現在、メンテナンス中のため表示が崩れています。

【オーベルジュ・ミヨー】③夕食編*たった一人のための極上フレンチディナー|伊豆高原温泉

あかりのアイコン画像あかり

伊豆高原にある1日1組限定の宿「オーベルジュ・ミヨー」の宿泊レポ3回目です。

宿泊したのは私=アラフォー女性1名です。

前回はオーベルジュ・ミヨーのお部屋について紹介しました。

70㎡のワンフロアが貸切で使えるという贅沢を心行くまで味わうことができますよ。

さて、今回は夕食の紹介です。

オーベルジュ・ミヨーの宿泊レポ

あかりのアイコン画像あかり

オーベルジュは宿泊施設付きのレストランのことで発祥はフランスです。美味しいごはんが食べられるところが大きな魅力のひとつ。

オーベルジュ・ミヨーではフランスの5つ星ホテルで修行を積んで、帰国後、高級ホテルの料理人をつとめた経歴を持つシェフの絶品フレンチディナーを楽しむことができます。

ただ、私の写真撮影の技術が足りず、全体的にピンク色がかった写真になっています。細やかな色合いまで紹介することができず申し訳ありません。

あかりのアイコン画像あかり

私の撮影スキルの問題にあっただけで、本物のお料理はもっと色鮮やかで、写真よりもずっと綺麗です!!

オーベルジュ・ミヨーの詳細・口コミはこちら

↓あわせてチェック↓

⇨【最新版】一休.comで使えるクーポン・キャンペーン・割引情報のまとめ

目次

オーベルジュ・ミヨー 貸切レストランでいただくフレンチディナー

オーベルジュ・ミヨーは1日1組限定の宿。当然ですがレストランも貸切です。

あかりのアイコン画像あかり

今回はひとり旅なので、レストランのお客は私だけ!

夕食時間は18:00にお願いしました。ドレスコードはありません。

18:00にレストランに降りていくと、女将が笑顔で迎えてくれ、席に案内してくださいました。

オーベルジュミヨーの夕食を食べるレストラン

暖かかったので暖炉に火は入っていませんでしたが、レストランは明るい灯りに包まれていました。クリスマスが近いせいか、観葉植物にちょっとだけイルミネーションが施されていました。

少し素朴な感じがする、かわいらしい雰囲気のレストランです。

オーベルジュミヨーのレストランのテーブル

▼クリスマスらしい、サンタとトナカイの置物

オーベルジュミヨー レストランに飾られたクリスマスのオブジェ

▼小さな花とランプが飾られたテーブル

オーベルジュミヨーの夕食 テーブルセッティング
オーベルジュミヨーの夕食 テーブルセッティング

▼名前入りの御品書き

オーベルジュミヨーの夕食 メニューリスト

オーベルジュ・ミヨーさんはワインメニューが充実しているのですが、私は限りなく下戸…。というわけで、ソフトドリンクをオーダー。りんごジュースです。(いつものことですが、やはりお酒が飲めればなぁと思います…)

オーベルジュミヨーのドリンク りんごジュース

オードブル盛り合わせ

まずは1品目。オードブルの盛合わせです。女将が1品ずつ料理の説明をしてくれている間、美しい盛り付けにうっとり見とれてしまいました。

▼もんごういかとえび、エシャロットときのこのガーリックソテー

オーベルジュミヨーの夕食 オードブルの盛合わせ もんごういかときのこのガーリックソテー

にんにく風味たっぷりで、いい感じの塩味です。

▼ピクルスとポテトサラダ

オーベルジュミヨーの夕食 オードブルの盛合わせ 大根とにんじんのピクルス

にんじんとだいこんのピクルスをシャルロット風に盛り付け、真ん中にフランス風のポテトサラダを入れた一品。

写真の移りが不鮮明なのでわかりづらいのですが、上に乗っているのはミニトマトで作ったバラの花

細かい細工で見た目は完全に小さなバラの花にしか見えないのですが、食べてみると確かにトマトの味がします。すごい!

オーベルジュミヨーの夕食 オードブルの盛合わせ 真鯛とアシタバのフリット

▼右から、

  • アシタバとマダイのフリット ソースはトマトソース
  • 生ハムで野菜を巻いたもの
  • マッシュポテトとピクルス

料理の繊細さが伝わらない写真になってしまいましたが、どのお料理もおいしい。

あかりのアイコン画像あかり

最初のオードブルがおいしいと、おのずとこの後に続くメイン料理への期待が高まります!

スープ

4種類の野菜のポタージュ シナモンの香り

オーベルジュミヨーの夕食のスープ

ほんのりとシナモンが香るスープ。4種類の野菜が何かはわかりませんでしたが、かぼちゃは入ってそう。甘くておいしいです。スープの上にふんわりクリームが乗せられています。

お魚料理

オーベルジュミヨーの夕食 本日の魚料理「真鯛の香草バター焼き」

本日のお魚料理です。

▼真鯛の香草バター焼き

オーベルジュミヨーの夕食 本日の魚料理 真鯛に香草バター焼き

▼エビとホタテのソテー

オーベルジュミヨーの夕食 本日の魚料理 海老と帆立のソテー

▼サフランライス

オーベルジュミヨーの夕食 本日の魚料理 サフランライス

ソースは伊勢海老のソースだとか。魚介のお出汁の味がしっかり感じられる濃厚ソース。美味しい!

