箱根・湯河原の温泉旅館・ホテル

【山の茶屋】木立の中に佇む静かな宿。民芸調の落ち着いた雰囲気|箱根・塔ノ沢温泉

四季を味わう宿 山の茶屋

箱根・塔ノ沢温泉にある『山の茶屋』に夫婦2人で宿泊してきました!

『山の茶屋』は渓谷にかかるつり橋を渡った先にある木立の中にひっそりと建っている温泉宿です。濃い緑に包まれた静寂のなかで、ゆったりと過ごせる素敵なお宿でしたv(*’-^*)-☆ ok!!

今回のレポは建物とお風呂の写真がちょっと少なめです。

常時食欲旺盛な食いしん坊ですので食べものの写真はたくさん撮りましたので、食レポ中心の箱根・塔ノ沢温泉『山の茶屋』宿泊記をお送ります。

▼「じゃらん」のおすすめクーポン・キャンペーン情報はこちら▼

【じゃらん】のクーポン・キャンペーン・割引情報のまとめ(随時更新!)

『山の茶屋』は箱根七湯の1つ、塔ノ沢温泉にあります

箱根登山鉄道塔ノ沢駅

『四季を味わう宿山の茶屋」は箱根・塔ノ沢温泉にあります。

箱根といえば神奈川県足柄下郡箱根町にある全国的に有名な温泉地。都心から電車1本で行ける抜群のアクセスの良さが魅力ですよね。

箱根は箱根山のふもとから中腹までに複数の温泉が点在しています。塔ノ沢温泉は「箱根七湯」の1つとされ、箱根温泉の中でも人気の高い温泉です。

箱根七湯とは…

湯本・塔ノ沢・宮ノ下・堂ヶ島・芦ノ湯・底倉・姥子(うばこ)または木賀(きが)の7つの温泉のこと

箱根へのアクセス

東京から箱根へのアクセスは以下のサイトが詳しいです。

私はたいてい新宿から小田急ロマンスカーに乗ります新宿から乗り換えなし&最短73分で箱根まで行くことができます!

バスなら小田急箱根高速バスが便利です。こちらも乗り換えなしの直通です。

荷物はキャリーサービスを利用して宿に届けてもらおう

観光するのに大きな荷物を持ち歩くのは大変ですよね。手ぶらで観光したい方はぜひキャリーサービスを利用してください。駅で荷物を預けて宿泊する宿まで届けてもらえます。たっぷり観光を楽しんで宿にチェックインすれば部屋にはすでに荷物が届いているはず。かなり快適ですよ^^

さて、いよいよ山の茶屋のご紹介に入ります。

『四季を味わう宿 山の茶屋』へのアクセス

箱根湯本駅から山の茶屋へのアクセスは乗合送迎バスが便利

箱根湯本駅から各旅館共通の乗合送迎バスが出ていて100円で利用できます。安い!バスの発着所から山の茶屋までは徒歩で5分。路線バスのバス停からも近いですよ。

最寄駅「塔ノ沢駅」から「山の茶屋」へのアクセス

電車で行く場合は「塔ノ沢駅」が最寄駅です。

塔ノ沢駅から「山の茶屋」までは徒歩10~15分ほど。

この日は箱根神社芦ノ湖などの観光地を回り、塔ノ沢駅から歩いて宿に向かいました。駅から宿まではちょっと距離がありますが、キャリーサービスに荷物を預けていたので、散歩がてら歩きました。

つり橋を渡り、竹林の中を抜けていくと『山の茶屋』がありました。



『四季を味わう宿 山の茶屋』の宿泊レポ

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋の看板

緑の中にそっと佇む静かな雰囲気のお宿です。

建物が建てられたのは昭和35年ということで、決して新しくはないです。けれど丁寧に手入れがされているのがよく伝わってきて味のある宿です。落ち着いた雰囲気が私の好みです(*’-‘)b OK!

私たち夫婦が宿泊したのは『山の朝』というお部屋です。お部屋は各部屋で趣が異なりますので、ぜひ事前にチェックしてお好みの部屋を選んでくださいね(*^-^)ニコ

宿泊したのは専用露天風呂付き客室『山の朝』

箱根塔ノ沢温泉 山の茶屋 山の朝広々とした和室(出典:山の茶屋公式サイト)

どどーんと広々とした純和風の和室が迎えてくれます。「山の朝」の広さは53㎡。2人で過ごすには十分すぎるほど。部屋のスペックはこんな感じ。しっとりとした緑に包まれた景色を眺めることができる「月見台」が心地よくて。いつまでも座っていられそうでした。

  • 和室(10畳)
  • 月見台(5畳)
  • 専用露天風呂付き
箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 山の朝 天井天井が高い!

