格安で旅行に行く方法をチェック
西日本の温泉

【海色・湯の宿 松月】⑤:境港でとれた海の幸を堪能!部屋食で楽しむボリューム満点の夕食【鳥取・皆生温泉】

皆生温泉_松月の部屋で食べる夕食

海の色・湯の宿 松月の宿泊レポ、5回目です。

60代後半の両親とアラフォー世代の私、親子三人の温泉旅です^^

前回はヒノキの香りに心身ともに癒された、「貸切露天風呂」の「樽風呂」についてでした。

あわせて読みたい
皆生温泉_松月_4_貸切風呂の樽風呂
【海色・湯の宿 松月】④:大人気のヒノキの樽風呂へ。松月では4種類の貸切風呂が楽しめます【鳥取・皆生温泉】鳥取米子の皆生温泉の「海色・湯の宿 松月」の宿泊レポ、4回目です。 60代後半の両親とアラフォー世代の私、親子三人の温泉旅です^^...

今回は夕食についてのご紹介です。

部屋で食べる、ボリュームたっぷりのスタンダード会席です。

\旅に出るなら/

海の色・湯の宿 松月の夕食について

食事は部屋食(または食事処にて)です

  • 18:00~
  • 18:30~

など、いくつかの時間帯から選ぶことができます。私たちは18:30~でお願いしました。15分ほど前から準備が始まり、仲居さんがテーブルをセッティングしてくださいました。続々と料理が並べられていく様子に、我々のテンションは高まるばかり(笑)

メイン料理は調理方法を選べます

メイン料理は地元・鳥取県の名物、鳥取牛。調理方法は以下の2つから選ぶことができます。

  • すき焼き
  • 石焼き

料理をランクアップすることができます

私たちは宿で一番人気の「スタンダード会席」で予約をしましたが、より料理が豪華なコースもあります。もっともっとがっつり食べたい方はランクアップしてもよさそう。ただ、「スタンダート会席」もかなりのボリュームがありますので、私たちは大満足でした。(しばらくおながいっぱいで動けないほどに!)

▽海色・湯の宿 松月は以下のサイトで宿泊予約ができます。

海の色・湯の宿 松月のスタンダード会席

ずらりと並べられたお料理たち。三人分だと壮観!ワラワラとテーブルに引き寄せられてしまう私たち。左上に写っているのは料理を凝視している父親の足です(笑)

さ、それぞれが席につき、夕食がスタートです。

▽箸置きがかわいい♪

それでは細かく紹介していきますね!

食前酒

↑食前酒は梅酒です。

▽こちらは「果実のカクテル」の桃です。甘くておいしかったですよ。

先付

ん?この和紙で作られた「かぶと」、中身が気になります。

▽開けてみると、こんな感じ。

皆生温泉松月の夕食、先付

蓬豆腐、猛者エビ、生姜ジュレー

猛者エビって初めて聞きました。なんとなく、強そうですよね(笑)蓬豆腐がもっちりしてる。生姜ジュレ―のさわやかさを生かした、さっぱりした味わいが好みです。

うん、美味しい!先付のレベルが高いと、これから先も期待できそう!

前菜

かごに盛られた前菜です。笹の葉や青もみじなど、新緑の彩りが美しいです。

皆生温泉松月の夕食、前菜

鯛皮煮凍り、新緑あん、トマト、空豆塩揚、粽麩、大山鶏、蛍烏賊沖漬他

1品ずつ紹介していきます。

▽蛍烏賊沖漬

ちょっとしょっぱめで、お酒のおつまみ的な感じです。

皆生温泉松月の夕食、ほたるいかの沖漬

▽鯛皮煮凍り、新緑あん

鮮やかな緑のソースはオクラだそうです。大きめのミョウガがいいアクセントです。

▽ふき、猛者エビ、空豆の塩揚、ミニトマトのマリネなど、小さなお料理がちょこっとずつ。旬のおいしい素材が使われています。当然ですが、全部美味しい(笑)

▽粽麩

粽は「ちまき」と読みます。中身はもっちりした麩です。麩というよりも、やわらかいおもちみたいな食感です。笹の葉の香りがしておいしいです。

皆生温泉松月の夕食、粽麩

▽大山鶏

先付、前菜のレベルが高いと、他の料理もハイレベルなことが多いのでますます期待大!

