おトクな旅のクーポン・セール情報をチェック 詳しく

【草津温泉の旅】温泉番付東の横綱&日本三名泉の草津へ!湯宿 季の庭(ときのにわ)①お部屋&お風呂編

「草津よいとこ、一度はおいで♪」

そんな歌が有名な全国的に知名度の高い草津温泉に行った時のお話です。

以前に草津白根山に行ったことがあり、その際に「湯畑」のそばを車で通り過ぎたことはあったものの、草津温泉に行くのは初めてです。

夫婦2人で行く草津温泉の旅レポです。一覧は下記の通り。

▽湯宿 季の庭は下記から予約できます。

\8/29まで!夏旅キャンペーン/

⇨最大10%お得に!夏旅キャンペーン開催中

目次

日本三名泉&温泉番付東の横綱 草津温泉

草津温泉は「日本三名泉」に数えられることもあり、温泉番付だと「東の横綱」に挙げられる名泉中の名泉です。所在地は群馬県吾妻郡草津町。

草津は東京からもアクセスしやすく、1泊で旅行に行くのにはちょうどいい感じです。

あかりのアイコン画像あかり

日本三名泉って、草津温泉の他に何があるの?

夫のアイコン画像

調べてみました

日本三名泉とは?

次の3つの温泉のことだそうです。

  • 草津温泉(群馬)
  • 有馬温泉(兵庫)
  • 下呂温泉(岐阜)

江戸時代の儒学者・林羅山が記した書物にこのような記載があるそうです。

ちなみに温泉番付の西の横綱は「有馬温泉」。有馬温泉、強い!!

草津温泉へのアクセス(東京から)

上野から「特急草津」に乗り、長野原草津口へ(所要時間は二時間半)

駅に着くと、草津温泉行のバスで草津温泉ターミナルへ(所要時間は約25分)

電車とバスの連結もスムーズで、長野原草津口で降車した人たちはほとんどバスに乗り込んでいました。

12月の草津は雪があります。

さて、草津に到着。

冬の草津温泉

まず雪が積もっていることに驚きました。私は雪があんまり降らない温暖な場所で生まれ育ったんですよ。そんなわけで、積もった雪を見るだけでテンションあがる♪~♪ d(⌒o⌒)b♪~♪ランラン

のは最初だけ…。見るのはいいけど、やはり雪は大変だなぁと思いました・苦笑

道は除雪されているし雪国に住んでる人にしてみたらごく普通の日常なのだと思います。それでも慣れていない人間にとっては滑らないようにかなり気を使いました。(ところどころ凍結している)

日頃から普通の人は転ばないようなところでも、私はよく転ぶので・苦笑

致命的に鈍臭くて、なので慣れない雪の中を歩くのは気を使って疲れてしまいました^^;

湯宿 季の庭

今回、宿泊したのは草津温泉にある「湯宿 季の庭(ときのにわ)

きらの里』と同じ共立リゾートが運営する宿でサービスや雰囲気は似ている部分が多かったです。口コミの評価も高く人気の宿です。

今回は館内と部屋の写真が少なめですがレポしていきます。

草津のバスターミナルから宿までシャトルバスが運行しており、 バスにのったらすぐ宿に到着です。

草津温泉 湯宿季の庭

湯宿 季の庭の詳細について詳細を一休.comで確認する

ロビーの写真はありませんが、中庭を囲むように宿が建てられており敷地も広い。この時は雪が積もっていて寒かったので散歩には出ませんでしたが、冬以外なら日本庭園を散歩するのも気分良さそうです。

▽この通り、雪まみれ。

草津温泉 湯宿季の庭

眠り処と癒し処など、施設サービスもばっちり

「眠り処 静」の好きな枕を選べるサービス(争奪戦になっていました…。)、「癒し処」のアロママッサージなどサービスも充実しています。

うれしいことに館内は畳敷き

なので館内の移動は素足か足袋で。スリッパ苦手なので畳敷きの宿大好きです。

日本人のこころに染み入る畳の匂いが広がる和空間

さて本日宿泊した部屋は「和スーペリアツイン」です(荷物が写ってしまいました…。)

草津湯宿季の庭

専用露天風呂付きの温泉旅館らしい和室でした。夫婦2人で旅に行くときはたいてい露天風呂付きの部屋を予約します。自分たちのペースでまったり過ごせるのがいいですよね。

私たちは日頃からテレビをほとんど見ません。ですので宿についてもテレビはつけず、宿に持ち込んだ本(※私の場合は漫画)を黙々と読んで過ごします。飽きたら風呂につかって、上がったらまた本を読みふける。それを繰り返す。

黙って本を読んでいるというと「夫婦の会話がないなんて寂しい!」という反応が返ってくることもありますが、誰かがそばにいる空間で本の世界に身を沈めるのもいいものだと思っています。

▼障子をあけると大きめのテレビが顔をのぞかせる。一度もつけることはありませんでした。

草津湯宿季の庭

畳の匂いがふんわりと心地いい、和の空間。

焼き物や、

草津湯宿季の庭

小さな絵も飾られていて、心がほっと和みます。

草津湯宿季の庭

▼和室とは別に寝室がありローベットが2台置かれています。(あぁ、また荷物が…。)

