ご訪問ありがとうございます。現在、メンテナンス中のため、デザインの一部が崩れています。近日中に修正が完了する予定です。

【伊豆】八幡野温泉郷 杜の湯 きらの里④お肉とお魚、選べるメインが嬉しい夕食。

夫婦二人で行く『伊豆高原きらの里』の旅レポの続きです。

前回は3つの貸切風呂についてご紹介しました。雰囲気の違う3つのお風呂を制覇しました!

次はいよいよ待ちに待った夕食です。

メインがお肉とお魚から好きな方を選べるのと、小鉢やお食事も数種類から好きなものを選べるのがきらの里の特徴です。

貸切風呂とお部屋のお風呂に入って待ったり過ごしていたら、ちょうどよい感じにおなかがすいてきました(* ̄∇ ̄*)エヘヘ

いざ!

<スポンサーリンク>

きらの里 夕食

時間は二部制

夕食は二部制になります。

  • 17:30~
  • 20:00~

20:00の回 だと遅すぎるというので、17:30に人気が集中します。チェックインの先着順で決まりますので、ご注意ください。

注意
早い回を希望する方は早めのチェックインをおすすめします。
注意!

宿泊客が多い日は「17:30」の回は早々に埋まってしまうそうです。遅い回を選んで、焼き芋を食べながら待つ!ということもできます。

私たちは20:00から『癒し処』を事前予約していたので、その時に合わせて夕食の時間も事前に決めることができました。

選べるメイン

メインは二種類から選べます。

  • お肉の溶岩焼
  • 海鮮しゃぶしゃぶ

メイン料理は一組ことに決める必要があり、一人ずつ別メニューにすることはできません。

溶岩焼を選んだ人は「山ぼうし」海鮮しゃぶしゃぶを選んだ人は「海つばき」、食事処が異なります。

溶岩焼か海鮮しゃぶしゃぶか…( ̄-  ̄ ) ンー

どっちも捨てがたいじゃん。伊豆と言えば海のさち。金目鯛のしゃぶしゃぶもおいしそ~。

でも肉をじゅうじゅうやるのもいいじゃない。

どっちにしよ~?どうしよう~??と、うんうんと頭を悩ませておりましたが、

 

「どうせ悩んでも肉でしょ。」(夫)

 

は! ∑(〃゚ o ゚〃) ハッ!!

 

そうそう、その通り。我々はというか私は、肉か魚かさんざん悩んだ挙句に結局肉を選ぶのです。

うーむ、行動パターンがばれておる(6 ̄  ̄)ポリポリ

そんなわけで私たちはお肉の溶岩焼をチョイス。こういう場合は基本的に私の意見が通ります。

御食事処に向かいます。

山ぼうしと海つばき、入口が違います。肉料理の我々は山ぼうしへ。

落ち着いた雰囲気の日本料理レストランって感じ。部屋番号と名前を言うとテーブル席に案内されました。

<スポンサーリンク>

御食事スタート

そんなわけでいよいよスタートO(≧▽≦)O ワーイ♪

食前酒

季節の果実酒はみかんのお酒。

ほとんど下戸の私ですが、このくらいなら美味しくいただけます。

前菜

柿と大徳寺麩の白和え

零余子 百合根 榎茸の茶碗蒸し 蟹餡

振り柚子 かます炙り寿司 酢橘 鶏肝松風

河豚煮こごり より葱 丸十

手長海老 塩入銀杏

アップで。

柚子があしらわれたかますのお寿司がお気に入り。

銀杏も素朴な味で好きな感じ。

できれば、海老はもっと大きい方がよかったかな(゚O゚)\(–; ォィォィ

柿の白和え。

茶碗蒸し。

先碗

海老芋の西京仕立て 小松菜 辛子

海老ってあるから海老だと思ったら、海老

「イモ」の字がまったく目に入っておらず、海老をさがした(;^_^A アセアセ・・・

海老芋はさといもみたいな感じです。

造里

季節のお造里盛り合わせ 芽物一式

まぐろ、沖さわら、さざえ、湯葉…だったかな。

土佐醤油、塩、塩ポン酢、ポン酢、(一番右は忘れた)と5種のつけだれで。

サザエのこりこりした食感がいい。

湯葉。濃厚な舌触りです。

本わさびをすりおろしていただきます。

旦那が生でわさびをガリガリ食べるワイルドさに驚きw( ̄△ ̄;)wおおっ!

そして目に涙を溜める。おもしろ~(*´∇`*)

焚合せ

鶏治部煮 青菜 蕪

治部煮は金沢の郷土料理とのこと。初めて食べるかなぁ。

粉をまぶしてから煮るそうです。柔らかくて味がしっかり染みてました。蕪がとろとろ(*^-^)ニコ

 金目鯛の煮つけ

ここでお品書にない一品が登場~。金目鯛の煮つけ。

金目鯛の煮つけがついたオプションプランを予約していたらしい。

そんなことはすっかり忘れてたので、お得な気分☆(*^o^)乂(^-^*)☆ ヤッタネ!!