「山の朝」は民芸調のお部屋で天井が高い!畳の上の寝転がって天井を見上げていると「旅に来た!」という感覚が湧きあがってきた。自宅のマンションの天井とはまるで違う。照明はほんのりと落ち着いた明るさで心が休まる。

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 山の朝 月見台月見台(ベランダ)

お風呂上りの涼むのにちょうどいい感じ。朝のひんやりした空気を満喫するにもおすすめ。目の前には木が茂っており、緑が神経をなだめてくれるようでした。

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 山の朝の専用露天風呂専用露天風呂

露天といっても屋根があるので正確には半露天です。けれど大きな窓を開け放つと、木立と一体化したような雰囲気になり開放感があります。んー!気持ちいい~!

しかし!

油断は禁物です。

夜は窓を開けていると虫が入ってくるので閉めた方がいいかもしれません。私はゲジゲジらしき足の多い謎の虫を見つけてしまい、震え上がりました( ▽|||)サー

夫
虫はわざわざ人間に向かってこないよ。
あかり
あかり
そういう問題じゃないんだよね。いるだけで怖いんだって。

大浴場と貸切風呂、全部で4つ!

山の茶屋には貸切風呂と大浴場、ぜんぶあわせて4つのお風呂があります。(※写真はHPからお借りしました。)

15室しかこじんまりしたお宿なので他のお客さんとのバッティング率も低く、どのお湯もほとんど貸し切りでしたよv(*’-‘*)oォヶォヶ♪

お部屋のお風呂もあるので、大忙しであれこれ入りました。(宿に泊まるとお風呂はコンプリートしたい派です)

かじかの湯

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 かじかの湯かじかの湯(出典:http://www.yamanochaya.com/bash01.html

まず1つ目は内風呂「かじかの湯」。広めの湯船の岩風呂です。露天ではないですが窓が大きいので開放感があります。広いかじかの湯を独り占めで入れた時は、幸せいっぱいでした♪

渓谷の野天風呂

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 渓谷の野天風呂渓谷の野天風呂(出典:https://www.ikyu.com/00000617/)

2つ目は渓谷の野天風呂。木立の中にある岩露天です。遠くの山の景色を見ながらゆったり。夜になると灯りに照らされて浮かび上がったお風呂がとても綺麗でした。和みます。

岩戸の野天風呂

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 岩戸の野天風呂岩戸の野天風呂(出典:https://www.ikyu.com/00000617/)

3つ目は岩戸の野天風呂。大きな岩がシンボルの露天風呂です。この岩は「箱根山ができて大涌谷が噴火を始めた太古の昔のもの」と伝わる岩だそうです。

あかり
あかり
この岩は大きさ4メートルもあるそうですよ。

とにかく大きい!ワイルドだぜ~(←古…)

竹の湯は「兎」と「月」の2つの湯船があります

4つ目は「竹の湯」。宿の敷地内、ちょっと歩いた森の中にある露天風呂です。

坂道を少々歩きますので足の不自由な方、高齢者の方はご注意くださいね。

竹の湯は2つの湯船があって、それぞれ雰囲気が違います。

▼和の雰囲気のお風呂「兎」

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 竹の湯「兎」竹の湯「兎」(出典:https://www.ikyu.com/00000617/)

▼どことなく洋の雰囲気が漂うお風呂「月」

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 竹の湯「月」竹の湯「月」(出典:https://www.ikyu.com/00000617/)

「竹の湯」は早起きして朝食の前に入りましたが、朝の光につつまれて最高にさわやかでしたよ(*´∇`*)

ただ屋根がないので雨が降るとちょっときついかも…。いずれのお風呂も予約は不要で、空いていれば入れます。それほど混みませんが朝の方が確実かな~という気はします。

お風呂を堪能したら次は夕食です。山の茶屋の魅力はなんといってもボリュームたっぷりのおいしいごはん!

ゆったりお部屋でいただく、山の茶屋の夕食

食事は部屋食でのんびりといただきます。

担当してくださったのは初々しさを感じさせる若い男性スタッフ。もしかして新人さんだったのかな?ベテランのスタッフさんほど流暢な説明ではなかったけれど、一生懸命な感じが伝わってきてとても好感が持てました(*’-‘)b OK!

