるので腰掛けて半身浴が楽しめます。湯の温度も熱すぎずいつまでも入っていられそうでした。源泉かけ流しでお湯が注がれ続けていました。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

夜になるとライトアップされて竹林が浮かび上がります。

吉奈温泉_東府や

行基の湯

翌朝、男女が入れ替わった行基の湯へ。移動距離が結構あります。下記の写真のような建物の外にある階段を昇り降りする必要があるので雨の日は注意が必要。滑りやすいです。

温泉の名前になっている「行基」といえば、全国のあちこちで温泉を発見しまくった伝説のお坊さん。吉奈温泉も行基によって発見されたという伝説があります。(いくらなんでもあちこち発見しすぎじゃないか?と思います・笑)

吉奈温泉_東府や

のれんに描かれた藤の花が美しいですね。

吉奈温泉_東府や

▽脱衣所。行基の湯もタオル類、アメニティ類、冷たい水等、必要なものはすべてそろっています。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

行基の湯は屋根がない露天風呂です。洗い場はありますが、完全に屋外なので冬は耐えられなさそう。洗い場の背後にはこんもりした丘があり、外の温泉に入ってる!という開放感ありまくりです。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

▽広々とした岩露天!早朝のさわやかな空の下で温泉を堪能!

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

屋根のない行基の湯、見上げれば頭上には真っ青な空が広がっていました。

吉奈温泉_東府や

開放感はすばらしいのですが雨が降ると濡れてしまいます。少しの雨ならOKですが、悪天候の場合には利用できなくなる可能性もあるらしいです。確かに嵐の日に入るのは無理ですねぇ。

▽資料館があったので立ち寄りました。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

滝の湯

続いては滝の湯。滝の湯は内湯で男女入換はありません。男性には「せせらぎの湯」という内風呂があります。

吉奈温泉_東府や

ところどころちょっとレトロなアール・デコっぽい雰囲気の装飾がありました。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

▽脱衣所。滝の湯にも必要なものはすべてそろっています。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

▽洗い場とバスアメニティ。東府やオリジナル商品とミキモトなど。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

▽湯船。内風呂ですが窓が大きいので圧迫感はありません。時間帯によって雰囲気が変わります。夕暮れ時には外の景色に少し青みがかっていて私の好みの雰囲気でした。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

貸切風呂

東府やには「子宝の湯」「伴の湯」の2つの貸切風呂があります。利用時間は以下の通り。

15:00〜24:00/6:00〜11:00
50分間/フロントにて予約

私は「伴の湯」を翌朝早めの時間帯に予約。「伴の湯」は「河鹿の湯」の隣にあります。

吉奈温泉_東府や

タオル・バスタオル・基礎コスメ、バスアメニティ、冷たいお水、すべてそろっています。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

▽「伴の湯」は石造りの浴槽で雰囲気は河鹿の湯に似ています。場所も隣なので川に面しているのも同じ。もう一つの露天風呂、子宝の湯は岩露天だそうです。

吉奈温泉_東府や

吉奈川のせせらぎに耳を傾けながら早朝の湯浴みを楽しみました。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

▽今回入らなかった貸切風呂「子宝の湯」。河鹿の湯に行く途中にありました。こっちは岩露天とのこと。次に再訪したときは「子宝の湯」に入ってみようと思います。

吉奈温泉_東府や
吉奈温泉_東府や

東府やは複数の大浴場に加えて貸切風呂まであって、温泉もたっぷり堪能できます。それぞれ趣が異なり、広さもあるのでゆったりした気分で利用できました。タオル類が大浴場に用意されているのも身軽で便利でした。

東府やは露天風呂付きの部屋も多いせいもあり大浴場はいつ行ってもそれほど混みません。ただ、客室からお風呂への移動距離が割とあって階段の昇り降りがあるので足腰に不安のある方は注意してくださいね。

あかりのアイコン画像あかり

次は食事処「水音」でいただく夕食を紹介します。

東府や Resort&Spa Izuの宿泊予約

東府や Resort&Spa Izuの宿泊予約はこちらの予約サイトからできます。

⇨旅の割引クーポン・セール情報はこちら

おトクに旅行を楽しむためのクーポン・キャンペーン情報

あかりのアイコン画像あかり

おトクな旅のクーポン・キャンペーン情報をまとめています

この記事を書いた人

旅と温泉と映画が大好きな東京都在住の主婦。

「すきなものたち。」は私の日々を彩る「すきなもの・こと」についてつづっています。

⇨くわしいプロフィールはこちら

目次
閉じる