草津湯宿季の庭

▼窓からの眺め。

草津湯宿季の庭

東京にも雪は降るけれど、こうしてどーんと広がる山に積もった雪は目にすることが少ないので、私にはとても新鮮な景色です。

▼窓から下を覗いたところ。雪が積もっています。

草津湯宿季の庭

▼ベランダ。

草津湯宿季の庭

ベランダには椅子が2脚あります。夏場なら風呂上りに涼むのもよさそう。冬は無理かなと思いましたが、まったく使わないのももったいないので、ちょっとだけ座ってみました。やっぱり寒くてすぐに退散することになりました^^;

源泉かけ流しの専用露天風呂

専用露天風呂があります。もちろん源泉かけ流し。格子の間から雪景色を見ることができます。ヒノキの香りを感じながらの雪見風呂を楽しみました。

草津湯宿季の庭

コーヒーは挽きたての豆で

お部屋にミルとコーヒー豆が完備されています。風呂上りの1杯を堪能しました。(足…すみません。)

草津湯宿季の庭

大浴場及び貸切風呂

季の庭は大浴場がとても充実していて、2つの源泉を持ち、23種類のお風呂が楽しむことができます。

草津は外湯も充実しているのですが、ここまで宿の風呂が充実していると「寒いし、まあいいか。」となって外湯めぐりはパス。ライトアップされた湯畑にも行ってみたい気がしましたが、チェックイン後は宿にこもりっぱなしでした。

大浴場 季の湯

※お風呂の写真はありませんので画像は公式HPおよび一休.comからお借りしました。

▽大浴場と貸切風呂の案内図

f:id:sakuraho:20170115110514p:plain
(出典:http://www.hotespa.net/hotels/kusatsu/hotspring/

▽一番大きい「季の湯(ときの湯)

一休|季の庭 大浴場-1
出展:一休.com

広々としたヒノキの内風呂のほか、岩風呂など数種類の内湯と岩露天があります。

一休|季の庭 大浴場-2
出展:一休.com
一休|季の庭 大浴場-3
出展:一休.com
一休|季の庭 大浴場-3
出展:一休.com
一休|季の庭 大浴場-5
出展:一休.com
一休|季の庭 大浴場-8
出展:一休.com

サウナと「岩盤浴」も楽しめます。サウナがある宿は多いけど岩盤浴は中々ないのでうれしい。

▼岩盤浴

一休|季の庭 大浴場-7
出展:一休.com

▼サウナはドライサウナとウェットサウナの2種があります。

f:id:sakuraho:20170411182631j:plain
出典:http://www.hotespa.net/hotels/kusatsu/hotspring/

部屋数も64室と多いので貸し切り状態になることはないですが、それでも広さがあるので他のお客さんの存在はあまり気になりません。

湯治処 古の湯(このゆ)

一休|季の庭 大浴場-9
出展:一休.com

ヒノキの内湯、樽風呂など、男女それぞれ4種のお風呂があります。今回は古の湯は利用せず。季の湯と貸切風呂と部屋の専用露天風呂で精一杯でした(笑)

一休|季の庭 大浴場-10
出展:一休.com
一休|季の庭 大浴場-11
出展:一休.com

三種の貸切風呂

一休|季の庭 大浴場-12
出展:一休.com

貸切風呂が3つあります。

あかりのアイコン画像あかり

すべて制覇したのですが、なぜか写真を撮るのをすこんと忘れてしました。

竹林を眺められる「竹座」、岩に囲まれた「岩室」、六角形の「光林」。

一休|季の庭 大浴場-13
出展:一休.com
一休|季の庭 大浴場-13
出展:一休.com
一休|季の庭 大浴場-13
出展:一休.com

予約は不要で空いていれば使えます。宿泊客が多いので「いい時間」は争奪戦にはなります。24時間使えるので「夜遅く」または「朝早く」と少しずらすと空いてました。

私は早朝に、さらっと3つまとめて入りました。湯あたりしそうになりながら(笑)

湯上りの嬉しいサービスがあります。

嬉しいのは湯上りに夜はアイスキャンディ、朝はヤクルトが用意されているところ。アイスキャンディはチェックインしてから最初の入浴時と食後の入浴の2回もいただいてしまいました…。

お風呂を堪能してさっぱりしたらいい感じにおなかが空いてきました。次は夕食のご紹介を。

湯宿 季の庭の宿泊予約について

湯宿 季の庭は以下のサイトから予約ができます。

⇨旅の割引クーポン・セール情報はこちら

おトクに旅行を楽しむためのクーポン・キャンペーン情報

あかりのアイコン画像あかり

おトクな旅のクーポン・キャンペーン情報をまとめています

この記事を書いた人

旅と温泉と映画が大好きな東京都在住の主婦。

「すきなものたち。」は私の日々を彩る「すきなもの・こと」についてつづっています。

⇨くわしいプロフィールはこちら

目次
閉じる