おトクな旅のクーポン・セール情報をチェック 詳しく

【ねの湯 対山荘】④夕食編*見た目も味も大満足!個室食事処でいただく絶品晩ごはん|修善寺温泉

あかりのアイコン画像あかり

気ままな一人旅、「ねの湯対山荘」の宿泊レポ4回目です。

本レポは訪問時のものです。現在は変更になっている可能性があります。最新情報は公式サイト等でご確認ください。

前回は不思議な光のゆらぎで心身ともにリラックスできる大浴場のお話でした。大きなお風呂ではないのですが、すばらしく居心地がいいです。心の底から絶賛オススメしたい!です。

今回は夕食のお話です。

ねの湯対山荘の宿泊レポ

ねの湯さんの食事は見た目・味ともに口コミ評価がとても高くて事前の期待値がかなり高めでした。

が、そのグンと高くなった期待値をさらに上回るお料理だったんです。

ものすごく豪華!とか、珍しい高級食材が使われているわけではありません。けれども心に染み入るように美味しいんです。

あかりのアイコン画像あかり

あぁ、やっぱりねの湯さん、最高だわ…。すっかりファンになってしまいました。

▽ねの湯さんの口コミ評価はこちらからチェックできます。

↓ただいま特別セール開催中↓

⇨開催中のサマ割をチェック

目次

ねの湯 対山荘の夕食の場所と時間について

食事は個室食事処にていただきます。

一人旅だと人目が気になる…という方でも安心です。周りが家族連れやカップルばかりだと気になってしまう時もありますもんね~。スタッフさんの距離感もちょうどよく、丁寧に対応してくれるけれど必要以上に絡んでくることがないので気楽です。

食事処は完全に独立した個室ではなく仕切りで区切られていて部屋の上部はつながっているタイプなので、隣のグループの話声は聞こえます。

時間はチェックインの時にいくつかの時間の中から選びます。

18:00から、15分刻みになっていて、

  • 18:00~
  • 18:15~
  • 18:30~
  • 18:45~
  • 19:00~

という感じ。18:00~と19:00~はすでに埋まっていましたので、18:15~でお願いしました。

時間になると食事処に向かいます。担当のスタッフさんが部屋に案内してくれます。

「雲の晴れ間の青空も」

部屋に通されるとこんな感じでセッティングがされていました。

ねの湯対山荘の食事処

かわいいひつじのブランケットがありました。女性に人気があるのもわかるなぁ。ちょっとしたことなんだけど抜かりがない。

ねの湯 対山荘の食事処にあるひつじのブランケット

▼テーブルのセッティングはこんな感じ。前菜、先付、御造りなどが並んでいました。パッと見ただけで嬉しくなってしまった。器はどれもかわいいし盛り付けも凝ってるのがひと目でわかります。

ねの湯 対山荘の夕食のテーブルセッティング

▼気になる小鍋。はたして鍋の具材はなんだろう…?

ねの湯対山荘の夕食の小鍋

▼お品書き。「雲の晴れ間の青空も」というタイトル。訪れたのは6月で梅雨の時期だからでしょうね^^

ねの湯 対山荘の夕食_お品書き

⇨旅の割引クーポン・セール情報はこちら

食前酒は梅酒

あかりのアイコン画像あかり

いよいよお食事がスタートです。

食前酒は梅酒。

ねの湯 対山荘の夕食の食前酒(梅酒)

一人旅プランはドリンクが1杯セットになっていました。梅酒のソーダ割をお願いしました。限りなく下戸の私ですがこの日はとても気分がよかったので「アルコールも行けるかな」と、そんな気がしたんです…。気のせいでしたけど・苦笑