誠実さが伝わってくるおもてなし、心が和みます。さて、お料理のご紹介です。

先八寸

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 先八寸

ダイナミックな動きのある盛り付け種類の多さに一気にテンションがあがりました°゚°。。ヾ( ~▽~)ツ ワーイ♪

先八寸がハイレベルだとおのずと期待が膨らみます~。それでは1品ずつ紹介していきます。

▽水無月豆腐 山葵

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 水無月豆腐山葵

▽オクラすり流し じゅん才 もろこし 花穂

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 オクラすり流し

▽鮑やわらか煮 生雲丹
箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 鮑やわらか煮
▽川海老唐揚げ /・新丸十オレンジ煮

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食川エビから揚げ

▽真蛸黄味焼き

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 真蛸黄味焼き

たこが柔らかい!!

▽ほおずき ミニトマト温玉味噌漬け・白茎芋ずんだ和え

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 ほおずき

ほおずきの中に入っているのは温玉味噌漬け。濃厚で深みのある味わいで美味!好きな味です。

料理には多種多様な素材が使用されており調理法も工夫を凝らされていて、ひねりが効いている感じ。しかもどれも美味しいv(*’-^*)-☆ ok!!

1つくらいイマイチなのがあるかな、と思ったのですが(←失礼ヾ(ーー )ォィ)ありませんでしたよ~。

椀盛

▽豆腐おぼろ仕立て 白皮甘鯛酒蒸し 三つ葉

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 豆腐のおぼろ仕立て

お出汁の味わいとクリーミーなおぼろ豆腐のコラボが楽しめる一品。深みがあって濃厚なお味です。

造里

▽お刺身とはも料理

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 刺身 箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 鱧料理

お造りが2皿も登場しました!これは嬉しかったですね。なんだか得した気分になります(笑)

蒸物

▽冬瓜粟蒸し 蟹べっこう餡 白髪ねぎ もみのり 山葵

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 冬瓜粟蒸し

冬瓜がとろとろで、山葵が程よいアクセントです。

口直しの一品

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食口直しのシャーベット

ここで、メニューにない品が登場。口直しのシャーベットです。味は、ゆず…だったかな。柑橘系です。

組肴

▽牛たん揚げ出し風 丸茄子 ヤングコーン ミニ人参 浅葱

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 牛タン揚げ出し風

牛タンがほろほろです。口の中に入れた瞬間から、とろけます。

▽若鮎塩焼き 蓼酢 白瓜雷干し いり雲丹

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 若鮎の塩焼き

▽鰻玉〆神牛蒡三つ葉 銀餡

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 うなぎ玉〆

一気に3品出てきたのが、驚きでした。

通常はここでメインにどかんと大きめの料理が出てくることが多いですが、小さいメインが3つ。これは新しいパターンでした。ちょこっとずついろいろ食べられるのも嬉しいな(*´∇`*)

酢物

▽鱚一夜干し フルーツトマト 蓮根 枝豆 ちぎり梅 土佐酢

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 酢の物

色んな素材がミルフィーユ状態になっています。見た目が美しい(*´∇`*)

食事

炊き込みご飯、白米、お好みのご飯を釜炊きで。

▽しらすご飯 どんこ椎茸 三つ葉添え(又は備長炭入り白飯)

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 炊き込みご飯

香の物と赤出汁

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食 香の物と赤出汁

水菓子

▽南瓜ムース キウイソース 桜坊 ミント

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 夕食スイーツ

おなかがいっぱいになりすぎてしまい、スイーツを食べる前にちょっと休憩が必要でした(;^_^A

お行儀はよくないですが、ごろんと横になったりして。こういう時、部屋食はゆったりできるのでいいですね。

山の茶屋の夕食 まとめ

  • 品数が多めでボリュームたっぷり
  • ヘルシーな健康的なメニュー
  • ゆったり部屋食

品数が多くてボリュームがたっぷり!です。

越後湯沢のクワトロさんも品数が多くてボリューミィなお食事でしたが、山の茶屋さんもすごかった。盛り付けも大胆かつ繊細で、視覚でもしっかり味わわせてもらいました。

強いて言うなら、魚介系と野菜系のお料理がほとんどで、お肉は牛タンのみだったのが寂しいですが、ヘルシーで健康的な献立なので、これは個人の好みの問題かなぁ。

美味しいものが次から次に運ばれてきて、心も舌もしっかりがっちりキャッチされ、最後までわくわくしっぱなし。存分に旬の素材を使ったお料理を堪能させていただきました。

満腹すぎて1時間くらい動けず(笑)

しばらく休憩とした後おなかがこなれてから、再びお風呂を堪能して爆睡でした。

『四季を味わう宿 山の茶屋』の朝食は純和風!

