おトクな旅のクーポン・セール情報をチェック 詳しく

【奥の院 ほてるとく川 別邸アクア】①建物編*静かで落ち着いた純和風温泉旅館|日光温泉

本レポは訪問時のものです。現在は変更になっている可能性があります。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

江戸幕府の初代将軍・徳川家康。

『軍師官兵衛』の寺尾聰さん、『真田丸』の内野聖陽さん、映画『関ヶ原』の役所浩司さん、『おんな城主直虎』の阿部サダヲさんetc…。大河ドラマや映画でも多くの名優が演じてきました。

その徳川家康(東照大権現)が祀られているのが日光東照宮。ずーっと行ってみたかったかったんですが、ようやく実現しました。東照宮にお参りして御朱印を拝受してきましたよ!

クラクラするほど、豪華絢爛な東照宮の姿にすっかり圧倒されてしまいました。すごいパワーでした!

あかりのアイコン画像あかり

さて、今日は日光で宿泊した「奥の院 ほてるとく川」を紹介します♪

記事の一覧はこんな感じ。クリックしてただければ、該当記事を読むことができます。

奥の院ほてる とく川 別邸アクアの宿泊レポ

奥の院ほてる とく川 別邸アクアの予約はこちら

\8/29まで!夏旅キャンペーン/

⇨最大10%お得に!夏旅キャンペーン開催中

目次

奥の院 ほてる とく川

奥の院ほてるとく川を選んだのは、公式サイトの1この写真を見たから。(写真は公式サイトからお借りしています)

出典:奥の院ほてるとく川公式サイト

水盤があって、露天風呂があって、バルコニーにソファがあって…。和風と洋風が合わさった、南のリゾートのような不思議な雰囲気に心惹かれました。

奥の院 ほてるとく川の所在地・アクセス・最寄駅

〒321-1415 栃木県日光市日光2204

最寄駅

東武日光駅またはJR日光駅

車で約10分(送迎あり)

送迎は14:00~19:00の間で

14:00~19:00の間で宿に電話をかけると、東武日光駅、JR日光駅または日光東照宮付近まで迎えに来てくれます。観光地近くまで、来てくれるというのはありがたいですよね。

あかりのアイコン画像あかり

東武日光駅から電話をかけると10分程度で駅まで来てくださいました。

翌朝の送迎は9:00、10:00、11:00の3つの時間から選べました。駅または東照宮付近まで送迎してくれるので、翌日朝から東照宮をお参りしたい方にも便利です。

荷物は「日光てぶら観光サービス」を利用すると便利です。

東武日光駅で荷物を預けると、宿に届けてくれる「日光てぶら観光サービス」があります。こちらを利用すると、観光がグンと楽になります^^

参考:日光てぶら観光サービス

ほてるとく川は静かな和風温泉旅館

送迎は私たち夫婦のほかにもう一組、カップルが一緒でした。10分ほど車で走ったでしょうか。駅前のにぎやかさがぐんぐん遠ざかっていきます。奥まった静かな場所に、奥の院ほてるとく川はあります。

山の木々に囲まれており、駐車場から下を見下ろすと、すぐそこには川が流れています。空気美味しい!天気は曇りでしたが、ぎりぎり雨にはあわず、ラッキーでした。

▽駐車場から見た景色

▽玄関

有名な三猿が迎えてくれます。かわいい^^

宿に足を踏み入れると、そこは広々としたロビーです。日本の温泉旅館らしい、和の雰囲気があふれます。

ほてるとく川はどこか懐かしさを感じさせる、いかにも、という雰囲気の温泉旅館です。建物自体は新しくはありませんが、老舗の温泉旅館ならではの「きちんとした感じ」があります。外国人観光客の姿も多く見られました。うん、この宿は外国の方に好まれそうです。

▽テーブルの上には折り紙と鶴

割引券やパンフレットが置いてあります。使えそうな割引クーポンはぜひゲットしましょう^^

日光の名産品を数多く扱っている売店がロビー、フロントの横にあります。

チェックイン手続きはラウンジ「華林(かりん)」にて。天井が高く、壁一面に大きな窓があるので、明るくて開放感があります。

ウェルカムドリンクは4種類から選ぶことができます。嬉しいサービス!

  • ビール
  • チェリービール
  • スパークリングワイン
  • 抹茶

夫はチェリービールとドライフルーツ。

私は抹茶と和菓子をいただきました。(ほぼ下戸なもので…)

「花重ね」という名前のお菓子です。薄いピンク色で、甘くておいしい。

ほてる とく川には純和風の日本庭園があります。お庭を取り囲むように建っていてラウンジからの眺めも最高です。

改装工事中だったので、水盤の水が入っていなかったのはちょこっと残念。

この大きな水盤に水が入ったら、さぞかし綺麗でしょうね。椅子に座って、ぼんやり景色を眺めていたい。

夜になるとライトアップされます。

チェックイン手続きをすませたら宿泊する別邸アクアへに向かいます。手ぶら観光サービスを利用したので、荷物はすでにお部屋に運んでくれていました。

▽優雅に泳ぐ魚たち。水槽の前にはチェアがあるので、のんびり魚を眺めているのも気持ちよさそう。泳いでいるのはアリゲーターガーなど、見た目にインパクトのある魚が多かったです(⦿_⦿)

長い通路の先にお部屋があります。この廊下、夜になると雰囲気が変わっていい感じです。

さ、こちらが本日宿泊する、別邸アクアの705号室「水仙」です。

案内してくださったのはベテランらしき女性スタッフ。チェックインする客が数組重なったタイミングでしたが、さらっとさばいて、実にスムーズな案内でした。期待が高まります!

さて、次は『奥の院 ほてるとく川 別邸アクア』のお部屋編です。

あかりのアイコン画像あかり

公式サイトで一目ぼれしたお部屋は、実物を前にすると、テンションがさらにあがってしまいました^^

奥の院 ほてるとく川 別邸アクアの宿泊予約について

奥の院 ほてるとく川は以下のサイトから予約ができます。

>>日光の宿をさがす
>>日光のお土産をさがす

おトクに旅行を楽しむためのクーポン・キャンペーン情報

あかりのアイコン画像あかり

おトクな旅のクーポン・キャンペーン情報をまとめています

この記事を書いた人

旅と温泉と映画が大好きな東京都在住の主婦。

「すきなものたち。」は私の日々を彩る「すきなもの・こと」についてつづっています。

⇨くわしいプロフィールはこちら

目次
閉じる