一人旅客へのサービス、梅酒のソーダ割

▼つまようじかと思いきや「呼び鈴」です。ほんと小技が効いてる…。

ねの湯 対山荘の夕食の風変わりな呼び鈴

前菜と先付

前菜と先付、可愛らしい盛り付けにほっこりさせられてしまった。自然に笑顔がこぼれるようなすてきな一品です。

ねの湯 対山荘の夕食の前菜と先付

先付

  • 黒米豆腐 緑茶湯葉の美味出汁掛けられし 山葵 順才

前菜

  • 鰻寿し はじかみ
  • 石川芋木の芽味噌焼き
  • 天豆あまがえる
  • 沢蟹から揚げ
  • 鮎風干し
  • あじさい鱧
  • 枝豆のし鳥黄味焼き

細かく紹介していきますね^^

先付

修善寺の名物「黒米」を使った黒米豆腐。

ねの湯 対山荘の夕食の先付

上に乗っているのは緑茶風味の湯葉で、伊豆名物の本わさびが添えられ、さらにとろみのある出汁がかけられています。もっちりした食感の黒米豆腐に出汁が絡んで美味しい。

前菜

▼沢蟹のから揚げ。まるごと食べられます。

ねの湯 対山荘の夕食の前菜

▼左から、あじさい鱧、石川芋木の芽味噌焼き、天豆あまがえる

ねの湯 対山荘の夕食の前菜

鱧の上に乗っているのは梅。さっぱりしたお味。石川芋木の芽焼き(石川啄木と空目…)は木の芽味噌が濃厚です。そして…

▼かわいすぎる、天豆あまがえる!!

ねの湯 対山荘の夕食の前菜(天豆あまがえる)

ごくごく普通の豆なのですが、黒ごまを目に見立てて「あまがえる」に見せてる。見た瞬間にニコニコ顔になってしまった。隣の個室の女性グル―プからも歓声があがっていたし、これは多くの女性の心をわしづかみですよね。

▼鰻寿しと枝豆のし鳥黄味焼

ねの湯 対山荘の夕食の前菜

そっと添えられた赤い小さな傘がかわいらしく、食べるのがもったいなく感じてしまった(笑)

すごく豪華なわけでも高級なわけでもないけれど、強い印象を残す前菜でした。鱧と梅、芋と木の芽味噌、緑茶湯葉とわさび、など、どれもちょこっと工夫が効いているんですよね。ありそうな組み合わせのようでいて、初めて食べる味。かといって奇抜な感じではない。うん、かなり好みです。

造り

ねの湯 対山荘の夕食の造り(お刺身)

造り 沼津港より

  • かつお
  • あまえび
  • まぐろ
  • あまご

近くの沼津港でとれた海の幸。サーモンかと思ったら「あまご」だそうです。あまごの刺身は初めて食べましたが、脂がのっていて美味しかった!

酢の物

ねの湯 対山荘の夕食の酢の物

酢の物

とまと豆腐ともずく 棒蟹 長芋 きゃびあ おくら 黄ぱぷりか

黄色い鮮やかな器に、濃い赤のとまと豆腐が映えます。綺麗な赤色をしているので、まぐろかと思いました(笑)赤だけではなくパプリカの黄、おくらの緑、カラフルで美しいです。トマト豆腐はたしかにほんのりトマトの酸味が感じられます。お酢はやや甘め。

先椀と蒸し物

先椀と蒸し物が同時に運ばれてきました。つやのある赤の椀が、またまた美しいんです…。

ねの湯 対山荘の夕食の先椀と蒸し物

ふたを開けるとこんな感じ。

ねの湯 対山荘の夕食の先椀と蒸し物のふたを開けたところ

先椀

ねの湯 対山荘の夕食の先椀

先椀

  • 鱸潮仕立て 豆腐 水玉瓜 梅素麺 白髪葱

鱸は「すずき」と読みます。薄いピンク色の麺は梅素麺。ほのかに梅の風味がします。潮仕立てということで塩味がちょっと強めのお出汁です。

蒸し物

▼蒸し物はねの湯さんの名物料理!これを楽しみにしていました!