さて、朝ごはんです┳┳ ヽ(^▽^ゞ) ゴハンゴハン♪

夕食とおなじように、朝食も部屋食です。

前日に朝食の時間を伝えておくと、その時間に食べられるように準備してくれます。お布団もさっと上げてくれる。超手慣れた感じでテキパキとしていて、かっこよかった(*^-^)ニコ

▼いかにも、といった感じの日本の和定食が並びましたうふ♪(* ̄ー ̄)v

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 朝食

編まれたかごのなかには小さなおかずがたくさん。

とろろ、白和え、お漬物、かまぼこ、出し巻たまご、味付け海苔、などなど。あまり酸っぱくない大きな梅干しが私の好みで嬉しい。

▼焼き魚はかます

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 朝食 かますの焼き魚

▼煮物

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 朝食 煮物

味がしみしみ。大根はとろとろ。とろみのある餡がかかってました。

▼おかゆ

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 朝食 おかゆ

ごはんは白米とおかゆがあります。え?もちろん両方とも食べましたとも(笑)

▼香の物、写真撮ってないけどお味噌汁もありました。

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 朝食 香の物

▼デザートにはすいか。

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋 朝食 デザートのすいか

上げ膳据え膳っていいな~。

食べたら食べっぱなしで洗い物をしなくていいってラクチン(*’-‘*)エヘヘ

『四季を味わう宿 山の茶屋』に宿泊した感想とまとめ

  • 静かな宿です。
  • 御飯がボリュームたっぷり
  • チェックアウトは10時

静かなお宿です

広い敷地に15室しかないので、他のお客さんはいるの…?というくらい静かだった。(←観光シーズンの土日だったのでわりと埋まっていたらしいです。)

お風呂のバッティング率も低く、入れ替わりでお客さんに会うことはあったけれど、ほぼ貸切状態でのんびりと入れました。

御食事も部屋食だったし、スタッフ以外の人にあまり会うことがなかったです(*^-^)ニコ

ご飯のボリュームがすごい。

特に夕食。すでに何度もくどいほど書いていますが、もう一度書いておきますね。

あかり
あかり
満腹すぎて身動きが取れなくなるほど、ボリュームたっぷりでした(〃´o`)=3 フゥ

私は「もう食べられない!」という「自分の限界に挑戦する感じ」が堪らなくて、テンションが大いにあがりました!

一方の夫は「腹八分目くらいがちょうどいい。」という感覚の持ち主なので、多すぎたようです。

腹八分目で食べるのを止められる人が実在していること。これは夫と結婚して、驚いたことのひとつだったりします止められます?私は無理です…(笑)

チェックアウトは10時。

通常の時間なのですが、チェックアウト遅めの宿も多いのでちょっと早く感じてしまったのでした。できれば11時だと嬉しいかも。

四季を味わう宿山の茶屋が予約できる宿泊サイト

▽山の茶屋は下記のサイトから予約ができます。

熊野神社と箱根ガラスの森美術館に立ち寄りました。

チェックアウトが10時と早かったので、近隣を少しだけ観光しました。

熊野神社

▼宿の近くにある小さな神社にお参り。

箱根塔ノ沢温泉_山の茶屋の近くにある熊野神社

「ありがとうございました。」

「また来ます。」

旅に行くと、地元の神様にご挨拶することにしています。

苔むした階段がしっとりと時の流れを感じさせてくれる、小さいけれど趣きのある熊野神社でした。(翌日筋肉痛になってしまったのは、この階段を登ったせいか…。)

箱根ガラスの森美術館

箱根ガラスの森博物館

その後はバスで箱根ガラスの森美術館へ向かいました。

箱根ガラスの森美術館は日本初のヴェネチアン・グラス専門の美術館です。

箱根ガラスの森博物館
箱根ガラスの森博物館

お庭もあります。

箱根ガラスの森博物館

残念ながら少し雨が降っていましたが、なかなか綺麗な庭園を散歩して帰途につきました。

以上、箱根・塔ノ沢温泉の旅レポでした!!

▼箱根・塔ノ沢温泉『四季を味わう宿 山の茶屋』の予約はこちら

格安で旅に行こう!
格安で旅行に行こう!

旅好きの管理人がいつも利用している格安旅行に行く方法を紹介しています。

  1. クーポンを利用して安く旅行に行く
  2. ポイントを活用して安く旅行に行く
  3. 当日割引・直前割引予約で安く泊まる
  4. 平日限定・日曜宿泊で宿泊費を押さえる

 

格安で旅行に行こう

主な予約サイトで配布されているクーポン・キャンペーン情報の詳細をまとめています。

割引クーポン情報へ

RELATED POST

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です