温泉

箱根・塔ノ沢温泉『山の茶屋』: その①木立の中に佇む静かな宿。民芸調の落ち着いた雰囲気。

夫婦二人で行く旅レポ、今回は箱根・塔ノ沢温泉『山の茶屋』をご紹介します(*^-^)ニコ

『山の茶屋』は箱根・塔ノ沢温泉にある宿で、渓谷にかかるつり橋を渡った先、木立の中にひっそりと建っています。

濃い緑に包まれた静寂のなかでゆったりとした時間を過ごすことができる素敵なお宿でしたv(*’-^*)-☆ ok!!

>>>四季を味わう宿 山の茶屋の詳細・口コミはこちらから

今回は建物とお風呂の写真がちょっと少なめのレポになります。

この宿は御食事がボリュームたっぷりで美味しいんですよ。食べものの写真はしっかり撮ってあるので(←食いしん坊なので(;^_^A)、食レポ中心で、箱根・塔ノ沢温泉『山の茶屋』の旅レポをお送りします。しばしおつきあいくださいませ。



箱根・塔ノ沢温泉

箱根・塔ノ沢駅

箱根温泉と言えば神奈川県足柄下郡箱根町にある全国的に有名な温泉地で、都心からも電車1本で行けてしまう抜群のアクセスの良さが魅力です。

箱根町には箱根山のふもとから中腹まで、いくつかの温泉が点在してるのですが、その中に塔ノ沢温泉があります。塔ノ沢温泉は「箱根七湯」の1つで、箱根温泉の中でも人気の高い温泉のひとつです。

東京から箱根へのアクセス

箱根湯本まで電車を使う場合

箱根に行くならロマンスカーが便利。新宿から乗り換えなしで箱根まで行くことができます。

f:id:sakuraho:20170429171616p:plain

出典:東京からのアクセス(電車経由) | 箱根までのアクセス | 箱根ナビ

バスを使う場合

小田急箱根高速バスが便利です。乗り換えなしの直通。座っているだけで、目的地。目当ての観光地のすぐそばまで行けてしまいます。

荷物はキャリーサービスを利用して宿に届けてもらう

旅行用の大きな荷物を持ち歩くのは大変ですよね。

キャリーサービスを利用すれば、駅で荷物を預けると宿泊する宿まで届けてくれます。たっぷり観光して、チェックインすればお部屋にはすでに荷物が届いている、という…。

かなり快適ですよ^^

さて、いよいよ山の茶屋のご紹介に入ります。

四季を味わう宿 山の茶屋

箱根湯本駅から山の茶屋へのアクセス

箱根湯本駅から乗合送迎バスが出ています。路線バスのバス停からも近いです。

f:id:sakuraho:20170429172050p:plain
出典:http://www.yamanochaya.com/bash01.html

塔ノ沢駅からのアクセス

塔ノ沢駅からは徒歩10~15分。

この日は箱根神社芦ノ湖などの観光地を回り、塔ノ沢駅から歩いて宿に向かいました。駅から宿まではちょっと距離がありますが、キャリーサービスに荷物を預けていたので、散歩がてら歩きました。

つり橋を渡り、竹林の中を抜けていくと『山の茶屋』がありました。

箱根・山の茶屋 建物外観

緑の中にそっと佇む静かな雰囲気のお宿です。

建物が建てられたのは昭和35年

決して新しくはないですが、丁寧に手入れがされているのがよく伝わってきて、味のある宿。落ち着いた雰囲気が私の好みです(*’-‘)b OK!

私たち夫婦が宿泊したのは『山の朝』というお部屋。

お部屋は各部屋でそれぞれ趣が異なりますので、ぜひ事前にチェックしてお好みの部屋を選んでくださいね(*^-^)ニコ



専用露天風呂付き客室 山の朝

広々とした和室(10畳)、月見台(5畳)、そして専用露天風呂付き

箱根 山の茶屋 部屋

民芸調のお部屋で天井が高く、ほんのりと落ち着いた明るさの照明が心地いい。

▼月見台(ベランダ)

箱根・山の茶屋 バルコニー

お風呂上りの涼むのにちょうどいい感じ。

朝のひんやりした空気を満喫するにもおすすめ。

▼専用露天風呂

箱根山の茶屋 専用露天風呂

露天といっても屋根はあるので正確には半露天ですが、大きな窓を開け放つと、木立と一体化したような雰囲気になります。

ただ、夜は虫が入ってくるから閉めた方がいいかもしれません。わたしはゲジゲジ?足がたくさん生えた謎の虫を見つけてしまい、震え上がりました( ▽|||)サー

「虫はわざわざ人間に向かってこないよ。」とは夫の言葉。

そりゃそうかもしれないけどさ、そういう問題じゃないのよ、いるだけで怖いんですって!!

大浴場

貸切風呂と大浴場、ぜんぶで4つのお風呂があります。(※写真はHPからお借りしました。)

『山の茶屋』は全部で15室しかないので、他のお客さんとのバッティング率も低く、ほとんど貸し切りでしたよv(*’-‘*)oォヶォヶ♪

お部屋のお風呂もあるので、大忙しであれこれ入りました。

かじかの湯

f:id:sakuraho:20170429180402j:plain出典:http://www.yamanochaya.com/bash01.html

こちらは内風呂です。岩風呂で、広めの湯船にゆったり浸かることができます。窓が大きいので、開放感があります。このお風呂を独り占めで入れた時は、幸せいっぱいでした♪

渓谷の野天風呂

f:id:sakuraho:20170429180427j:plain出典:https://www.ikyu.com/00000617/

木立の中にある岩露天です。遠くの山の景色を見ながらゆったりと。夜になると、灯りに照らされて浮かび上がったお風呂がとても綺麗でした。和みます。

岩戸の野天風呂

f:id:sakuraho:20170429180434j:plain出典:https://www.ikyu.com/00000617/

大きな岩がシンボルの露天風呂。この岩は箱根山ができて、大涌谷が噴火を始めた太古の昔のもの、と伝わるそうです。

大きさ4メートルもあるそうですよ。とにかく大きい!ワイルドだぜ~(←古…)

竹の湯

宿の敷地内、ちょっとだけ歩いた森の中にあります。

坂道を少々歩きますので足の不自由な方、お年寄りには不向きかもしれません。

竹の湯は2つの湯船があって、それぞれ雰囲気が違います。

和の雰囲気のお風呂「兎」

f:id:sakuraho:20170429180444j:plain
出典:https://www.ikyu.com/00000617/

どことなく洋の雰囲気が漂うお風呂「月」

f:id:sakuraho:20170429180451j:plain
出典:https://www.ikyu.com/00000617/

「竹の湯」は朝ごはんの前に入ったのですが、朝の光につつまれて最高にさわやかでしたよ(*´∇`*)

屋根がないので雨が降るとちょっときついかも…。いずれのお風呂も予約は不要で、空いていれば入れます。それほど混みませんが、朝の方が確実かな~という気はします。

▽山の茶屋は以下のサイトから予約ができます。

さてさて、次は夕食です!

とっても美味しくて、ボリュームたっぷり。おなかがいっぱいになりすぎて食べた後は1時間くらい動けなくなりました(笑)

夕食編へ>>>箱根・塔ノ沢温泉『山の茶屋』その②夕食編:豊富な品数と美しい盛付。口も目も大満足な季節の素材をふんだんに使った懐石料理です。