ねの湯 対山荘の夕食のマスカルポーネ茶碗蒸し

蒸し物

  • 名物ますかるぽーね茶碗蒸し

なーんと、マスカルポーネチーズの茶碗蒸し!バジルとトマトのソースが添えられています。ちょっと不思議な組み合わせだけれど、とてもおいしいんです。

しっかりお出汁の味が感じられて確かに「茶碗蒸し」なのですが、その一方で濃厚なチーズの味わいも感じられます。トマトソースの酸味はイタリアンそのもの。洋風と和風が絶妙なバランスで融合しているんです。

あかりのアイコン画像あかり

初めて食べる味だし、クセになる!この茶碗蒸しを食べるために「また来たい!」って思わせてくれる絶品料理です^^

焼き物

お次もちょっと変わった趣向があります。竹の器に入った焼き物の登場です。

ねの湯 対山荘の夕食の焼き物

焼き物

太刀魚香草焼き

あめーらとまと 葱そーす添え 焼もろこし 青唐 姫さざえがーりっくそーすバター焼き

このお料理にはちょっと面白い趣向がありまして。すでに火が通っていて再加熱して温めるのですが、その温め方がなかなかユニークなんです。

器の下に空洞があって袋に入った石灰が入っており、そこにお湯を入れると沸騰するんです。

▼写真中央付近、器の隙間からお湯を投入してふたをすると沸騰して蒸されて料理が温められる、という仕組み。

ねの湯 対山荘の夕食の焼き物の器

沸騰中はふたの隙間から白い湯気があがります。この湯気が収まってきたら食べごろ。

▼ふたを取るとこんな感じ。湯気が立ち上ります。

ねの湯 対山荘の夕食の焼き物のふたを開けたところ

▼青唐、焼もろこし、サザエのガーリックバター焼き

サザエは殻の中にお出汁が出て、このお出汁まで美味しい!

ねの湯 対山荘の夕食のサザエのガーリックバター焼き

▼太刀魚の香草焼きの下には高級トマトのアメーラトマトが添えられています。

ねの湯 対山荘の夕食の太刀魚

▼葱ソースでさっぱりといただきます。

ねの湯 対山荘の夕食の焼き物の葱ソース
ねの湯 対山荘の夕食の太刀魚に葱ソースをつけて食べるところ

▼この蒸し焼き料理はリピート宿泊した時にも出てきました。具材は変わります。魚だけでなくお肉が出ることもあります。

台の物

あかりのアイコン画像あかり

メインの台の物が登場です。あの小鍋はこのためだったのね~。

ねの湯 対山荘の夕食の台のもの

台の物

もち豚ろーすと黒米麺のとろろちげ鍋

岩月 水菜 れたす 舞茸 焼き豆腐

このお鍋が初めて出会う独特のお料理。そしてとても美味しいんです^^

旬のお野菜ともち豚ロース肉、

ねの湯 対山荘の夕食のもち豚ロース肉

そして、とろろ。つけだれっぽくして食べるのかな?って思ったのですがそうではありませんでした(笑)

ねの湯 対山荘の夕食、鍋に入れるとろろ

▼醤油風味の出汁かと思ったのですが「チゲ鍋」でした。そう言えばスープにちょっと赤味があります。このチゲ風味のお出汁を火にかけて、

ねの湯 対山荘の夕食の台のものに火をつけた

沸騰してきたら具材を一気に入れます。

ねの湯 対山荘の夕食の台のものに野菜とお肉と入れた

さらにグツグツと煮えてきたところで、とろろを投入!

ねの湯 対山荘の夕食の台のものにとろろを入れた

かき混ぜてしばらく煮たら完成です。

ねの湯 対山荘の夕食の台のものが完成した

チゲ風味のちょっとピリ辛のスープがとろろと混ざってとろっとろになるんです。このピリ辛とろろが、具材に絡んでとっても美味しい!!