松月さんの前菜は見た目も味も、工夫がされているがよくわかります。また全体的に薄味で、味が濃すぎないので、ゆっくり素材の味を楽しむことができます。

旬鮮一口姫寿司

松月さんの名物の「一口姫寿司」。その名の通り、一口で食べられる小さなお寿司です。小さいと侮ることなかれ!海が近いせいか、どのネタも美味しい!複数のネタを楽しめるのは嬉しいですね。気軽に食べられる大きさなのもいい^^

皆生温泉松月の夕食、一口姫寿司

▽マグロ、甲イカ、生うに

▽タイ、サバ など。

温物【昆布茶仕立て】

地物水タコしゃぶしゃぶ、玄米しゃぶ餅、梅肉

とれたての水タコをしゃぶしゃぶでいただきます。

皆生温泉松月の夕食、水だこのしゃぶしゃぶ

▽昆布だしのスープが煮立ったら、

皆生温泉松月の夕食、昆布だし

▽野菜とタコを投入して、しゃぶしゃぶ、っと。

▽しゃぶしゃぶしたら、梅肉のソースにつけていただきます。

タコはさっとお湯をくぐらせるだけでOK。

水タコは歯ごたえがしっかりとしているのに、やわらかい。口の中ですっと噛みきれます。梅肉苦手な方はスープがしっかり出汁が効いてるので、そのまま食べても美味しいです。それほど酸っぱくなくて食べやすいので、私はたっぷりつけていただきました^^

1枚しか入っていないけれど、薄い玄米のしゃぶしゃぶも美味しかったです。

造り

どーんと運ばれてきたのは、こんなガラスのドーム。

皆生温泉松月の夕食、氷で冷やされたお刺身

境港の旬のとれたて盛り

段々と溶けて、御造りが見えてきます。初めて体験する新趣向!これは面白い!氷の奥に透けるお刺身が美しいです(≧ω≦)b OK!!

▽アジ、タイ、エビなど、ボリュームもたっぷり。

皆生温泉松月の夕食、境港でとれたお刺身

▽小さなサザエの形をした器の中身は「貝」です(何の貝だったかは忘れちゃいました)

全国的に知名度も高い漁港が近いため、御造りは新鮮で、どれも美味しいです。人参でチョウを切り抜いたものを飾るなど、盛り付けも美しい。氷のドームはうちの両親が「まるで芸術品みたい」だと感動していました。喜んでもらえてよかった。

酢物

皆生温泉松月の夕食、酢の物

紅カニ酢ゼリー掛け、生湯葉、花山葵、イクラ

湯葉がとろっとろ!お出汁たっぷりのゼリーはお酢の酸味も効いていて、さっぱりした味わいです。

蒸し物

皆生温泉松月の夕食、蒸し物

島田筍万頭、笹蕗、エビ、楓麩

これもお出汁の風味がたっぷり。とろみのあるあんが、各具材にしっかりとからみます。味は薄味で、ほとんどお出汁の味。それが美味しいんです。優しい味。

揚物

この時点で、3人ともかなりおなかがいっぱいな状態。まだメイン料理が待っているというのに(笑)

▽揚げたてのてんぷら

皆生温泉松月の夕食、揚げ物(えびのてんぷら)

海老ポップ揚、白キス、他季節野菜天

揚げたてなのでアツアツで美味しい!!自宅ではなかなかてんぷらは作らないので、久々に食べられて嬉しい。てんぷら大好きなんです。シンプルに塩でいただきます。お野菜は茄子やししとうなど。

鳥取県産黒毛和牛 溶岩焼

さ、メインがやってまいりました。料理方法が選べます。私と母は溶岩焼き、父はすき焼きにしました。

▽溶岩焼

皆生温泉松月の夕食、メイン料理の鳥取県産和牛の溶岩焼き

鳥取県産黒毛和牛 溶岩焼

▽仲居さんが火をつけてくださり、石が厚くなったらお肉を焼いていきます。

▽すでに下味がついている鳥取県産和牛を、熱くなった溶岩の上へ!

