すきなものたち。

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

すきなものたち。

好きなもの、好きなこと、日々の出来事について語っています。

群馬県・四万温泉『積善館』~その⑦散策編~昭和レトロな温泉街を散策。ダムマニアに人気の四万川ダムとコバルトブルーの奥四万湖にも足を伸ばしました!

【スポンサーリンク】

f:id:sakuraho:20170418132003j:plain

 

夫婦二人で行く四万温泉の旅レポは今回が最後になります。

 

▼前回までは温泉宿のご紹介でした。

 

群馬県・四万温泉『積善館』~その⑥朝食編~優しい味の和のおかずをたくさんいただきました!

 

今回は観光のお話。

四万温泉街と近くの観光スポットをふらふらと散策しました。

 

 

実はふらふらどころじゃなくてちょっとした冒険になってしまいましたが、見ごたえのある景色を見ることができました。

 

四万川ダムと奥四万湖 

 

今回見たかったのは四万川ダムとダム湖である奥四万湖です。

 

四万川ダムはヨーロッパの城壁を思わせる重厚な雰囲気を持つダムで、ダムマニアが全国から見学に来るそうです。

 

そしてダム湖である奥四万湖

 

▼なんとこんなにコバルトブルーになるんですよ!!

 

f:id:sakuraho:20170418120237j:plain

出典:http://j-town.net/gunma/column/gotochicolumn/208238.html?p=all

 

なぜこんなに青くなるのかと言いますと。

 

奥四万湖の表面が深い青色に見えるのは、ダムに注ぐ四万川に湯の泉が混入して、アロフェンなどの懸濁微粒子を含むことにより、青の光が散乱・反射するためだ。

引用:息をのむほどにコバルトブルー! 同じ日本とは思えない群馬の絶景「奥四万湖」(全文表示) - コラム - Jタウンネット 群馬県

 

地図を見たら歩いてもいけそうな感じ。(と思ったのです、この時は…(笑))

 

ぜひ行ってみたい!!というこうことで頑張って歩きました!

私たちは車を運転できないので、公共交通機関か歩きなんです。

 

と、いうわけで。

 

温泉街を貫く美しい四万川をほとりを歩いていきました。

マイナスイオンに包まれて、自然のパワーをとりこみながら。

 

f:id:sakuraho:20170418132039j:plain

 

 f:id:sakuraho:20170418114732j:plain

 

f:id:sakuraho:20170418114526j:plain

 

小泉の滝

 

f:id:sakuraho:20170418120936j:plain

  

奥の方にあるのが見えるでしょうか?

落差6メートルの滝ですが、水量が多いのでなかなか見ごたえあります。

 

私は道路沿いから見ましたが、もっと近寄るとさらに迫力がありそうです。

このあたりは「楓仙峡」と呼ばれているそうです。

 

まだまだ歩きます(笑)

 

四万川ダム

 

四万川ダムに到着~。

 

どどーん!!

 

f:id:sakuraho:20170418114546j:plain

 

オオーw(*゚o゚*)w かなり大きいです!!

 

下から見上げると、こんな感じ。

 

f:id:sakuraho:20170418114553j:plain

 

まさにヨーロッパの城壁のよう。

異世界に紛れ込んでしまったような不思議な感覚がありました。

 

ここまで歩いてくる観光客は少ないですが、何人かいました。みなさん、ダムを見て歓声をあげてましたね。

 

本当にすごいんですよ!

 

日向見公園という公園が整備されており四阿やベンチもありますので、のんびりダムを見上げるのもいいのかも。

 

あ、このダム、『進撃の巨人』に出てくる壁を思い出しました。

あの向こうから巨人が顔を出したら…。想像すると怖いですね。食われるのはイヤだ。

 

 ▼漫画はあまり読みませんが、グロテスクで好きです。

by カエレバ

 

さて、いよいよ奥四万湖を目指しますよ~。

 

再び歩き始めます。

 

てくてくてくてく。てくてくてくてく

 

さっきのダムから15~20分くらいを想定していました。

が、20分どころじゃなかった(笑)

 

 

どんどん山深くなっていき、人気はどんどんなくなっていく。

 

歩いている人はトランクス1枚で歩く地元のおじさん(裸族?)を見かけただけ。

車はたまに通ります。

 

あのカーブの先かな、あのトンネルの先かな。

もう引き返そうか、もうちょっとだけ行こうか。

 

てくてくてくてく。てくてくてくてく。

 

歩き続けて30分は経ったでしょうか。

 

ようやく四万川ダムの上部分が見えてきました。

 

f:id:sakuraho:20170418114609j:plain

 

木立の間から覗いたダムの姿は、美しかった。

遠かったけれど、この景色が見られたからいいかな、って思いました。

 

ようやく、ダムの上に到着~。疲れました(;^_^A アセアセ・・・

  

f:id:sakuraho:20170418114634j:plain

 

上から下を覗くとこんな感じ。

下に見えるのはさっきの公園です。ずいぶん高いところまで来たもんだ。(しみじみ)

 

f:id:sakuraho:20170418114647j:plain

 

さて、コバルトブルーの奥四万湖はこの反対側にあります~。

 

このために歩いてきたのです!!

 

 

と…。

 

 

あ、あれ…?

 

奥四万湖

 ↓

f:id:sakuraho:20170418114617j:plain

 

緑!!