お肉はもちろん美味しいのですがシャキシャキした食感のレタスにとろろが絡むと、何とも言いえない独特の食感でクセになりそうでした。

ねの湯 対山荘の夕食の台の物にとろろを絡めて食べる

こんな食べ方あるの?!って、びっくりしてしまいました…。スタッフさんによると、この日初めて登場する料理だそうで、「よく思いつきますよね~。」と、スタッフさん自身が斬新な調理方法にびっくりしてました。ですよね~^^;

とろとろ、ねばねば、もちもちになったお出汁まで全部飲み干して、おなかいっぱい!とろろがおなかにたまるので、苦しくなってしまいました(笑)

追記:このお料理はまたいつか食べたいとずっと思っていました。再訪した時に食べられたので嬉しかった!(参考⇨【ねの湯対山荘】再訪・女性のおすすめのデザイナーズ旅館|修善寺温泉

あかりのアイコン画像あかり

おなかがいっぱい苦しいけれど、まだごはんとデザートもあります!

御飯、止め碗、香の物

さてほぼ満腹状態ですが(苦笑)御食事の登場です~。

ねの湯 対山荘の夕食の御飯と止め碗

御飯

伊豆市特産黒米×伊豆のめぐみこしひかり

止め碗

赤出汁 岩布 なめこ 葱

香の物

三種盛り

▼伊豆名物の黒米がまたまた登場~。

ねの湯 対山荘の夕食の黒米とこしひかり

白米とブレンドして炊いているのですが、黒米の色がうつってまるで赤飯みたい。もちもちして美味しい。

が!私はこのあたりで先ほど飲んだ梅酒のソーダ割が急激に回ってしまって、ご飯は食べられませんでした。無理して食べると気持ち悪くなりそうだったので一口だけ食べて残すことになりました。やっぱり私はお酒はムリなんだなぁと、残念な思いでした。

ちょっとしか食べられなかったけれど黒米はとてもおいしいので雑穀米やもち麦ごはんが好きな方にはおすすめです。

でざーと

おなかいっぱいなんですが、デザートが登場~。しかも量が多い!「どうしよう!」と嬉しい悲鳴(笑)

ねの湯 対山荘の夕食のデザート

でざーと

季節のふるーつ 抹茶ろーるけーき 杏仁豆腐

杏仁豆腐にはオレンジソースがかかっています。

ねの湯 対山荘の夕食のデザートの杏仁豆腐

あずきたっぷりのあんことクリームを添えた抹茶のロールケーキは甘すぎず、クリーミィでとっても美味しい。フルーツはキウイ、オレンジ、スイカ。瑞々しい酸味に、口がさっぱりします。

ねの湯 対山荘の夕食の抹茶ロールケーキとフルーツ

ねの湯対山荘の夕食の感想とまとめ

あかりのアイコン画像あかり

ねの湯さんのお料理はかなり私の好みです。

決してゴージャスな高級料理ではないです。けれど、どの料理も見た目も味も工夫がされていて、今まで出会ったことのない料理との出会いを楽しませてもらえました。

高級食材をたくさん使っていても記憶に残らない料理ってあるんですよね。美味しいけれど「普通の料理」という印象で終わってしまう。

けれど、ねの湯さんは違うんです。基本的な味もとてもおいしい。そこにさらに「ねの湯のこだわり」がある。シンプルな中にもひとひねりがある。そんな感じ。いつか絶対リピートするぞ!笑

次回は最終回で朝食編です。これまた美味しかったんです!!

追記:念願叶ってリピートしました。他の宿レポを読みたい方は下記リンクからどうぞ。毎回おいしいご飯を堪能させてもらっています。

ねの湯 対山荘の宿泊予約について

ねの湯 対山荘は以下の予約サイトから予約ができます。

⇒修禅寺の宿をもっと見てみる
⇒旅先でレンタカーに乗りたい方はこちら
⇒旅先でレジャー・アクティビティを楽しみたい方はこちら

おトクに旅行を楽しむためのクーポン・キャンペーン情報

あかりのアイコン画像あかり

おトクな旅のクーポン・キャンペーン情報をまとめています

この記事を書いた人

旅と温泉と映画が大好きな東京都在住の主婦。

「すきなものたち。」は私の日々を彩る「すきなもの・こと」についてつづっています。

⇨くわしいプロフィールはこちら

目次
閉じる