現在、メンテナンス中のため表示が崩れています。

【うめ丸】②部屋編*メゾネットタイプの露天風呂付き特別室は2世帯旅行にもおすすめ|淡路島・うずしお温泉

あかりのアイコン画像あかり

60代後半の両親と90歳の祖母と私、家族4人で泊まった淡路島、うずしお温泉「うめ丸」の宿泊レポ2回目です。

前回は「うめ丸」の概要・基本情報と建物についてご紹介しました。

今回は宿泊したメゾネットタイプの露天風呂付き特別室の紹介です。

うめ丸の宿泊レポ

高齢者と一緒の旅なので、メゾネットはどうかな…とちょっと心配だったのですが…。やっぱり…という結果に。

両親(60代)は問題ありませんでしたが、90歳の祖母には2階への上り下りはきつかったようです。

うめ丸の詳細/口コミの確認・予約は以下のサイトからどうぞ

↓Go To トラベルキャンペーン開催中↓

Go To トラベルキャンペーンをチェック⇨

参考:【最新版】じゃらんのクーポン・キャンペーン・セール情報まとめ

目次

メゾネットタイプの露天風呂付特別室「405」

スタッフさんに案内していただき、部屋に到着です。部屋に名前はついておらず、ただの「405号室」。

今回宿泊したのはメゾネットタイプ。階段を登って2階に上がるスタイルはお気に入りです。

今まで宿泊した宿では修善寺の「ねの湯対山荘」越後湯沢の「クワトロ」等がメゾネットタイプでした。

まずは1階を紹介します。

1階は12.5畳の広々した和室

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室02

1階は12.5畳の広さのある和室です。いかにも和風旅館らしい雰囲気のお部屋で、畳もすべすべ。オーシャンビューで、写真の奥にある窓からは鳴門海峡と鳴門大橋を望むことができます。

スタッフさんはお部屋の案内を簡単にしてくれ、夕食時間を再確認した後、去っていきました。接客はわりとあっさりめ。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室01
淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室

▽床の間には掛け軸や花瓶などが飾られています。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の床の間

▽あると嬉しいマッサージグッズ。お風呂上りで温まった体にゴリゴリ使って、体のコリをほぐしました。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室のマッサージ機

▽テーブルの上にはお菓子とお茶セット。嬉しい2種類。おまんじゅうとお豆のお菓子です。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室のお菓子(おまんじゅう)
淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室のお菓子

▽ドリップコーヒーと紅茶など。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の珈琲

▽なかなかロックな「UMEMARU」のうちわ(笑)

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室のうちわ

▽浴衣や足袋ソックス、その他のアメテニティ類

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の浴衣など

湯かごはありませんが、巾着袋があります。こちらに身の回りのものを入れてお風呂に行きます。ヘアゴムや綿棒、コットン、シャワーキャップなどもそろっています。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の浴衣など

▽冷蔵庫の中身はすべて有料です。(旅館価格です)

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の冷蔵庫の中身

冷蔵庫上にはポットやきゅうす、茶葉などがあります。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室冷蔵庫上のお茶類

窓からは鳴門大橋を鳴門海峡を眺められる

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室から見る景色

和室に続く、フローリングのスペースからは鳴門海峡と鳴門大橋を真正面に望むことができます。1日目は曇りでしたが、2日目はとても天気がよく、きらきらと海面が輝いて見えました。

残念ながら鳴門大橋は明石海峡大橋のようにライトアップはされないそうですがが(イベントなどを除いて)、行き交う車のライトの流れを見ることができます。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室から見える景色

洗面台と海の見える内風呂

洗面台と内風呂があります。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の洗面所

洗面台はゴージャスな感じはないけれど、清潔感があり、手入れが行き届いています。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の洗面台

▽アメテニティ類。化粧水など基礎コスメはありません。大浴場にはありますので、そちらを利用するか持参が必要になります。

シャンプー類は「PORA」、ソープは資生堂です。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室のアメニティ類
淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室のアメニティ類

なんと、内風呂はオーシャンビュー!内風呂は窓がないことが多いですが、大きな窓が前面にあり、湯船も広いです。温泉でないのが残念ですが、絶景の内風呂です^^

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の内風呂

▽トイレ(ウォシュレット付き)は玄関を入ってすぐの場所にあります。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の1階のトイレ

さて、2階へあがってみましょうか。

メゾネットタイプの2階へ

和室の奥に階段があり、ここから2階へあがることができます。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の階段

階段はけっこう急です。手すりもないので、幼いお子さんや足腰の弱い方は辛いかもしれないですね。

我が家の祖母は90歳にしてはかなりしっかりしている方なのですが、階段の上り下りはきつかったらしく、ほぼ1階で過ごしていました。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室 階段

2階は洋室になっており、ベッドが2台ならんでいます。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の2階ベッドルーム

大きな革張りのソファーがあるのでゆったりできますよ。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の2階のソファー
淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室のメゾネット式2階

休憩スペースもあり、広さがあります。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の休憩スペース

2階にも小さいですが洗面所とトイレがあります。わざわざ1階に降りなくていいので使いやすいです。2世帯家族での旅行にもぴったりです。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の2階洗面所
淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室 2階のトイレ

屋上にある専用露天風呂

メゾネットタイプの2階に、専用露天風呂があります。屋根がない完全な露天なので、どしゃぶりの雨が降ってしまうと入れないかも…。

▽今日は私たちだけのお風呂!

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の屋上露天風呂

まるで美容液のようなとろみのあるお湯がお部屋でも堪能できます。もちろん、お肌はしっとりすべすべ。朝早く、夜中、いつでも好きな時間に温泉が楽しめます。

▽目の前は鳴門海峡!

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の屋上露天風呂

翌朝は晴天で、空が青く、陽の光を浴びて海面が輝いていました!うん、絶景!

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室 屋上露天風呂からの景色

夜になると、ライトアップされてこんな感じ。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の屋上露天風呂の夜の様子

とーっても素敵なお風呂なのですが、写真で見るとわかるように手すりがありません。泉質の影響で足元がぬるぬるするので、入る時は滑らないように気を付けた方がいいです。

地面に掘られたタイプの温泉ならよかったのですが、手すりのない階段を上がって入るお風呂。怪我をするのが怖いので祖母は入るのを止めました。祖母に入ってほしかったのに、祖母は入れずじまい…。私の判断の甘さが招いた結果です。

専用露天風呂は手すりがないので、足元に注意。特に高齢者や幼児が入る場合は十分気を付ける必要があります。

▽かぎは1つです。

淡路島_うめ丸_露天風呂付き客室の鍵

以上、「うめ丸」の専用露天風呂付き特別室の紹介でした。

つぎはお風呂編です。

「美肌の湯」として有名な「うずしお温泉」ですが、本当にすごかったんです。入った瞬間からお肌がしっとりすべすべ。

いつまでも入って痛いと思える、素晴らしいお湯でした!

うめ丸が予約できる宿泊予約サイト

クーポン情報をチェック(随時更新中!)

あかりのアイコン画像あかり

おトクな旅のクーポン・キャンペーン情報をまとめています

この記事を書いた人

目次
閉じる