 

どう見ても緑!!

 

∑( ̄ロ ̄|||)なんと!?

 

 

…どうやら天候や光の具合で見え方が異なるらしいです。

この日は雨が降り出しそうなどんよりとした曇りだったので光があまり反射してなかったのかもしれません。

 

残念…。

 

温泉街から歩いていくのはかなり遠いです。

片道で40分くらいかかりました。

 

歩いていくのは日向見公園までにしておいた方がいいのかも。ダム湖までは車で行くのをオススメします。

 

 

【スポンサーリンク】
 

四万温泉街を歩く

 

四万温泉街は昭和レトロな雰囲気溢れていました。

 

f:id:sakuraho:20170418114315j:plain

 

ぱっと見、さびれてくたびれた感じがしますよね。

写真は人がいない瞬間を見計らって撮影したので、余計に寂れて見えるのですが、観光客で大いに賑わっていました。

 

それが不思議な感じなんですよ。

見た目は寂れているのに活気がある、という”いい”違和感があって。

先ほどのダムとはまた違った意味で、異世界に紛れ込んだような不思議な感じがしました。

 

地方に行けば寂れて廃墟みたいになった温泉街もありますが、ここはそうじゃない。

風変わりで素敵な場所だなぁと思いました。

そう思うのは私と夫が昭和の生まれだからかもしれませんね(笑)

 

f:id:sakuraho:20170418114343j:plain

 

昔ながらのタバコ屋さん。

 

f:id:sakuraho:20170418114305j:plain

  

温泉街のあちこちで年季の入った看板を見かけます。

 

f:id:sakuraho:20170418114357j:plain

 

f:id:sakuraho:20170418114404j:plain

 

 

スマートボール 柳屋

 

四万温泉の名物スポットらしいですよ。

 

f:id:sakuraho:20170418114421j:plain

 

テレビや雑誌でもおなじみの柳屋さん。

 

f:id:sakuraho:20170418114446j:plain

 

これがスマートボールです。

 

f:id:sakuraho:20170418114428j:plain

 

昭和生まれだけれど、私もやったことも聞いたこともないよ(汗) 

調べてみると昭和30年ごろに流行っていたらしい。

 

やり方はオーナーさんが教えてくれるみたいです。大人も子供も珍しそうに楽しんでいました。

 

まるみや物産店

 

四万温泉のお土産物屋です。

 

 

f:id:sakuraho:20170418114142j:plain

 

洋服やお土産、お菓子など幅広い商品を扱っている、地方に行くとよく見かける雰囲気のお店。(私の地元にも似たようなお店がある)

 

と、思いきや…。

 

 

お店のショーウィンドウがこんな感じ。

f:id:sakuraho:20170418114151j:plain

 

 なんだ?このおじいちゃん?!

 

と思ったのですが、近寄って説明書きを読んでみると芸術作品とのことでした。

テレビ番組でも取り上げられたことがあるらしいです。

 

このおじいさん像は、3年前に芸術祭で展示を依頼された
彫刻作品。この像を見て亡くなったご主人が
帰ってきたように感じた女将さんが芸術祭後に買い取り、
お店の守り神として大切に飾っているという。

引用:テレビ朝日|ナニコレ珍百景

 

温泉街に突如として現れた仙人は、お店の守り神だそうです。

 

高野稲荷神社

 

f:id:sakuraho:20170418114050j:plain

 

小さなお稲荷さんにご挨拶。

 

塩之湯飲泉所

 

f:id:sakuraho:20170418114058j:plain

 

少し塩気のある温泉が飲めます。

 

「積善館」の敷地内にもありましたし、温泉街のなかにいくつかありました。

 四万温泉は足湯や外湯も充実しているし、日帰り温泉ができる宿もあり、オススメです。

 

おきなや

 

四万温泉にはいくつか人気のカフェがあります。 

どこに行こうか悩んで、選んだのが「おきなや」

 

「あんこコーヒー」なる珍しい飲み物が名物とのこと。

 

ぜひ飲んでみたい(*^-^)ニコ

 

f:id:sakuraho:20170418113908j:plain

 

店先に足湯があります。

 

f:id:sakuraho:20170418113922j:plain

 

落ち着いた店内。お土産物も売られてます。

 

f:id:sakuraho:20170418113915j:plain

 

  ルービンリキ? いいえ、キリンビールです。

 

f:id:sakuraho:20170418114021j:plain

 

あんこコーヒー、注文しました( ^-^)_旦""

 

f:id:sakuraho:20170418114015j:plain

 

飲んでみた。

 

・・・・。

 

コーヒーの中にあんこが入っています。

 

うん、なるほど、なるほどね。

 

想像してたのと違ってたけど、たしかにあんこコーヒーでした(笑)

 

あ、コーヒーにあんこが入ってる、みたいな。

 

もう少しあんことコーヒーをがっちり融合させて新たな味を生み出しているのかと思ってたのです。少々期待値をあげすぎました。

 

初めての組み合わせなので新鮮な気持ちでいただきました。

これはこれで十分アリです。

 

 ☆香茶房・おきなやの地図・アクセス☆

 

 

その他の四万温泉人気のカフェです。 

☆四万温泉 柏屋カフェ 地図・アクセス☆

 

以上、四万温泉の旅レポでした。