▼自家製パンとバター。ライ麦のパンです。これがまた美味しいんです。先ほどの伊勢海老ソースをつけて食べても合いますよ。

本日のパン ライ麦のパン

▼ソフトドリンク2杯目はグレープフルーツジュース。お水は天城のおいしいお水だそう。

オーベルジュミヨーのドリンク グレープフルーツジュース
オーベルジュミヨー 天城のおいしい水

お口直しのグラニテ

オーベルジュミヨーの夕食 お口直しのグラニテ

自家製梅酒のグラニテ。口がさっぱりしますね。

お肉料理

さ、メインのお肉料理の登場です。

お肉は予約時に以下の中から選ぶことができました。

  1. 鴨のモモのコンフィ ポテト料理添え
  2. 静岡県産美味鶏の赤ワイン煮込み
  3. 静岡県産美味鶏の香草焼き 季節の野菜添え
  4. 静岡県産ポークのロースのグリエ サンフルーツジャム添え
  5. 和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み(鹿児島県産黒毛和牛A5ランク)

鶏肉と悩みましたが、最終的に私が選んだのは和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み(鹿児島県産黒毛和牛A5ランク)

オーベルジュミヨーの夕食メインの肉料理 和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み(鹿児島県産黒毛和牛A5ランク)

しっかり煮込まれて、見るからに柔らかそうな、つややかなお肉。お皿の深いブルーとゴールドが美しいです。

オーベルジュミヨーの夕食メインの肉料理 和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み(鹿児島県産黒毛和牛A5ランク)

▼ナイフですーっと切れてしまう柔らかいお肉、口のなかに入れるとそれだけでホロホロと溶けていくようでした。

オーベルジュミヨーの夕食メインの肉料理 和牛ほほ肉の赤ワイン煮込み(鹿児島県産黒毛和牛A5ランク)

▼パンのおかわり。先ほどとは異なる種類のパン。もちもちした生地がたまらなく美味しい。

オーベルジュミヨーの夕食 本日のパン(フォカッチャ)

パンを2つ食べると、やはりかなりボリュームがあります。ここまでですっかりおなかいっぱいだったのですが、スーツは別腹ですから問題ありません(笑)

デザートとフルーツ

最後のデザートは数種類のスイーツが透明のガラスの皿に盛りつけられています。繊細で美しい。

オーベルジュミヨーの夕食 デザートとフルーツ

▼ラ・フランスのコンポート

オーベルジュミヨーの夕食 デザートとフルーツ ラフランスのコンポート

▼添えられているのはアプリコットのフランボワーズソース

オーベルジュミヨーの夕食 デザートとフルーツ アプリコットのフランボワーズソース

▼濃厚なほろにがティラミス

オーベルジュミヨーの夕食 デザートとフルーツ ティラミス

▼アイスのクレームブリュレ

オーベルジュミヨーの夕食 デザートとフルーツ アイスのクレームブリュレ

どれも美味しいのですが、特にこのアイスのクレームブリュレが絶品だったんですよ。バニラ風味たっぷりのアイスに焦がされた香ばしいカラメルがとにかく合う!

上はパリパリ、下はクリーミィ。異なる食感と味が完璧にコラボレーションして、お互いを引き立てあっている感じ。おかわりしたいくらいに美味しかったです。

▼ゆっくりとコーヒーをいただきながら、余韻に浸りました。

オーベルジュミヨーの夕食 デザートと一緒にコーヒーをいただく

次回は朝食の紹介です!朝食はお部屋にていただくことができます。

オーベルジュ・ミヨー 夕食のまとめ・感想

私はひとり旅好きですが、食事処ではつい人目が気になってしまうことがあります。ミヨーさんは完全に私1人のためだけのディナーなので、それを一切気にしなくていい。

女将は料理を運んで説明をしてくれたら、食べている間は外してくれるので、自分のペースでゆっくり食事を楽しめますよ。

メインの肉料理は数種類の中から好みの料理を選ぶことができますし、リピーター客には以前に出した料理を確認して、異なるメニューを出してくれるたりもするそうです。リピーターにも嬉しい宿ですね^^

どの料理も絶品なので、何度でもリピートして食べたいです。

『オーベルジュ・ミヨー』が予約できる宿泊予約サイト

旅費節約のためのクーポン・キャンペーン情報

あかりのアイコン画像あかり

おトクな旅のクーポン・キャンペーン情報をまとめています

この記事を書いた人

旅と温泉と映画が大好きな東京都在住の主婦。

「すきなものたち。」は私の日々を彩る「すきなもの・こと」についてつづっています。

⇨くわしいプロフィールはこちら

目次
閉じる