おトクな旅のクーポン・セール情報をチェック 詳しく

【望水】①建物・部屋編*相模湾に面したオーシャンビューの絶景宿!|伊豆北川温泉

本レポは訪問時のものです。現在は変更になっている可能性があります。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

あかりのアイコン画像あかり

伊豆北川温泉にある「望水(ぼうすい)」にGo Toキャンペーンを利用して1人で泊まってきました!

知人のお気に入りの宿でずっとオススメされていたので行けて嬉しい。行ったばかりなのにすでにリピートしたくなっている笑

ぜひリピートしたい!そう強く思える宿に出会えためぐりあいに感謝しなければ。

今の時期気になるのはコロナウィルス対策ですよね。望水さんでは以下のような取り組みがされていました。

コロナウィルス感染防止対策
  • チェックイン時の検温・手指消毒の徹底
  • 各部屋に消毒薬・ウェットティッシュの設置
  • 館内移動時のマスク着用
  • 館内各所に消毒薬を設置 等

参考:大浴場に利用制限なし/食事は個室食事処または部屋食

対策がしっかりされており、不安に感じる部分はなかったです。大浴場には特に制限はなくいつでも自由に入ることができました。食事は個室食事処でいただきました。(プランによっては部屋食)

望水の特徴・注意点
  • 全室オーシャンビュー
  • 全34室
  • 部屋でWifi利用可能
  • 個室食事処または部屋食
  • チェックイン時間が14:00〜と早い
望水の宿泊予約・口コミの確認はこちら

\8/31までの期間限定/

⇨最大5%オフキャンペーンをチェック

目次

全室オーシャンビュー!のハイクラス温泉宿「望水」

望水は伊豆北川温泉にあるの温泉旅館で、相模湾に面した立地を生かした全室オーシャンビューが魅力的な宿です。

私は利用しませんでしたが、波打ち際の露天風呂「黒根岩風呂」まで徒歩100メートルほどと近く、ダイナミックな湯浴みを楽しむこともできる宿です。(望水の宿泊客は無料で利用できます)

望水へのアクセス

最寄駅は伊豆熱川駅。踊り子号なら東京から直通で2時間20分ほどで行けます。熱海から伊豆熱川までは約1時間です。

無料の送迎がありますので到着する時間を知らせて予約するとちょうどいい時間に迎えにきてくれます。車で10分程度で到着です。

〒413-0302 静岡県賀茂郡東伊豆町北川温泉

開放感あふれるロビーと絶景のラウンジ

望水の向かいには以前1人で訪れた吉祥CAREN(カレン)があります。吉祥CARENは女性に人気のおしゃれな雰囲気の宿で女性の一人客も多かったです。(詳しく⇨【吉祥CAREN】女性に大人気!レトロモダンでかわいい温泉宿|伊豆北川温泉

伊豆北川温泉_望水

▼望水の玄関。ここは1階ではなく8階になんですよ。斜面に建っているせいですがちょっと不思議な感じがしましたね。

伊豆北川温泉_望水

車が到着するとスタッフが笑顔で出迎えてくれ、館内に入ります。すぐに検温と手指消毒を行います。

ロビーの天井は高く、とても開放感があります。ロビーの奥は全面ガラス張りになっており雄大な相模灘がすぐそこに見えています。

伊豆北川温泉_望水

普段はもう少し規模の小さい宿に止まることが多いので、こういう大きなロビーは新鮮に感じました。

ロビーに隣接する土産物屋では地域共通クーポン(紙・電子クーポンともに)が利用できます。伊豆熱川駅の土産物屋は電子クーポンが使えなかったので他に寄り道をしないのであれば宿の売店で使ってもいいかも。

チェックイン手続きはラウンジで。

伊豆北川温泉_望水

このラウンジは海に面しており、相模湾を見下ろす絶景を楽しむことができます。遮るものがなく海と向き合う、普段はなかなかそのような機会がないので目の前の広大な圧倒されてしまいそうでした。

伊豆北川温泉_望水

▼青い空がラウンジのテーブルに写り込んでいました。暖かいハチミツゆず茶をいただきながらチェックイン手続きを行います。

伊豆北川温泉_望水
伊豆北川温泉_望水

チェックイン手続きを済ませて部屋へ移動します。館内にはあちこちに花が飾られていて、それぞれ器も生け方も違うので見ていて楽しかった。

伊豆北川_望水
伊豆北川_望水 - 108
伊豆北川_望水
あかりのアイコン画像あかり

廊下の絨毯もフカフカでハイクラスな旅館の雰囲気が満載。テンション上がります笑

伊豆北川_望水 - 108
望水の宿泊予約・口コミの確認はこちら

ムーンロードデラックス「堀川」(2020年夏にリニューアル)

望水には様々なお部屋のタイプがあります。大きくわけると以下の2種類で、スタンダードからスイートルームまでそれぞれ広さやグレードの異なる部屋があります。

  • オーソドックスな和室
  • 窓際に配置されたベッドが魅力のムーンロードルーム

今回宿泊したのはムーンロードデラックスの「堀川」というお部屋です。このお部屋がすごくて、一歩足を踏み入れた瞬間から大好きになってしまった。

あかりのアイコン画像あかり

部屋に入った瞬間に思わず声が出てしまうほど素敵なお部屋でした!

