おトクな旅のクーポン・セール情報をチェック 詳しく

【時わすれの宿佳元】②大浴場編*レトロなステンドグラスの貸切風呂が人気|群馬・四万温泉

あかりのアイコン画像あかり

群馬県四万温泉にある「時わすれの宿佳元」に一人で泊まってきました!

口コミ評価も高く女性からも人気のある佳元。ずっと泊まってみたかったんですよね。囲炉裏のあるロビーも部屋も落ち着いた雰囲気ですっかりファンです。

前回は宿の概要と宿泊した部屋について紹介しました。

今回は大浴場と貸切露天風呂を紹介します!どちらのお風呂も私の好みで何度も利用しました。

四万温泉・時わすれの宿佳元 宿泊レポ一覧

↓ただいま開催中↓

⇨現在配布中のクーポンをチェック

目次

幸泉の湯|ステンドグラスがきれいな予約不要の貸切風呂

チェックイン手続きを済ませたらすぐにお風呂に向かいます。(一番乗りがしたい・笑)

最初に入ったのは貸切風呂の「幸泉の湯」。無料&予約不要で空いていたらいつでも入れます。ただし、一回の利用時間は30分程度まで。利用時間は6:00〜23:00まで。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼利用中は「幸泉の湯」に明かりがつきます。明かりがついていなければ利用可。内鍵を閉めることで明かりがつくようになっています。うっかり閉め忘れると誰かが入って来ちゃう可能性ありますのでご注意くださいね。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼脱衣所。ドライヤーやアメニティ類はないです。隣の大浴場にはあるのでそちらを利用するか、部屋に戻るかですね。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼照明を抑えた暗めの浴室にステンドグラス。公式サイトやじゃらん等の予約サイトで見かけて印象に残っていたんです。

あかりのアイコン画像あかり

レトロな雰囲気で好き!

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼なみなみとお湯があふれていました。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼湯船に映り込んだステンドグラス。お湯が揺れるたびに色あざやかな光も揺らめいていました。照明が抑えられていて静かにリラックスできる空間です。決して新しくはないのですが湯船の石の色合いとかもすごく好み。1回だけ利用中の時がありましたが、ほぼ空いてました。半分の部屋に専用のお風呂がありますのでそっちを利用する方が多いのでしょうね^^

四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元

▼洗い場。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼シャンプーとコンディショナーはさくらの香りの馬油。ボディソープは四万温泉の若旦那がつくった「りんご屋さんのボディソープ」。若旦那って何者やねん、と思いつつ、使ってみると甘くていい香り。それからグレープフルーツのつぶ塩スクラブ。このスクラブ、温泉でよく見かけますが大好きなんです。ツルツルになって気持ちいいのでしっかり利用しました。

四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元

不動の湯|男女入替なし、24時間利用できる開放的な大浴場

さて、お次は大浴場へ。先ほどの貸切風呂のすぐ隣にあります。男女入替なしで24時間利用可能。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼脱衣所。密対策なのでしょうね。脱衣カゴが減らされているようでした。でも8室しかない宿なので密になるときはなかったです。

四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元

▼ヘアゴム、シャワーキャップ、くし、基礎コスメは部屋にあったのと同じ個包装のもの。ドライヤーが1つしかないのがやや難点。夜寝る前に髪を洗って乾かしたかったのですが、脱衣所にロングヘアの女性客が一人いらっしゃって髪を乾かしたい雰囲気を出しつつ、でも私を気遣ってどうしようか迷っている雰囲気が伝わってきたのでそっとお譲りして部屋に戻って乾かしました。

四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元

▼こちらが大浴場の浴室。独占状態になることも多くゆったりお湯につかれました。四万温泉は1,000年以上も前に発見された歴史ある温泉で、「四万の病を治す」とも言われています(←四万温泉の名前の由来)。

四万温泉_時わすれの宿佳元

内風呂は石造り。落ち着いた色合いで好み。大きな窓の向こう側に岩露天風呂があります。開放感があってとてもいいのですが、他のお客が露天風呂に入っているときはちょっと気まずい。丸見えなので。というわけで一人の時は窓のそばで外を眺めていましたが、他のお客がいる時は反対側を向いて入りました。

源泉かけ流しでお湯がどんどん注がれています。美肌効果があるとされる「メタケイ酸」を多く含んでいるのでお肌もツルツルに♪

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼夜の大浴場はこんな感じ。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼洗い場。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼アメニティ類は先ほどの貸切風呂と同じ「りんご」と「さくら」の香りのもの、それからこすって角質をとる軽石がありました。

四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元

露天風呂に向かいます。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼思いのほか広くて嬉しくなった。小さな宿だと湯船も小さくて他のお客さんと重なると気まずいパターンもありますが、このくらいの広さがあると気にならなさそう。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼お湯がなみなみと!どんどん注がれてどんどんあふれて流れていく。いい感じのぬる湯です。熱いお湯はのぼせてしまうのでぬるめのお湯が好きです。(内風呂の方が温度は高め)

四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元

▼下をのぞきこむと川が流れていました。もう少し季節が進むと新緑が美しくなるのでしょうね。四万温泉はまだ肌寒く、東京ではとっくに散った桜がまだ咲いていました。(私は薄着で来てしまい寒さに震えたりもしました・・・。現地の気候はちゃんと確認しましょうね)

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼夕暮れ時。露天風呂から見上げた山と空。

四万温泉_時わすれの宿佳元

▼大浴場の近くに休憩スペースあり、旅行雑誌などが置かれていました。湯上がりに冷たいお茶もあります。

四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元
四万温泉_時わすれの宿佳元

大浴場も貸切風呂も好きな雰囲気で嬉しくなりました。さらっとしたお湯ですっと肌になじみます。 入るたびにツルツルになりました。コンパクトな造りの宿ですので部屋からの移動も楽。何度も足を運びました。

次は夕食を紹介します。

あかりのアイコン画像あかり

佳元は料理の口コミ評価も高いんです。部屋食でマイペースにいただきました。

時わすれの宿佳元の予約・口コミの確認はこちら

お得に旅行に行くためのクーポン・キャンペーン情報

あかりのアイコン画像あかり

おトクな旅のクーポン・キャンペーン情報をまとめています

この記事を書いた人

旅と温泉と映画が大好きな東京都在住の主婦。

「すきなものたち。」は私の日々を彩る「すきなもの・こと」についてつづっています。

⇨くわしいプロフィールはこちら

目次
閉じる