身に弾力があって、味がしっかりと染みてて。付け合せのいもとインゲンもうまいの。

はぁ、やっぱり伊豆に来たら金目鯛ですよねO(≧∇≦)O イエイ!!

主菜

お肉の溶岩焼き お野菜いろいろ

待ちに待った肉!肉!肉!肉!(○゚ε^○)v ィェィ♪

お肉は牛肉、合鴨、ポークの三種。

お野菜は、ししとう、にんじん、まいたけ、かぼちゃ、ごぼう、さつまいも、ごまどうふ等々。ごま豆腐がもっちりしてて美味でした。

これが溶岩でできてるらしい。

たれは2種。ごまだれとポン酢。

ごまだれがけっこう甘みが強かったので、好みが分かれそうです。

焼いてゆきます。

やっぱりお肉が好き。

でも、今はまだお肉だけど、あと10年くらいしたらお肉は胸焼けするから魚にしようかってなるのかな。考えるとちょっと寂しい気持ちになり、食べられるうちに肉はたくさん食べよう!!と決意を新たにしたのでありました。

趣肴小鉢(お選びにて)

養老寄せ

  • 板前仕込みの豚の角煮
  • 養老寄せ
  • 茄子と牛肉の揚げ出し

以上の3種の中から選べます。我々は「養老寄せ」

スタッフさんの一押しとのことで、素直に従いました^^

お酢の味でさっぱりして食べやすかったです。

食事 香の物 留碗

蟹と銀杏の炊き込みご飯

食事も3種から選べるんです。

  • 蟹と銀杏の炊き込みご飯
  • 温かい稲庭うどんと天麩羅
  • 塩鮭茶漬け

またしてもスタッフさんの一押しの炊き込みをチョイスしました。

海鮮しゃぶしゃぶだを選ぶと雑炊もありらしい。それはそれで魅力的ですね。

留碗はけんちん汁です。

水菓子

季節のソルベ 冷菓子 甘味

柑橘のシャーベットで口もさっぱり。

予想外の金目鯛のおかげで、かなりおなかがいっぱいになり、最後は苦しいほどですが、デザートは別腹で、すんなりと入ってしまいますね。

事前の口コミではお料理の評判につき、辛口の意見が散見されたので、内心ドキドキだったのですが、私は満足だったなぁ。

量が少ないっていう口コミがちらほらあったのですが、我々は問題なかったです。

食べ盛りの男の子だとちょっと足りないかなぁ、とは思います。

▼外に出ると、サンタさんが。ツリーも点灯されて、すっかりクリスマスモードです。

レトロな電燈も灯りが。昔のドラマみたいです。

癒し処 夢物語

食事後、少々のんびりと部屋で過ごし、おなかもおちついてきたところで癒し処へ。

食事処のすぐ近くにあります。夢物語。

事前に電話で予約しといた方がいいかな~と思います。当日だとご飯やお風呂の時間との兼ね合いが難しくなるかも。

以前、こことは別の宿ですが、当日にエステの予約を入れたらビミョウな時間しか空いてなかったことがあったので、事前に予約するようにしています。

2人で予約したけれど、部屋は別々になります。

我々は「ロミロミ」を受けました。ロミロミはオイルを使ったハワイのマッサージで、ひじや腕を使ってのけっこう強めのマッサージです。

ひじで肩甲骨をぐい~っとやられるのがたまらなく気持ちよくて、ほわほわしてました。私は強めが好きだけど、夫には強すぎたらしく、翌日揉み返しが来たそうです。

▼オイルやクリームの販売もあります。

私が誕生日月だと気づいてくださり、お土産にハーブティーいただきました(*^-゚)vィェィ♪

<スポンサーリンク>

 夜泣きそば

あんなにおなかいっぱいに食べたのに、温泉に来るとすぐにおなかがすきます。

そんなわけで夜泣きそばの屋台へ向かいます。もちろん無料!

寒いので、屋台で番号札を受け取り、帳場で待ちます。出来上がったら持ってきてくれるのでそのまま帳場にて食します。

けっこう本格的で、量もしっかりありますよ。

懐かしい味で美味しい!

子供の頃、週末になるとラーメン屋が回ってきて、たまーに食べさせてくれたんですよね。(いつもは無理なの。高いから。)

あの味を思い出しました。

ラーメン屋の車を弟と二人で追っかけて行って頼んで、一生懸命持って帰るんですけど、無事に帰宅できたと思ったらひっくり返して号泣したり。

懐かしい、懐かしい子どもの頃の思い出です。

今でもあんな風に屋台が住宅街を巡回することってあるんでしょうか?

うちの田舎でももう走ってないし、東京では見かけたことがないなぁ。今は夜間に騒音出すな!とか言われてしまう時代かも。

↓以下のサイトから予約できます。

★旅のお得なクーポン・キャンペーン情報をまとめていますので、よろしければお役立てください。

関連記事>>【随時更新】旅行に便利なクーポンとキャンペーンなど割引情報のまとめ。お得に旅行に行こう!

て、次回は朝食のご紹介です。洋食と和食が選べます!!

関連記事

コメントを残す