2020年夏にリニューアルされたばかりだからキレイなんです!

伊豆北川_望水

目の前が海!見事なオーシャンビュー

何が気に入ったかというと、これ!この景色です。

あかりのアイコン画像あかり

目の前が海!!海に面したベッドルームの非日常感がすごい!

伊豆北川_望水

オーシャンビューのお部屋には泊まったことがありますが、ここまで真正面から海に望むようなベッドルームは初めて!一言で言うなら「感動!」でした。

道路と駐車場がありますので外をのぞくと車や人の動きが目に入ります。でもベッドに横になってぼんやり空と海を眺めているのは最高の時間でした。

伊豆北川_望水
伊豆北川温泉_望水
目の前はこの絶景!

ベッドルームの隣にリビングがあります。ベッドから寝転んだ状態ではテレビは見づらいかも。

伊豆北川_望水
伊豆北川_望水

▽こちらがリビングスペース。ソファーとテーブル。なかなか座り心地が良くてこのソファで漫画読んでるか、Netflix見てるか、ベッドに寝転んでるか、でした。何をすることもなく1人でのんびり過ごす、最高のひと時です。

伊豆北川_望水

▽ほとんど使わなかったけれど読書灯がついたチェアと小さなテーブルが置かれた読書スペース。ここはフローリングになっています。ムーンロードスタンダードのお部屋だとこの読書スペースがないみたいです。

伊豆北川_望水

反対側から。ソファに向かいあうようにテレビと冷蔵庫などが置かれています。

伊豆北川_望水

照明で浮かびあがるディスプレイが高級感があって好きです。一番上の棚にあるお菓子類とお酒は有料ですが、無料のミネラルウォーター、お茶、ネスプレッソがあります。

伊豆北川_望水
伊豆北川_望水

冷蔵庫の中身は有料です。真ん中はお茶の香りがするお香。水に溶かせるぐり茶はペットボトルの中に入れて軽く振ればOKなもの。便利でした。

伊豆北川_望水
伊豆北川_望水
伊豆北川_望水

クローゼットがかなり大きく、中には金庫や浴衣類がセットされています。

伊豆北川温泉_望水

湯かごはありませんが、クリーム色の布製の巾着袋がます。珍しいのがソックスクリーニングというサービス。ソックスを指定の袋に入れて玄関の入り口のところに置いておけばクリーニングしてくれるらしい。(今回は利用せず)

伊豆北川温泉_望水

浴衣は普通サイズが置かれてあります。私はワンサイズ小さなものに変更してもらいました。

伊豆北川温泉_望水
伊豆北川温泉_望水

水回り

水回りも新しくてキレイです!トイレはウォシュレット付き。

伊豆北川_望水

バスタブはありませんが、シャワールームがあります。バスアメニティはヘブンリースパ「GECCA」で使用されているオリジナルアイテムです。大浴場が広々として使いやすかったので今回は利用せず。

伊豆北川_望水
伊豆北川_望水

▼洗面台は落ち着いたブラウンで木のぬくもりを感じさせてくれる造りです。

伊豆北川温泉_望水

アメニティやハンドタオルが曲げわっぱの中に入れられているのがかわいかったなぁ。こういう使い方もアリだなと。あぶらとり紙、ヘアゴム、コットンなど、必要なものは揃っています。もちろんドライヤーも。

伊豆北川_望水
伊豆北川温泉_望水

スキンケアグッズはスパでも利用されている「スンダリ」。「スンダリ」はアーユルヴェーダの原理と最高級の天然原料を融合させたオーガニックスキンケアブランドだそうです。

伊豆北川_望水
伊豆北川温泉_望水

部屋でお茶菓子と抹茶がいただけます。時間は15:30〜17:00までの好きな時間に持ってきてくれます。私は早々に大浴場に行き、その後でゆっくりといただきました。極楽!

伊豆北川_望水

▼窓からの眺め。天気は夜にかけて崩れていく予報でしたが、チェックイン時はまだ晴れていました。天気がよければ伊豆七島が見たわせる絶景のオーシャンビューです。

伊豆北川_望水

次は大浴場の紹介です。男女入れ替え制で2つのお風呂が楽しめます。

望水の予約ができるサイト

望水の宿泊予約および詳細・口コミの確認は以下の予約サイトからできます。

望水の宿泊予約・口コミの確認はこちら

⇨旅の割引クーポン・セール情報はこちら

おトクに旅行を楽しむためのクーポン・キャンペーン情報

あかりのアイコン画像あかり

おトクな旅のクーポン・キャンペーン情報をまとめています

この記事を書いた人

旅と温泉と映画が大好きな東京都在住の主婦。

「すきなものたち。」は私の日々を彩る「すきなもの・こと」についてつづっています。

⇨くわしいプロフィールはこちら

目次
閉じる