現在、メンテナンス中のため表示が崩れています。

【あんこうの宿まるみつ旅館】⑥朝食の名物料理「豪快汁」は作り方がすごい!|茨城・平潟港温泉

あかりのアイコン画像あかり

茨城県にある平潟港温泉「あんこうの宿まるみつ旅館」の宿泊レポ6回目、今回がラストです。

前回は本場ならではのあんこうづくしの夕食を紹介しました。

大迫力の御造りをはじめ、どれもボリューム満点で美味しい料理ばかり。最後は苦しくなってしまい、あん肝たっぷりの濃厚な雑炊はちょこっとしか食べられませんでした。(美味しかったのでもっと食べたかったけど!)

さて、今回は朝食をご紹介します。

まるみつ旅館の宿泊レポ

あかりのアイコン画像あかり

名物料理の「豪快汁」はその名前の通り、かなり豪快な料理でした^^

▼「あんこうの宿まるみつ」の詳細と口コミ・宿泊予約はこちらから

↓Go To トラベルキャンペーン開催中↓

Go To トラベルキャンペーンをチェック⇨

目次

朝から豪快!ボリュームたっぷりの和定食

朝から露天風呂を堪能し、ほどよくおなかをすかせてから朝食に向かいます。朝食は夕食と同じ、食事処にていただきます。

時間通りに会場につくと、すでにこんな感じでセッティングされていました。

あかりのアイコン画像あかり

旅館らしい和の朝食です。うん、好きな感じ。

あんこうの宿まるみつ朝食

ごはんのおとも色々。塩辛や岩のりなど、ごはんがすすみます~。

あんこうの宿まるみつ朝食 ごはんのおとも
あんこうの宿まるみつ朝食 ごはんのおとも
あんこうの宿まるみつ朝食 ごはんのおとも 塩辛
あんこうの宿まるみつ朝食 ごはんのおとも 岩のり

野菜サラダは和風ドレッシングでいただきます。

あんこうの宿まるみつ朝食 野菜サラダ

▼あんこうの絵が描かれたはんぺん。

あんこうの宿まるみつ朝食 かまぼこ

▼温泉に来たらぜひ食べたい、温泉たまご。

あんこうの宿まるみつ朝食 温泉卵

▼おつけものと白いごはん。

あんこうの宿まるみつ朝食 おつけもの
あんこうの宿まるみつ朝食 白米

尾頭付きの鯛を一匹まるごと!

どどーん!と、運ばれてきたのはまるごと一匹の鯛!尾頭付き。しかも大きい!これには夫と二人、テンションがあがります。焼き魚はどれも好きだけれど、やはり鯛は別格です。

あんこうの宿まるみつ朝食 鯛を一匹まるごと

▼鯛はわさびと一緒にご飯にのせて、鯛茶漬けに。

あんこうの宿まるみつ朝食 鯛めし

まるみつ旅館の名物料理「豪快汁」

まるみつ旅館の名物料理で「豪快汁」という料理があります。これは漁を終えた猟師たちが食べていた料理だそうで。

ストーブ代わりのドラム缶を使って作って食べる、名前通りの豪快料理。

お味噌汁に800度に熱した石を入れて、一気に沸騰させてしまいます。

あんこうの宿まるみつ朝食 豪快汁 説明書き

▼こちらが熱した石を投入して、一気に沸騰したところ。湯気がもうもうとあがり、すごい勢いで味噌汁が湧きあがります。

あんこうの宿まるみつ朝食 豪快汁が沸騰しているところ

お味噌汁って煮立たせるのはNGという認識がありますが、そこは細かいことは気にしない。だって豪快汁だから(笑)

▼こちらが完成した豪快汁。しっかり煮立った分、味は濃いめのお味噌汁。もちろんあんこう入り。磯の香りが漂ってくるようなおいしい豪快汁でした。

あんこうの宿まるみつ朝食 豪快汁の完成

▼「豪快汁」が気になる人は宿の詳細をチェック

『まるみつ』朝食と全体の感想とまとめ

豪快汁と鯛のまる焼きは、味だけでなくビジュアル的にも満足でした。見て楽しい、食べておいしい、最高です^^

6回にわけてまるみつ旅館の宿泊レポを紹介してきましたが、料理のボリュームとお風呂の充実度が素晴らしいお宿でした!お風呂が7種類もあるのは最高ですよ~。

記念日の宿泊ということでサービスをいただいたり、どのスタッフさんの対応も丁寧だったりと、滞在していて心地よかったです。

あかりのアイコン画像あかり

東京からだとちょっと遠いのですが、あんこう料理が食べたくなったらリピートしたいです。

『あんこうの宿まるみつ旅館』が予約できる宿泊予約サイト

あんこうの宿まるみつ旅館の口コミの確認、予約はこちらからできます。

旅費を節約するためのクーポン・キャンペーン情報

あかりのアイコン画像あかり

おトクな旅のクーポン・キャンペーン情報をまとめています

この記事を書いた人

旅と温泉と映画が大好きな東京都在住の主婦。

「すきなものたち。」は私の日々を彩る「すきなもの・こと」についてつづっています。

⇨くわしいプロフィールはこちら

目次
閉じる