皆生温泉松月の夕食で鳥取県産和牛を溶岩で焼いている様子

▽すりおろしたばかりの本わさびとタレにつけていただきます。お肉にはしっかりとした厚みがあり、食べごたえあり。美味しい~。

▽こちらは「すき焼き」です。牛肉の色鮮やかさの見事なこと!

皆生温泉松月の夕食、すき焼き

▽若いころからすき焼きが大好物の父はとても喜んでいました。

皆生温泉松月の夕食、すき焼きが完成した様子

御食事、香の物、止碗

皆生温泉松月の夕食、食事、香の物、止め碗

▽食事は季節替り御飯か白米のいずれかを選ぶことができます。

皆生温泉松月の夕食、季節替りのご飯

季節替りご飯または白ご飯(日野郡産こしひかり)

3人そろって、「季節替り御飯」を選びました。じゃこと干しエビとゴマのまぜご飯!

すでに苦しいほどおなかいっぱいでしたが、あまりに美味しいのでおかわりしてしまいました(笑)

香の物

皆生温泉松月の夕食、松月の自家製漬物

自家製漬物、沢庵漬け

香の物は松月さんの自家製です。ごぼうのお漬物はあまり食べる機会がないので新鮮でした。歯ごたえがあって、美味しい。

止め碗

▽止め碗の赤出汁

赤だし

水菓子

皆生温泉松月の夕食、水菓子

旬の地産果物、自家製スイーツ

▽自家製スイーツは抹茶ムース

皆生温泉松月の夕食、抹茶ムース

シンプルな抹茶ムースなのですが、これがほどよい甘さで濃い抹茶の風味が美味しいんですよ!クリーミィで蕩けそうな食感も好みv(*’-^*)-☆ ok!!

最後の最後まで、期待外れの料理が1つもなかった。

▽季節のフルーツ キウイ、スイカ、グレープフルールなど。最後に食べると、口がすっきりさっぱりしました。

皆生温泉松月の夕食、季節のフルーツ

▽夕食が終わってしばらくしたら、お布団を敷いてくれました。親子で3人並んで寝るのって、久しぶり(笑)

海色・湯の宿 松月のスタンダート会席を食べた感想とまとめ

  • ボリューム満点で食後動けなくなるほど、おなかがいっぱいに!
  • 近くの境港でとれた新鮮な魚介が美味しい
  • 見た目・味ともにひと工夫が効いている

偏食の多い父が、残さず全部食べてくれたのが嬉しかった!本当に美味しかったみたいです。食に神経質なところがあるので、口に合うか心配だったのですが、心配ご無用でした。

奇をてらうような料理はありませんが、どの料理もありきたりではなくて、味も盛り付けも印象に残るものが多かったです。近くに有名な漁港があるので魚介類が新鮮だし、かなりハイレベルな料理だと思いました。

箱根や日光など、知名度の高い温泉地で同じレベルの食事を望む場合、間違いなくもっと高額になるでしょうね。価格面でもかなりおトクです(*`д´)b OK!

次回は最終回、朝食編をお送りいたします。もうちょこっとお付き合いくださいね~。

あわせて読みたい
皆生温泉_松月の朝食
【海色・湯の宿 松月】⑥:海の見える食事処で食べる朝食!鳥取県の地元の食材がたくさん【鳥取・皆生温泉】鳥取県皆生温泉、松月の宿泊レポの6回目、今回が最終回です。 60代後半の両親とアラフォー世代の管理人あかりの親子3人の温泉旅です。...

海色・湯の宿 松月の宿泊予約ができる予約サイト

海色・湯の宿 松月は以下のサイトで宿泊予約ができます。

格安で旅に行こう!
格安で旅に行こう!

旅好きの管理人がいつも利用している格安旅行に行く方法を紹介しています。

  1. クーポンを利用して安く旅行に行く
  2. ポイントを活用して安く旅行に行く
  3. 当日割引・直前割引予約で安く泊まる
  4. 平日限定・日曜宿泊で宿泊費を押さえる

 

格安で旅行に行こう

主な予約サイトで配布されているクーポン・キャンペーン情報の詳細をまとめています。

割引クーポン情報へ

RELATED POST